当サイト使用のWPテーマ「SWELL」の評判口コミはこちら

【どっちがよい?】SWELLとTHE THORを7つの項目で徹底比較

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩む人

有料WordPressテーマのSWELLとTHE THORの詳細な比較が知りたい!
迷っているけど具体的に何が違いのか分からず決められない!
どっちがよいか教えて!

このような悩みを解決します。

使いやすいと人気のSWELL SEOに強いと人気のTHE THOR

この2つのWordPressテーマで迷うことは多いです。

しかしながらネットには商品の公式サイトに載っている情報だけで比較している情報が多く納得して選ぶ事は難しいです。

そこで本記事では「SWELL」と「THE THOR」を両方使う私が徹底比較し違いを具体的に画像で解説

じゅんた

結論を先にお伝えしておくとSWELLの方がおすすめ!
当サイトはTHE THORからSWELLに移行しています!

本記事を読むと利用者でしか分からないSWELLとTHE THORの違いが分かります。

「SWELLがおすすめの理由を知りたい」という方はぜひ最後までご覧下さい。

\ 7つのテーマを使う私のおすすめNo1/

参考記事>>SWELLの評判は本当?7つのテーマを使う私が徹底レビュー!

記事の信頼性

本記事はブログで人気のWordPressテーマ7つを実際に使って比較しています。

商品のLPだけ見て比較したエアレビューではありませんのでご安心ください。

【エビデンス】7つの人気WordPressテーマを利用
【エビデンス】7つの人気WordPressテーマを利用
読みたいところから読める「目次」

まずは結論!THE THORよりもSWELLの方がおすすめです!

スクロールできます
価格(税込)17,600円16,280円
総合評価【4.8】【4.0】
優れている項目・使いやすさ
・ページ表示速度
・サポート体制
・設定の自由度
・価格
引き分けの項目・機能充実度(引き分け)
・SEO対策(引き分け)
・機能充実度(引き分け)
・SEO対策(引き分け)
個別記事>>SWELLレビュー記事>>THE THORレビュー記事

上の表をご覧いただければわかるかと思いますが、結論としてSWELLの方がおすすめです。

なぜならWordPressテーマで重要な「使いやすさ」「機能充実度」「ページ表示速度」のうち「使いやすさ」と「ページ表示速度」の2つがSWELLの方が優秀だからです。

使いやすさは記事の執筆時間に関わり、時間的な余裕から記事の品質や投稿数にも影響します。

またページ表示速度は2021年7月のGoogleアップデートでSEOのアルゴリズムで重要視されるようになりました。

SWELLが気になる方は下記の公式サイトをチェックしてみて下さい。

\ 7つのテーマを使う私のおすすめNo1/

SWELLとTHE THORの違いを7つの項目で徹底比較!

人気WordPressテーマを徹底比較
スクロールできます
比較ポイント優れているテーマ備考
使いやすさSWELL記事の執筆時間に影響
機能充実度引き分け記事の品質に影響
ページ表示速度SWELL検索順位、離脱率に影響
設定の自由度SWELLユーザービリティに影響
SEO対策引き分け検索順位に影響
サポート体制SWELLUpdate頻度が高いWordPressで重要
価格THE THOR
※比較ポイントをクリックすると詳細に飛びます。

全体としては上記表の通り、価格以外はSWELLが優秀です。

本記事ではこの項目毎の評点の優劣の根拠を示していきます。

それではさっそく重要な7項目で比較していきます。

比較①:使いやすさを重視するならTHE THORよりもSWELL

テーマ SWELLTHE THOR
点数評価5.0点3.0点
ブロック
エディタ
対応度
標準対応
コア機能カスタマイズ
非対応
スタイル
の選択
絵から選択
設定かんたん普通
オリジナル
ブロック
16個
じゅんた

使いやすさはSWELLの方が優秀です!

