当サイト使用のWPテーマ「SWELL」の評判口コミはこちら

購入&比較して決定!2021年おすすめのWordPressテーマランキング

【徹底比較】ブログにおすすめWordPressテーマ6選【2020決定版】
悩む人

ブログでを決めたいけどネットの情報が多くて迷う。
WordPressテーマの具体的な違いがよく分からない。

このような悩みを解決します。

ブログを始めるときにWordPressテーマで何を選べば良いのか悩み時間がかかってしまうことは多いです。

しかもネットには商品のLPだけをみてレビューしたような情報も多く、適切なテーマを選択することが難しいです。

私もブログを始めた頃はWordPressテーマ選びには2週間ほど悩みました。

じゅんた

そして最初はテーマ選びに失敗しました。
1ヶ月後に買い換えたのです・・・

そこでこの記事ではWordPressテーマを6つ使っている私がおすすめのテーマや違いを徹底解説します。

本記事を読むとWordPressテーマの具体的な違いが明確になり適切なWordPressテーマを決めることができます。

WordPress テーマ選びで迷っている方は最後までご覧ください。

✔記事の信頼性

本記事はブログで人気のWordPressテーマ6つを実際に使って比較おすすめしています。

商品のLPだけ見て比較したエアレビューではありませんのでご安心ください。

【エビデンス】人気WordPressテーマ6つ
【エビデンス】人気WordPressテーマ6つ
目次

WordPressテーマを選ぶポイントを解説!

WordPressテーマを選ぶポイント

まず最初にWordPressテーマを選ぶ6つのポイントを下記に解説します。

ここで特に重要なものは「使いやすさ」と「機能充実度」「ページ表示速度」になります。

なぜなら現在のSEOはコンテンツ内容とユーザー体験が重要だからです。

この「使いやすさ」「機能充実度」「ページ表示速度」が良いと高品質でユーザビリティーの高い記事を作ることができます。

使いやすさ

記事作成やサイト作成する際の操作性の良さです。

これは記事の作成時間に関わってきます。

また使いやすいと装飾などを綺麗に整える余裕ができ結果品質の高い記事が出来上がります。

特に忙しい方には重要です。

機能充実度

目次やふきだし等の記事装飾やABテスト等のアフィリエイト分析機能の充実度です。

これは記事の品質に関わってきます。

見やすい記事の作成と、適切な広告の配置で読者満足度が高まるので重要です。

ページ表示速度

ページ表示速度はGoogleの検索アルゴリズムにも組み込まれSEOにも影響します。

またページ表示速度が遅いと離脱率が下がり機会損失にもなります。

設定の自由度

色や文字などの大きさの設定です。

またウィジェットの配置場所などの自由度も高まり思い通りのウェブサイト作成ができます。

SEO対策のしやすさ

index/noindex、パンくずリストの設定や構造化データの出力です。

現在のWordPressテーマはどれもSEO対策のしやすさはほぼ一緒です。

今は「SEOはコンテンツが最重要」と言われており、コンテンツの品質を高めることが重要です。

サポート体制

購入後の質問や不具合対応の丁寧さ速さです。

またWordPressのバージョンが数ヶ月に1回くらいアップデートされているので、テーマのアップデートの頻度も重要です。

購入&比較して決定!おすすめのWordPressテーマはSWELL

WordPressテーマ分布図
WordPressテーマ分布図

実際に人気のWordPressテーマ6つを全て購入して比較しました。

結論「SWELL」がおすすめです。

なぜならWordPressテーマで重要な「使いやすさ」「機能充実度」「ページ表示速度」の総合評価が他テーマよりも優れているからです。

具体的な根拠は次の比較コンテンツで解説します。

\ 6つのテーマを使う私のおすすめNo1 /

専用プラグインで他テーマからの乗り換えも簡単♪

>>先にWordPressテーマランキングを見る(ページ内リンク)

>>SWELLの口コミ・評判を見る

WordPressテーマを徹底比較

人気WordPressテーマを徹底比較

まずは全体の比較です。

商品名SWELLAFFINGER5JINTHE THORSANGOCoCoon
価格(税込)¥17,600¥14,800¥14,800¥16,280¥11,000無料
発売日2019年3月2018年3月2018年3月2018年10月2017年9月2018年7月
複数サイト利用可能利用可能利用可能利用可能利用可能利用可能
総合評価
4.9

4.4

4.2

4.2

3.8

3.6
使いやすさ5.03.54.03.03.53.0
機能充実度5.05.04.55.03.53.0
表示速度5.04.04.04.04.54.5
設定の自由度4.05.03.54.03.54.5
SEO対策5.05.05.05.04.04.0
サポート5.04.04.04.03.53.0
※THE THORの価格は公式サイトでは税別表記ですが、比較のため税込表記にしています
じゅんた