一番大きい違いはGutenbergに対応しているかどうかです。

SWELLは完全対応、THE THORは非対応です。

クラシックエディタの方が使いやすいという声もありますが、それは慣れていないという要因が多いです。

参考記事>>【Gutenbergの評判は?】グーテンベルクを使う3つのメリットを解説

まずはGutenbergとクラシックエディタの使いやすさの違いの具体例を紹介します。

Gutenbergとは2018年末から標準搭載になったWordPressの記事投稿用のエディタです。

文章や表、画像などをブロック単位で直感的に配置し記事を作成することができます。

「クラシックエディタ」は2022年12月にサポートが終了予定です。(2021年から延長)

「SWELLのGutenberg」は下記画像のように1クリックで直感的に操作でき編集もかんたんです。

SWELLのGutenberg投稿画面
SWELLのGutenberg投稿画面

「THE THORのクラシックエディタ」は下記画像のようにアイコンの選び方などGutenbergと比較して一手間、二手間かかります。

またビジュアルエディタとテキストエディタを切り替えながら見たり、テキストエディタで直接タグ打ちできる人でも都度プレビュー画面を確認するなど手間がかかります。

THE THORのクラシックエディタ投稿画面
THE THORのクラシックエディタ投稿画面

GutenbergはHTMLやCSSの知識が全くなくても記事が作成できるのも初心者に優しいです。

そしてSWELLはGutenberg完全対応なのでとても使いやすいです。

私が当サイトをTHE THORからSWELLに変えたのはこの使いやすさが一番の理由でした。

使いやすさを重視したい方はSWELLをチェックしてみて下さい。

\ 使いやすさを重視するならSWELL/

比較②:機能充実度はSWELLとTHE THORは引き分け

テーマ SWELLTHE THOR
点数評価5.0点5.0点
ピックアップ
記事
標準搭載標準搭載
カルーセル
スライダー
標準搭載標準搭載
広告タグ管理標準搭載標準搭載
ABテスト標準搭載
目次標準搭載標準搭載
FAQ標準搭載
ランキング広告タグ
管理機能
に標準搭載
標準搭載
ふきだし標準搭載標準搭載
タブ標準搭載標準搭載
アコーディオン標準搭載標準搭載
ブログカード
(関連記事)
標準搭載
テキスト変換可
標準搭載
CVボタン標準搭載標準搭載
フルワイド標準搭載
AMP対応標準搭載
PWA標準搭載
じゅんた

機能充実度は引き分けです!

違いは下記の通りです。

SWELLは「ABテスト」「FAQ」が標準搭載

THE THORは「AMP」、「PWA」が標準対応

ABテストとは

Aブロック、Bブロックと2種類のコンテンツを作成しランダムで表示させることができる機能です。

SWELLにはクリック率を計測できる「広告タグ管理機能」と「SWELLボタン」があるので併用してコンバージョン率(成約率)を高めることができます。

ABテスト
FAQ

FAQ機能とは下記のようにかんたんにFAQコンテンツを作れる機能です。

ここに質問

回答はここです。

AMPに関して

AMPはモバイル端末での閲覧を高速化する機能です。

ただし機能やデザインに制限があり、下記のようなデメリットがあります。

  • デザインの質が落ちる(崩れる場合も)
  • また広告タグをAMPに対応したタグに張り替える必要あり。(対応不可のASPあり)
  • AMPページの管理が面倒
PWAに関して

PWAはウェブサイトをスマートフォンアプリのように使える機能です。

ネットが使えない場所でもオフラインでサイトの閲覧が可能になります。

機能はそれぞれ強みが違いますが、SWELL、THE THORともにトップクラスに充実しています。

機能充実度であればどちらを選んでも満足できます。

\ 7つのテーマを使う私のおすすめNo1/

比較③:ページ表示速度を重視するならTHE THORよりもSWELL

テーマ SWELLTHE THOR
点数評価5.0点4.0点
パソコン
表示速度
96.662.8
モバイル
表示速度
99.692.6
キャッシュ標準搭載標準搭載
画像延滞
読み込み
標準搭載標準搭載
CSS非同期
読み込み
標準搭載標準搭載

※速度の数字はGoogle提供のPageSpeed Insightsで5回計測した平均値。(>>詳しい条件はこちら

数字が高い方がページ表示速度が速いです。

じゅんた

ページ表示速度はSWELLが優秀です!

SWELL、THE THORともにスピード高速化機能は搭載していますが実際に計測するとSWELLが速かったです。

ページ表示速度はSEOでも重要です。

ページ表示速度はGoogleの検索アルゴリズムにも入っており遅いと評価が悪くなります。

そして表示速度が遅いと離脱率が高くなり機会損失が増えるので注意が必要です。

また2021年7月のGoogleアップデートでは更にページ表示速度が重要視されるようになりました。

ページ表示速度を重視したい方はSWELLをチェックしてみて下さい。

\ ページ表示速度を重視するならSWELL/

比較④:設定の自由度を重視するならでとTHE THORよりもSWELL

テーマ SWELLTHE THOR
点数評価4.0点4.0点
設定項目ある程度
自由に
設定可能
ある程度
自由に
設定可能
ウィジェットの
種類
2428
ウィジェットの
設置箇所
2010
じゅんた

設定の自由度はSWELLの方が若干優秀です!

設定の自由度は実際のところほとんど変わりません。

ここでは設置できるウィジェットの種類と設置箇所を比較しました。

ウィジェットとは

ウィジェットとはブログパーツの事です。

テーマ毎に用意されたウィジェットを用意されて場所に設置する事ができます。

SWELLのウィジェット
SWELLのウィジェット
THE THORのウィジェット
THE THORのウィジェット

ウィジェットは設置箇所が多い方が重要です。

なぜならウィジェットに「カスタムHTML」があるのでウィジット自体は自由に作ることができるからです。

設置箇所が多いSWELLの方が設定の自由度が高いです。

設定の自由度が高いと読者に必要な情報へ誘導しやすくなり、サイトの滞在時間が増えます。

滞在時間が増えるとSEOにも良い影響があります。

設定の自由度を重視したい方はSWELLをチェックしてみて下さい。

\ 設定の自由度を重視するならSWELL /

比較⑤:SEO対策ではSWELLとTHE THORは引き分け

テーマ SWELLTHE THOR
点数評価5.0点5.0点
設定SWELL向け
プラグイン
(無料)
テーマ本体
内蔵
index/noindex設定可能設定可能
canonicalタグ設定可能設定可能
ユーザビリティー
の高いサイト設計
設計可能設計可能
meta description
の設定
設定可能設定可能
じゅんた

SEO対策では引き分けです!