それぞれ項目毎に説明します。

使いやすさの比較

 SWELLAFFINGER5JINTHE THORSANGOCoCoon
点数評価5.03.54.03.03.53.0
Gutenberg対応×
文字装飾
デザイン設定×

使いやすさはGutenberg(ブロックエディタ)に対応しているか、文字装飾のしやすさ、デザイン設定のしやすさで評価しました。

結果はダントツでSWELLの評価が高くなりました。

具体的に見ていきましょう。

Gutenberg対応

「SWELL」「JIN」「Cocoon」は完全対応しています。

「AFFINGER5」「SANGO」は専用プラグインでの対応で機能も制限があり正直あまり使えません。

「THE THOR」は非対応です。

Gutenbergの対応が使いやすさに直結する理由は下記の通りです。

Gutenbergは記事の表示内容そのままで編集できるのでかんたんです。

Gutenberg投稿画面
Gutenberg投稿画面

クラシックエディタだとショートコードを使うことが多くプレビューにして確認したり手間です。

クラシックエディタの投稿画面
クラシックエディタの投稿画面
文字装飾

SWELLはアイコン等を絵から直感的に選べます。※1クリック

SWELLのGutenberg投稿画面
SWELLのGutenberg投稿画面

その他のテーマはプルダウンをクリックして「文字」から選びます。※2クリック

JINのGutenberg投稿画面
JINのGutenberg投稿画面
デザイン設定

Cocoon以外はテーマカスタマイザーで変更を実際の画面を見ながら直感的にデザイン設定できます。

テーマカスタマイザーでの設定
テーマカスタマイザーでの設定

Cocoonはテーマカスタマイザーではなくダッシュボードの「Cocoon設定」で行います。

Cocoon設定
Cocoon設定

\ 6つのテーマを使う私のおすすめNo1 /

専用プラグインで他テーマからの乗り換えも簡単♪

機能充実度の比較

 SWELLAFFINGER5JINTHE THORSANGOCoCoon
点数評価5.05.04.55.03.53.0
ピックアップ記事××
カルーセルスライダー×
広告タグ管理
専用プラグイン
××
分析不可
ABテスト
専用プラグイン
××××
目次
専用プラグイン

プラグイン
CVボタン
ランキング機能×
吹き出し
タブ×
アコーディオン
ブログカード
写真ギャラリー
専用プラグイン
××××
CTA

機能充実度はブログで良く使う機能を比較しました。

結果はSWELL、AFFINGER5、THE THORが充実しています。

AFFINGER5は有料の専用プラグインが必要なものもあるので注意して下さい。

\ 6つのテーマを使う私のおすすめNo1 /

専用プラグインで他テーマからの乗り換えも簡単♪

ページ表示速度の比較

SWELLAFFINGER5JINTHE THORSANGOCoCoon
点数評価54444.54.5
パソコン
表示速度
1位
96.6
4位
67.2
6位
62.2
5位
62.8
2位
77.4
3位
73.0
モバイル
表示速度
1位
99.6
6位
90.2
5位
93.2
4位
92.6
2位
96.6
3位
93.4
トータル
平均
1位
98.1
4位
78.7
5位
77.7
5位
77.7
2位
87
3位
83.2
キャッシュ
機能
×××
画像遅延
読み込み

有料OP
×
CSS非同期
読み込み
××××
AMP対応××××
PWA×××××

ページ表示速度に関しては条件を全て揃えGoogleが提供しているPageSpeed Insightsで計測しました。

下記数字はPageSpeed Insightsで5回計測した平均値で数字が高い方が速いです。

ページ表示速度は収益に直結するのでとても重要です。

SWELLがダントツで速いです。

>>ページ表示速度が収益に直結する理由はこちら

\ 6つのテーマを使う私のおすすめNo1 /

専用プラグインで他テーマからの乗り換えも簡単♪

実験の詳細を見たい方は「【SEOで重要】WordPressテーマ6つの表示速度を検証比較→SWELLが最速」の記事をご覧ください。

設定の自由度の比較

 SWELLAFFINGER5JINTHE THORSANGOCoCoon
点数評価4.55.03.54.03.55.0
ウィジェット
種類
243122281836
設置箇所203310101429
合計446432383265
ウィジェット比較表

設定の自由度は各テーマのウィジェットの種類と設置できる場所の数で比較しました。

この数が多いほど設定の自由度が高いです。

ウィジェットに関して

ウィジェットとはブログパーツの事です。

テーマ毎に用意されたウィジェットを用意されて場所に設置する事ができます。

\ 6つのテーマを使う私のおすすめNo1 /

専用プラグインで他テーマからの乗り換えも簡単♪

SEO対策の比較

SEO対策のしやすさはどのテーマでもほぼ同じです。

人気の「SWELL」【】【】【JIN】【SANGO】【Cocoon】はSEO対策済みです。

SEO対策に関しては高品質なコンテンツの作成とユーザビリティーが重要です。

そういった意味で無料テーマのCocoonより有料テーマを使った方が良いです。

WordPressテーマでできるSEO対策
ページ表示速度

Googleの公式発表で検索アルゴリズムにページ表示速度が含まれていると掲載されています。

2020年までは表示速度が遅いとSEOに悪い影響があり、2021年以降に表示速度が速いことが重要になってくることもGoogleから発表されています。

(参考:Googleウェブマスターセントラルブログ

index/noindexの設定

低品質な記事はサイト全体の評価を下げてしまうので個別にnoindexにできるのは重要です。

ユーザービリティの高いサイト設計とデザイン

パンくずリストの設定や読者が回遊しやすい見せ方ができるかが重要です。

カテゴリーページも編集できた方が良いです。

構造化データの出力

構造化データ出力できると検索エンジンがサイトの内容を把握しやすくなり、検索キーワードに対して適切なコンテンツかどうか判断しやすくなります。

また通常の検索結果よりも目立つリッチスニペットが表示できるようになります。

meta descriptionの設定

検索結果のタイトル下に表示されるmeta description

meta descriptionを適切に記入することで検索エンジンは内容を理解しユーザーのクリック率も上がりSEOに良い影響が出ます。

\ 6つのテーマを使う私のおすすめNo1 /

専用プラグインで他テーマからの乗り換えも簡単♪

サポート体制の比較

 SWELLAFFINGER5JINTHE THORSANGOCoCoon
点数評価5.04.04.04.03.53.0
フォーラム××
コミュニティ×××××
マニュアル
アップデート頻度
約月1~4回

約月1回

約2~3ヶ月に1回

約2~3ヶ月に1回

約3~4ヶ月に1回

約月1回

SWELLのサポート体制がとても評価が高いです。

サポート体制はフォーラムやコミュニティが機能しているか、またマニュアルが分かりやすいかという点で比較。

またWordPressのアップデートが数カ月に1回更新されている中、それに対応する為アップデート頻度も重要です。

SWELLはサポートも迅速、丁寧で一番良く、高頻度のアップデートで安心です。

\ 6つのテーマを使う私のおすすめNo1 /

専用プラグインで他テーマからの乗り換えも簡単♪

2021年おすすめのWordPressテーマランキング

ブログにおすすめWordPressテーマ6選(ランキング)

それではさっそくランキング形式でおすすめWordPressテーマを発表します。

1位 SWELL

SWELL
  • 価格:税込17,600円
  • 発売日:2019年3月
  • 販売:LOOS WEB STUDIO
  • 広告収益に影響がある「ページ表示速度」がNo1
  • 記事執筆時間が半減ほどの「使いやすさ」がすごい
  • 「アフィリエイト分析機能」が標準搭載で収益最大化

総合評価(4.9)

使いやすさ(5.0)
機能充実度(5.0)
表示速度(5.0)
設定の自由度(4.5)
SEO対策(5.0)
サポート(5.0)

当サイトでも使用。トップブロガー「なかじさん」「マクリンさん」「サンツォさん」も使用の超人気WordPressテーマ。

徹底した使いやすさに収益最大化するための機能が標準搭載しています。

また構造化データがGoogle推奨のJSON-LDで出力されるなどSEO対策もしっかりされています。

とても使いやすいので初心者にもおすすめですが、機能も充実しているため上級者でも満足できます。

\記事執筆時間半減!収益最大化!/

2位 AFFINGER5

AFFINGER5
  • 価格:税込14,800円
  • 発売日:2018年3月
  • 販売:株式会社オンスピード
  • 細かい設定ができる「カスタマイズ」自由度No1
  • 有名ブロガー、アフィリエイターも使用「実績」No1
  • 専用プラグインで機能超拡大可能

総合評価(4.4)

使いやすさ(3.5)
機能充実度(5.0)
表示速度(4.0)
設定の自由度(5.0)
SEO対策(5.0)
サポート(4.0)