SEO対策はどちらも完全に対応しています。

WordPressテーマでできるSEO設定は下記の通りです。

WordPressテーマでできるSEO対策
index/noindexの設定

低品質な記事はサイト全体の評価を下げてしまうので個別にnoindexにできるのは重要です。

canonicalタグ

canonicalタグは同じような記事で重複した検索キーワードに関して評価対象の記事を指定するタグです。

canonicalタグを使わずキーワードが重複したままだと評価が分散されてしまうため重要です。

ユーザービリティの高いサイト設計とデザイン

パンくずリストの設定や読者が回遊しやすい見せ方ができるかが重要です。

カテゴリーページも編集できた方が良いです。

meta descriptionの設定

検索結果のタイトル下に表示される記事内容をまとめた文章です。

meta descriptionを記入することで検索エンジンは記事内容を理解します。

またユーザーのクリック率も上がりSEOに良い影響が出ます。

違いとしてはSWELLは専用のプラグインにて対応、THE THORはテーマ本体に内蔵しています。

SWELL

SWELLのSEO対策は開発者の了さんが制作したプラグイン「SEO SIMPLE PACK」が用意されています。

テーマ内にSEO対策機能を実装しない理由は公式サイトで下記のように説明されています。

サイトにとって非常に重要なメタタグの設定が、テーマの乗り換えによって影響されてはならないからです。

また、膨大なコードを必要とする機能なので、もしテーマに実装したものが使われない場合はただ速度低下を招くだけのお荷物と化してしまうリスクがあります。

人によっては使い慣れたSEOプラグインもあるでしょうし、わざわざテーマ内でそれらの機能をつける必要性もほとんどないと判断しました。

出典:SWELL公式サイトSWELLの特徴(https://swell-theme.com/feature)から引用
THE THOR

THE THORのSEO対策はプラグインを減らすという考えのもとテーマ内に搭載されています。

以上の通りSEO対策の方法に関しての考え方は違いますがSEO対策は完全対応です。

むしろSEOはコンテンツの内容(検索意図を満たしているか等)やユーザー体験(離脱率や滞在時間等)が重要になってきています。

SWELLもTHE THORも両方ともSEOは安心して使えるWordPressテーマになっています。

\ 7つのテーマを使う私のおすすめNo1/

専用プラグインで他テーマからの乗り換えも安心♪

比較⑥:サポート体制を重視するならTHE THORよりもSWELL

テーマ SWELLTHE THOR
点数評価5.0点3.0点
要望対応フォーラム
(無料)
フォーラム
(無料)
※対応雑
不具合対応フォーラム
(無料)
フォーラム
(無料)
※対応雑
コミュニティSlack
(無料)
アップデート
頻度

月に1~4回

2~6ヶ月に1回
じゅんた

サポート体制はSWELLの方が優秀です!

SWELLは専用フォーラムで不具合対応から要望対応が迅速に対応されています。

また開発者との距離感も近く、ユーザーの困り毎に対しても丁寧に対応されています。

対してTHE THORのフォーラムは高圧的で対応も雑に感じました。

またアップデートの頻度が高いことも重要です。

なぜならWordPress自体の更新頻度が高く、テーマ自体もアップデートしないと不具合が起こることがあるからです。

SWELLは他のWordPressテーマと比較しても一番早くWordPressテーマのアップデートに対応されています。

またSWELLは新しい機能が追加されたり、使い勝手が更に良くなるようなアップデートも多いです。

サポート体制を重視する方はSWELLをチェックしてみて下さい。

\ サポート体制を重視するならSWELL/

比較⑦:価格を重視するならSWELLよりもTHE THOR

テーマ SWELLTHE THOR
価格(税込)17,600円16,280円

価格の安は

THE THORの方が1,320円安いです。

SWELLは総合的にTHE THORよりも優れている点が多いですがその分価格も少し高いです。

価格重視で考える方はTHE THORをチェックしてみて下さい。

\ 価格を重視するならTHE THOR /

SWELLとTHE THORのアフィリエイトプログラムを徹底比較!

SWELLとTHE THORのアフィリエイトプログラムを徹底比較!
スクロールできます
比較項目SWELLTHE THOR
販売金額17,600円16,280円
報酬単価3,300円6,512円(インフォトップ)
6,000円(A8.net)
報奨率19%40%
条件SWELL購入者限定ASPで参加申請のみ
参加方法SWELL会員サイトで登録インフォトップに登録
A8.netに登録
備考購入特典禁止
商標でリスティング広告禁止
競合少ない
購入特典OK
競合多い
※金額は税込みです。
じゅんた

結論!アフィリエイトプログラム重視で考えるとSWELL一沢です!

なぜならSWELLアフィリエイトプログラムは購入者限定だからです。

SWELLアフィリエイトの良さは購入者限定のため競合が少なく初心者でも取組みやすいことです。

また購入特典を付ける事が禁止なので平等にコンテンツ内容で勝負することができます。

参考記事>>完全版!SWELLアフィリエイトが稼げる5つの理由と始め方を徹底解説!

THE THORのアフィリエイトの良さは報奨金単価が高いことです。SWELLの約2倍あります。

しかしながらTHE THORアフィリエイトは特典で競い合っているので初心者には難しいです。

またTHE THORアフィリエイトはTHE THORを購入しなくてもASPを通して参加できます。

WordPressテーマのアフィリエイトプログラムで収益化を考えている方はSWELLがおすすめです。

\ 初心者でもアフィリエイトプログラムが稼ぎやすい/

SWELLとTHE THORのデザインをそれぞれ紹介!

デザインの違いを比較

デザインのコンセプトは下記の通りです。

  • SWELLはシンプルでおしゃれなデザイン
  • THE THORは美しくおしゃれなデザイン

正直どちらもデザインは良いです。それぞれ説明します。

SWELLはシンプルでおしゃれなデザイン!

コンセプトはシンプルでおしゃれです。

とても見やすくおしゃれなデザインにできます。

デモサイトは下記の通りです。

他にも下記のようなフルワイドブロックを使い読者の目を引きつけることもできます。

SWELLのFixed Background機能を使ってます。

背景がうごいてみえます。

 ※スマホではこの機能は表示されません。

じゅんた

※是非パソコンから見てください!

SWELLのパララックス機能を使ってます。

背景がゆっくり動いて見えます。

 ※スマホでもこの機能は表示されます。

じゅんた

当サイトのトップページでも使用しています!

このようにSWELLは読者が使いやすく印象に残りやすいサイトを作ることができます。

またデモサイトの着せ替えがあるので初心者でもかんたんにデモサイトのようなサイトが作れます。

そしてHTMLやCSSの知識がなくてもカスタマイズがかんたんでサイト型のブログも作れます。

参考記事>>【簡単にサイト型へ】SWELLトップページのカスタマイズ方法を解説!

\ 初心者でもかんたんにおしゃれなサイトが作れる/

専用プラグインで他テーマからの乗り換えも安心♪

THE THORは美しくおしゃれなデザイン!

コンセプトは美しくおしゃれです。

コーポレートサイトのようなデザインにできます。

デモサイトは下記の通りです。

このようにTHE THORは美しいサイトで読者の目を引き印象に残すことができます。

またTHE THORにも着せ替え機能があるので初心者でもかんたんにデモサイトのようなサイトが作れます。

とても綺麗なデザインです。

\ 初心者でも美しくおしゃれなデザインにできる /

SWELLとTHE THORをおすすめする人をそれぞれ紹介!

SWELLとTHE THORをおすすめする人をそれぞれ紹介!
SWELLがおすすめの人
THE THORがおすすめの人
  • 初心者の人
  • 会社員や主婦など忙しい人
  • ページ表示速度で悩んでいる人
  • Gutenbergを使いたい人
  • シンプルでおしゃれなデザインが好きな人
  • 価格が少しでも安い方が良い人
  • クラシックエディタが良い人
  • 美しくおしゃれなデザインが好きな人

SWELLとTHE THORのおすすめする人をそれぞれ紹介します。

SWELLがおすすめの人

SWELLがおすすめの人は下記の通りです。

  • 初心者の人
  • 会社員や主婦など忙しい人
  • ページ表示速度で悩んでいる人
  • Gutenbergを使いたい人
  • シンプルでおしゃれなデザインが好きな人

特に初心者の人にはSWELLがおすすめです。

なぜならHTMLやCSSの知識が全く必要なく運営できるからです。調べる時間も少なくなります。

そして記事の執筆が早くなり効率的に記事が書けるので忙しい人にもおすすめです。

その他の面でもSWELLが優れている点が多いので、迷うのであればSWELLにしておくと良いです。

\ 7つのテーマを使う私のおすすめNo1/

専用プラグインで他テーマからの乗り換えも安心♪

THE THORがおすすめの人

THE THORがおすすめの人は下記の通りです。

  • 価格が少しでも安い方が良い人
  • クラシックエディタが良い人
  • 美しくおしゃれなデザインが好きな人

価格を少しでもおさえたいのであれば1,320円安いのでTHE THORをおすすめします。

また今までクラシックエディタに慣れておりどうしても今後もクラシックエディタを使いたいのであればTHE THORが良いです。

なぜならクラシックエディタで比較するとTHE THORの方が使いやすいように作られているからです。

クラシックエディタを使う人はTHE THORがおすすめです。

\ クラシックエディタが使いやすい /

SWELLとTHE THORを比較する際に良くある6つの質問

この記事を読んでSWELLが良いと分かったけどTHE THORはSEOが強いと聞いている。
SWELLのSEO対策は大丈夫なのか?

SWELLは開発者の了さんが専用のSEOプラグイン「SEO SIMPLE PACK」を出しているためSWELLに最適なSEO対策ができます。

THE THORがSEOに強いと言われるのは最適なSEO対策ができるようにテーマ自体に内蔵しているからです。

SWELLは「SEOで重要なメタタグがテーマ乗り換え時に影響されてはならない」という考えでプラグインに分けているだけです。

実際に私自身も検索上位表示できているのでSWELLはSEOに強いと自身を持って言えます。

他にも多くの検索上位表示しやすい仕掛けが実装されているので詳細は下記記事をご覧下さい。

参考記事>>SWELLがSEOに強い5つの理由を徹底解説!実際の事例も公開!

SWELLはAMP対応してないけどSEOで不利にはならないの?

2021年6月のGoogleのアルゴリズム変更によってAMPの優遇は終了します。

AMPコンテンツを示すAMPバッジも撤廃されます。

参考記事>>Googleの「AMP優遇」がまもなく終了|Gigazine

SWELLとTHE THORはデモサイトの着せ替え機能はあるの?

SWELLもTHE THORも着せ替え機能はあります。

詳細は下記記事を参考にしてみて下さい。

参考記事>>SWELLのデモサイト着せ替え方法はこちら

参考記事>>THE THORのデモサイト着せ替え方法はこちら(MammaRidea様の記事)

SWELLとTHE THORでライセンスの違いはあるの?

ライセンスの違いは下記の通りです。

スクロールできます
項目SWELLTHE THOR
ライセンス100%GPLライセンススプリットライセンス
複数サイト利用○(購入者自身の利用のみ)
再配布
※アップデートは購入者のみ
×

SWELLは100%GPLのWordPressテーマなので利用制限はありません。

そのためSWELLを使ったウェブサイト制作を請け負うこともできます。

ただしアップデートなどのアフターサポートは購入者限定なのでアフターは購入者が対応する必要があります。

SWELLとTHE THORはアダルトサイトの利用はできるの?

SWELL、THE THORともに利用できます。

利用者は、本テーマをどのようなジャンルのサイトでも利用できます。

出典:SWELL公式サイト「利用規約」から抜粋

使用が禁止されているジャンルはありません。
どのようなジャンルのサイトでもご使用いただけます。

出典:THE THOR公式サイト「よくある質問」から抜粋
他のWordPressテーマからの乗り換えは大変?

サイトの記事数にもよりますが時間がかかり大変です。

なぜならテーマを変更するとテーマ独自の装飾などのデザインが崩れてしまうからです。

多くの記事で手直しが必要になることが多いです。

ただし、SWELLの場合は乗り換えサポート用プラグインがあるのでデザイン崩れを最小限に抑える事ができるようになっています。

参考記事>>【移行手順を完全解説】他WordPressテーマからSWELLに乗り換える方法

THE THORをおすすめするサイトも多いけどホントにSWELLがよいの?

THE THORをおすすめするサイトが多いのはアフィリエイト報酬が6,512円とSWELLの約2倍の高額という事が影響しているかと思います。

私自身もそのようなサイトをみてTHE THORを購入ましたが後悔しました。

どうしてもクラシックエディタを使いたい方でなければSWELLを選ぶことを心からおすすめします。

SWELLとTHE THORの特徴や基本情報を再確認!

SWELLとTHE THORの基本情報を再確認します。

SWELLの特徴と基本情報

SWELLの特徴

総合評価【4.8】

商品名SWELL
発売日2019年3月
販売会社LOOS WEB STUDIO
価格(税込)¥17,600
複数サイト利用可能
アフィリエイト
プログラム
SWELL会員サイトで管理
購入者限定
使いやすさ5.0
機能充実度5.0
表示速度5.0
設定の自由度4.0
SEO対策5.0
サポート体制5.0

SWELLは初心者でも使いやすく、機能が豊富で上級者でも満足できる新しいWordPressテーマです。

SWELLの強みは「記事作成時間が半減する徹底した使いやすさ」「ページ表示速度が超高速」「収益最大化する為のABテストが標準搭載」です。

またアフィリエイトプログラムが初心者にも取組みやすいです。

なぜなら購入者限定となっていることで競合が少ないからです。

参考>>SWELLアフィリエイトプログラムの詳細はこちら

SWELLアフィリエイトで稼ぐこともできます。

\ SWELLアフィリエイトプログラムは購入者だけ /

参考記事>>SWELLは評判以上!7つのテーマを使う私の口コミ&レビュー!

THE THORの特徴と基本情報

THE THORの特徴

総合評価【4.0】

商品名THE THOR
発売日2018年10月
販売会社フィット株式会社
価格(税込)¥16,280
複数サイト利用可能
アフィリエイト
プログラム
インフォトップ
(A8netでもあるが報奨金が少ない)
購入者以外でも利用可能
自己アフィリエイトNG
使いやすさ3.0
機能充実度5.0
表示速度4.0
設定の自由度4.0
SEO対策5.0
サポート体制3.0

THE THORは機能が充実したWordPressテーマです。

「AMP・PWA等の最新の機能を標準搭載」「テーマ自体にSEO対策組み込み」しています。

新しいAMPを使って高速化したい、PWAを使いたいという方におすすめです。

\ 集客・収益にこだわったWordPressテーマ /

参考>>【THE THORの評判】初心者の頃に使っていた私の口コミを暴露|しごとFUNくらぶ

参考>>【徹底 レビュー】THE THOR(ザ・トール)は初心者にオススメ?|10to1 travel

SWELLとTHE THORの比較についてまとめ

まとめ:SWELLが良い人、THE THORが良い人

今回の比較結果は下記の通りです。

スクロールできます
比較ポイント優れているテーマ備考
使いやすさSWELL記事の執筆時間に影響
機能充実度引き分け記事の品質に影響
ページ表示速度SWELL検索順位、離脱率に影響
設定の自由度SWELLユーザービリティに影響
SEO対策引き分け検索順位に影響
サポート体制SWELLUpdate頻度が高いWordPressで重要
価格THE THOR
※比較ポイントをクリックすると詳細に飛びます。

比較検証結果SWELLが優秀でした。

もし迷うのであればSWELLを選ぶ事をおすすめします。

当サイトもTHE THORからSWELLに変えました。

特に使いやすさとページ表示速度が驚くほどよくなりました。

私は7つのWordPressテーマを持っていますがSWELLが一番おすすめです。

SWELLが気になる方は下記の公式サイトをチェックしてみて下さい。

\ 7つのテーマを使う私のおすすめNo1/

参考記事>>SWELLの評判と本音口コミ!7つのWordPressテーマを使う私がレビュー!

最後までご覧頂きましてありがとうございます。

ご不明な点やご質問があればお気軽にご連絡ください。

また記事を読んだ感想なども頂けたらとても嬉しいです!

Twitterでメンション(@jun_sigotofun)付きでツィートして頂ければ私も拡散させて頂きます!

(記事下のシェアボタンを押すと簡単にツイートできます♪)

これからもよろしくお願いいたします。

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

読みたいところから読める「目次」
閉じる