メンタリスト「Daigoさん」トップブロガー「Tsuzukiさん」「ワロリンスさん」も使用の人気WordPressテーマ。

設定の自由度が高く、思いのままのブログサイトが作れます。

設定が複雑であったり機能をフルで使うには有料の専用プラグインが必要だったりと上級者向けです。

\設定の自由度最高!アフィリエイトに強い!/

3位 JIN

JIN
  • 価格:税込14,800円
  • 発売日:2018年3月
  • 販売:株式会社CrossPiece
  • 個性的かつとても見やすいあたたかみのあるデザイン
  • 機能性、使いやすさのバランスが良い
  • トップアフィリエイター「ひつじさん」が開発

総合評価(4.2)

使いやすさ(4.0)
機能充実度(4.5)
表示速度(4.0)
設定の自由度(3.5)
SEO対策(5.0)
サポート(4.0)

トップアフィリエイター「ひつじさん」が開発。トップブロガー「ヒトデさん」も使用の人気WordPressテーマ。

デザインがとてもかわいく、装飾も多いです。

使いやすく、利用者が多くネットに情報が多いため初心者におすすめです。

\使いやすくかわいいデザイン!/

4位 THE THOR

  • 価格:税込16,280円※公式サイトは税別表記
  • 発売日:2018年10月
  • 販売:フィット株式会社
  • AMP・PWA等の最新技術を搭載
  • 記事や広告を読者に印象づけしやすいインパクトのあるデザイン
  • 「アフィリエイト分析機能」も標準搭載

総合評価(4.2)

使いやすさ(3.0)
機能充実度(5.0)
表示速度(4.0)
設定の自由度(4.0)
SEO対策(5.0)
サポート(4.0)

「AMP・PWA」「Gzip 圧縮・ブラウザキャッシュ」「画像遅延読み込み・CSS非同期読み込み」など最新技術を搭載。

機能がとても充実しており、デザインはインパクトがあるのでアフィリエイトに強いです。

5位 SANGO

SANGO
  • 価格:税込11,000円
  • 発売日:2017年9月
  • 販売:サルカワ
  • 心地よいマテリアルデザイン
  • ページ表示速度が速い
  • 値段がお手軽

総合評価(3.9)

使いやすさ(3.5)
機能充実度(3.5)
表示速度(4.5)
設定の自由度(3.5)
SEO対策(5.0)
サポート(3.5)

トップブロガー「マクリンさん」が使用。(マクリンさんはSWELLも使用)

マテリアルデザインで優しい印象のブログが作れます。

価格が安いので費用を抑えたい方におすすめです。

6位 Cocoon

Cocoon
  • 価格:無料
  • 発売日:2018年7月
  • 販売会社:わいひら
  • 無料WordPressテーマNo1
  • 表示速度が超高速

総合評価(3.8)

使いやすさ(3.0)
機能充実度(3.0)
表示速度(4.5)
設定の自由度(5.0)
SEO対策(4.0)
サポート(3.0)

無料テーマは「Cocoon」一択と言われるほど優秀なWordPressテーマ。

無料テーマとは思えないほど評価も高いです。

WordPressテーマに費用をかけたくない方におすすめです。

無料テーマではなく有料テーマを選ぶべき理由

無料テーマではなく有料テーマを選ぶべき理由

WordPressブログを収益化したいのであれば無料テーマではなく有料テーマを使うことをおすすめします。

良い有料テーマを使うとCSS・PHPの知識がなくても装飾やカスタマイズがかんたんにできるからです。

今SEOは小手先のテクニックだけではなくユーザー体験(UX)が重要になってきています。

離脱率や滞在時間等が重要で記事が読みやすく、ブログサイトの構成の分かりやすさが大切です。

有料テーマだと読者に読みやすいブログがカンタンに作れ検索の上位表示しやすいです。

また有料WordPressテーマを使うことで記事執筆時間も速くなります

じゅんた

WordPressテーマは後で変更すると大変です。
全記事見直して訂正が必要だったりします。
最初にしっかりと選ぶことをおすすめです。

WordPressテーマでよくある質問

SEOに強いWordPressテーマってどういうテーマ?

まずSEOに強いとはどういうことか「Google が掲げる 10 の事実」がヒントになります。

Google が掲げる 10 の事実
1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
3. 遅いより速いほうがいい。
4. ウェブ上の民主主義は機能する。
5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
10. 「すばらしい」では足りない。

出典:Google公式サイト(https://www.google.com/about/philosophy.html

これを要約すると下記になります。

  1. 読者目線のコンテンツを作ればOK
  2. 専門性のあるコンテンツが一番
  3. ページ表示速度は速いほうが良い
  4. 他のサイトに評価されるものが良い(被リンクが多い方が良い)
  5. モバイル対応している方が良い
  6. 自演リンク等は意味がない
  7. Googleはインデックスしていない情報を探している
  8. 情報は世界中に発信される
  9. 多様性が重要
  10. 更新してより素晴らしいコンテンツにする方が良い

これらでWordPressテーマに当てはまるものは「読者目線のサイト構成や記事を書くこと」「ページ表示速度が速いこと」「モバイル対応していること」の3点です。

モバイル対応は有料WordPressテーマであればほぼ対応しているため、「読者に分かりやすいサイト構成・デザイン&記事の装飾」「ページ表示速度」がSEOで重要です。

WordPressテーマは後で変更出来るの?

変更出来ますが、作業が大変です。

WordPressテーマを変更するとテーマ独自の装飾や機能が崩れてしまうので全記事チェックしなければいけません。

そのため最初からもしくは少しでも早い時期に自分に合ったテーマを使うことをおすすめします。

WordPressテーマは他のサイトに使用できるの?

テーマによって違います。複数サイト利用可能か見る必要があります。

本記事でおすすめしているWordPressテーマは自己使用での複数サイト利用可です。

※他者への配布、販売はライセンス違反ということで損害賠償を請求されることがあります。

その他知っておくべき知識

ページ表示速度が収益に直結する理由

まずページ表示速度は検索上位表示などのSEOに影響します。

Googleの公式で下記のとおり発表されております。

Googleウェブマスターセントラルブログ

Web検索ランキングでのサイト速度の使用(2010年4月9日)

 →検索ランキングアルゴリズムにサイトの速度を追加した。

ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します(2018年1月18日)

 →ページ表示速度が遅いサイトは検索ランキングに悪い影響を受ける。

より良いウェブのためにページ体験を評価する(2020年5月28日)

 →2021年以降は更にページ表示速度が検索ランキングに重要視される。

ページ表示速度が速くなるとGoogle検索で上位表示されやすくなります。

またGoogleの調査でページ表示速度が遅いと離脱率が上がるという結果も出ています。

ページ表示速度が1秒から3秒になると直帰率が32%増加。1秒が5秒になると90%直帰率が増加。1秒が6秒に増加すると直帰率が106%増加。1秒が10秒に増加すると直帰率が123%増加。

出典:Think with Google

ページ表示速度が速いと離脱されにくく、機会損失を防ぎます。

>>ページ表示速度の比較に戻る

まとめ:WordPressテーマ選びは重要!早めにWordPressテーマを選ぼう!

まとめ:WordPressテーマ選びは重要!自分に合ったWordPressテーマを選ぼう!

以上のようにWordPressテーマ選びは最重要です。

なぜならテーマによって使い勝手から機能、装飾などが全く変わってくるからです。

またWordPressテーマを変える際は装飾などの書き換えが必要になったり移行に時間と手間がかかります。

少しでも早く自分に合ったテーマを導入することをおすすめします。

じゅんた

私もWordPressテーマを移行しましたが、2週間ほどかかりました!

まとめ総合評価おすすめする人
SWELL
4.9
初心者~上級者向け
使いやすさ重視の方
本業がある会社員や主婦など忙しい方
シンプルでおしゃれなデザインが好みの方

4.4
上級者向け
機能性を最重要の方(有料プラグイン必要)
JIN
4.2
初心者向け
かわいいデザインが好みの方

4.2
中級者向け
インパクトのあるデザインがよい方
SANGO
3.8
中級者向け
優しいデザインが好みの方
CoCoon
3.6
初心者~上級者向け
テーマにお金をかけたくない方

もしこれでも決められなければSWELLを選べば間違いないです!

6つのWordPressテーマを持つ私が心からオススメできます!

\ 6つのテーマを使う私のおすすめNo1 /

専用プラグインで他テーマからの乗り換えも簡単♪

参考レビュー記事>>SWELLは評判以上!7つのWordPressテーマを使う私の口コミ!

詳細の個別比較記事の紹介

より詳細に個別比較が気になる方向けに記事を書きました。

随時追加していきますので、もっと深く知りたい方はご覧ください。

個別比較はこちら♪

SWELLとAFFINGER5の比較はこちら

SWELLとJINの比較はこちら

SWELLとTHE THORの比較はこちら

SWELLとSANGOの比較はこちら

SWELLとCocoonの比較はこちら

>>ブログ全体のまとめ記事はこちら

じゅんた

最後まで読んで頂いてありがとうございました!
何かご不明点、ご要望などあれば「当サイトのお問い合わせページ」や「Twitterのダイレクトメール」「下記のコメント欄」へお気軽にご連絡下さい!
またこの記事がお役に立つことができれば、SNS等でシェアして頂けると大変嬉しいです。
今後も役に立てる記事を書いていきますので宜しくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる