【使いやすさ?デザイン?】SWELLとJINの比較と選び方

【使いやすさ?デザイン?】SWELLとJINの比較と選び方|初心者必見
悩む人

有料WordPressテーマを導入したいけどSWELLとJINで迷っている。
実際にどこが違うのかよく分からない。
選び方を教えて!

こういった悩みを解決します。

数あるWordPressテーマでも超人気の「SWELL」と「JIN」

この2つで悩む事はとても多いです。

しかしながらウェブを見ても具体的な比較サイトがなく初心者には選ぶ事が難しいです。

本記事では「SWELL」「JIN」を両方使っている私が画像で具体的に分かりやすく比較し選び方を解説します。

SWELLとJINで迷っている」「WordPressテーマが決められない」という方は最後までご覧ください!

じゅんた

先に結論をいうとSWELLがおすすめです!
当サイトでもSWELLを使っています。

記事の信頼性

本記事はブログで人気のWordPressテーマ6つを実際に使って比較しています。

商品のLPだけ見て比較したエアレビューではありませんのでご安心ください。

【エビデンス】人気WordPressテーマ6つ
【エビデンス】人気WordPressテーマ6つ
目次

SWELLとJINを6つの比較ポイントで徹底検証

SWELLとJINの6つの比較ポイントを徹底検証

総合的な比較は下記です。

評価項目はWordPressテーマで重要な6項目に分け詳細を解説していきます。

SWELLJIN
販売会社LOOS WEB STUDIO株式会社CrossPiece
販売価格(税込)¥17,600¥14,800
発売日2019年3月2018年3月
複数サイト利用可能利用可能
総合評価
【4.9】

【4.2】
使いやすさ5.04.0
機能充実度5.04.5
ページ表示速度5.04.0
カスタマイズ自由度4.53.5
SEO対策5.05.0
サポート5.04.0
じゅんた

それぞれ項目毎に詳しく解説します!

\ 収益最大化!記事執筆時間半減! /

使いやすさ比較

SWELLJIN
評価
(5.0)

(4.0)
Gutenberg対応
オリジナルブロック16個

オリジナルブロック11個
記事の装飾のしやすさ

使いやすさは「SWELL>JIN」です。

まずGutenbergへの対応に関して説明します。

Gutenbergとは

2018年末のWordPress5.0から標準搭載になった記事編集用のブロックエディタ

文章や画像などの位置を直感的に配置できるのでレイアウトの調整がしやすいです。

現在は「クラシックエディタ」というプラグインで旧エディタも使用可能ですが、2021年末には「クラシックエディタ」のサポートが終了します。

昔からブログを旧エディタでやっている方の中には「Gutenbergが使いづらい」という声もありますが、単純に慣れていないだけです。

圧倒的にGutenbergの方が使いやすいです。下記画像をご覧ください。

Gutenberg編集画面(SWELL)
Gutenberg編集画面(SWELL)
クラシックエディタの編集画面(JIN)
クラシックエディタ編集画面(JIN)

このようにGutenbergは表示内容そのままで編集できるのでクラシックエディタよりも記事を書くのがかんたんになり執筆時間も半減します。

JINもGutenbergには対応していますが下記のようにオリジナルブロックの数と使い勝手が違います。

<オリジナルブロックの数>

SWELL 16個

SWELLオリジナルブロック

JIN 11個

JINオリジナルブロック

また記事装飾に関してもSWELLの方がクリックの数が少なくアイコンを見ながら選ぶ事ができます。

Gutenberg比較(SWELL)
Gutenberg比較(SWELL)
Gutenberg比較(JIN)
Gutenberg比較(JIN)
じゅんた

実際に使ってみると細かいところでもSWELLの使い勝手が良いです!

\ 収益最大化!記事執筆時間半減! /

機能充実度比較

 SWELLJIN
評価
(5.0)

(4.5)
ピックアップ記事
カルーセルスライダー
広告タグ管理×
ABテスト×
目次
CVボタン
ランキング機能
吹き出し
タブ
アコーディオン
ブログカード
写真ギャラリー×
CTA

機能充実度は「SWELL>JIN」です。

JINでも充分な機能は揃っているのですが、SWELLにはアフィリエイトに便利な「広告タグ管理機能」と「ABテスト」が搭載されています。

広告タグ管理機能とは

ASP等の広告タグを管理画面で登録しておくことで簡単にショートコードで広告を呼び出せます。

広告タグ管理機能

また広告タグの登録内容を変更するだけで全記事の広告内容を変更できます。

なので広告タグのリンクが切れても一つ一つ変更しなくても一括で変更出来るので便利です。

そして下記のようにクリック率等も確認することができます。

広告タグ管理機能登録
ABテストとは

AブロックとBブロックで内容を変えてランダムに表示できます。

例えば2通りのリンクの貼り方からどっちの方がクリック率が良いかなどを計測することができます。

ABテスト
じゅんた

SWELLの方が機能は充実しています!

\ 収益最大化!記事執筆時間半減! /

ページ表示速度比較

 SWELLJIN
評価
(5.0)

(4.0)
表示速度(PC)
【97.0】

【60.6】
表示速度(モバイル)
【99.4】

【93.0】
キャッシュ機能×
画像遅延読み込み×
CSS非同期読み込み×
AMP対応××
計測値はPageSpeed Insightsで5回計測した平均値(数字が高いほど表示速度が早い)

ページ表示速度はGoogleが提供しているPageSpeed Insightsで計測すると「SWELL>>>JIN」でした。

ページ表示速度はSEOで重要です。

Googleの公式でも遅いと離脱率があがりSEOに悪い影響が出ると発表されています。

また今後(2021年以降)はよりページ表示速度等のユーザー体験を検索アルゴリズムで重視すると発表されています。

詳細を知りたい方は「【SEOで重要】WordPressテーマ6つの表示速度を検証比較」の記事をご覧ください。

じゅんた

ページ表示速度はSWELLが速いです。

\ 収益最大化!記事執筆時間半減! /

カスタマイズ自由度比較

SWELLJIN
評価
(4.5)

(3.5)
ウィジット種類2422
ウィジット設置箇所2010
ウィジット合計4432
カテゴリーページの自由度

カスタマイズ自由度は設置できるウィジェットの種類と設置箇所をみると「SWELL>>JIN」でした。

カスタマイズ自由度が高いと読者に対して必要な情報へ誘導しやすくなるので間接的にSEOに影響します。

ウィジェットとは

ウィジェットとはブログパーツの事です。

テーマ毎に用意されたウィジェットを用意されて場所に設置する事ができます。

SWELLウィジェット
SWELLウィジェット
JINウィジェット
JINウィジェット
じゅんた

カスタマイズ自由度はSWELLが良いです。

\ 収益最大化!記事執筆時間半減! /

SEO対策比較

SWELLJIN
評価
(5.0)

(5.0)

SEO対策はどちらのWordPressテーマでも対策しやすくSEOに強いです。

よって「引き分け」です。

しかしながら2021年移行はGoogleのアルゴリズムでページ表示速度を重視すると発表されていますので、今後はページ表示速度が速いSWELLが有利になる可能性があります。

SEOでWordPressテーマに求められることは下記となります。

ページ表示速度

Googleの公式サイトで検索アルゴリズムにページ表示速度が含まれていると発表されています。

2020年までは表示速度が遅いとSEOに悪い影響があるくらいでしたが、2021年以降に表示速度が速いことが重要になってくるとGoogleからも発表されています。

(参考:Googleウェブマスターセントラルブログ

ページ表示速度はSWELLの方が早いです。

index/noindexの設定

低品質な記事はサイト全体の評価を下げるんで簡単にnoindexにできるのは重要です。

これはどちらのテーマも記事毎、カテゴリ毎に個別に設定できます

ユーザービリティの高いサイト設計

パンくずリストの設定や読者が回遊しやすい見せ方ができるかが重要です。

どちらのテーマでもユーザービリティの高いサイト設計ができます。

じゅんた

SWELL、JINともにSEO対策はバッチシです!

\ 収益最大化!記事執筆時間半減! /

サポート体制比較

SWELLJIN
評価
(5.0)

(4.0)
フォーラム
コミュニティ×
マニュアル
アップデート頻度
約月1~4回

約2~3ヶ月に1回

サポートはSWELL、JINともに手厚いですが、コミュニティーで気軽に質問できる点と、アップデート頻度で「SWELL>JIN」です。

WordPress自体のバージョンもどんどん上がっている中、SWELLはそれ以上のスピードで新たな機能が追加されたり、使い勝手が良くなるようなアップデートがあります。

じゅんた

高い頻度で新たな機能が追加されるSWELLはびっくりです!

\ 収益最大化!記事執筆時間半減! /

デザインの違いを比較

デザインの違いを比較

SWELLとJINはデザインでも明確に違います。

  • SWELLはシンプルでおしゃれなデザイン
  • JINはかわいくPOPなデザイン

具体的に説明します。

SWELLのデザイン

SWELLはシンプルでおしゃれなデザインのウェブサイトを作りやすいです。

デモサイトもあるのでご覧ください。

他にも下記のようなフルワイドブロックを使い読者の目を引きつけることもできます。

SWELLのFixed Background機能を使ってます。

背景がうごいてみえます。

 ※スマホではこの機能は表示されません。

じゅんた

※是非パソコンから見てください!

SWELLのパララックス機能を使ってます。

背景がゆっくり動いて見えます。

 ※スマホでもこの機能は表示されます。

じゅんた

当サイトのトップページでも使用しています!

\ 収益最大化!記事執筆時間半減! /

JINのデザイン

JINはかわいくPOPなウェブサイトを作りやすいです。

デモサイトのイメージを貼っておきます。(クリックすると拡大します。)

\ かわいいデザインのブログに変身 /

SWELLとJINの選び方

SWELLとJINの選び方

次に今までの比較をまとめた上で選び方を解説します。

SWELLがおすすめの方
初心者の方

直感的な操作性でマウス操作も少ないので記事を書くスピードが速くなります。

初心者でもかなり速く書けるようになります。

また16ものオリジナルブロックの効果で初心者でも読みやすい記事を書く事ができます。

ページ表示速度を速くしたい方

SWELLはWordPressテーマの中でもページ表示速度が最速です。

ページ表示速度はSEOにも影響してくるので遅くて悩んでいる方におすすめです。

分析しながらブログ収益化を進めたい方

SWELLには広告タグ管理機能やABテスト機能などクリック率を計測・分析する機能も標準搭載です。

分析・改善しながらSEO対策することができます。

シンプルでおしゃれなサイトを作りたい方

SWELLはシンプルでおしゃれなサイト制作が可能です。

フルワイドブロックという機能を使えば画面いっぱいでデザインしたコーポレートサイトのような美しいサイトも作成できます。

\ 収益最大化!記事執筆時間半減! /

JINがおすすめの方
かわいいデザインのブログを作りたい方

JINの一番の特徴はかわいらしい個性的なデザインです。

アイコンやボックスなどの記事装飾もとてもかわいいです。

価格が少しでも安い方が良い方

販売価格はJIN「14,800円」SWELL「17,600円」となっています。

価格はJINの方が2,800円安いです。

\ かわいいデザインのブログに変身 /

WordPressテーマ「SWELL」の特徴

WordPressテーマ「SWELL」の特徴

SWELLは初心者でも使いやすくSEOで検索上位表示しやすい新しいWordPressテーマです。

なぜならSWELLの強みは「ページ表示速度最速」「記事執筆時間が半減する使いやすさ」「収益最大化するためのアフィリエイト分析機能標準搭載」だからです。

表示速度はSEOに影響しますし、検索上位表示するには高品質な記事を書き続けないといけないので、これはめちゃくちゃ重要です。

詳しくSWELLの魅力を知りたい方は「収益最大化に必須!SWELLの評判と選ばれる3つの理由を徹底レビュー」の記事をご覧ください。

\ 収益最大化!記事執筆時間半減! /

WordPressテーマ「JIN」の特徴

JINはおしゃれでアフィリエイトをするのに適したWordPressテーマです。

詳しくJINの魅力を知りたい方は「【JINの評判】Gutenberg対応!おしゃれで読まれるブログを作ろう!」の記事をご覧ください。

\ かわいいデザインのブログに変身 /

まとめ 迷うのであればSWELLがおすすめ

まとめ 迷うのであればSWELLがおすすめ

今回の比較結果をまとめます。

比較ポイント優れているテーマ
使いやすさSWELL
機能充実度SWELL
ページ表示速度SWELL
カスタマイズ自由度SWELL
SEO対策引き分け
サポート体制SWELL

以上となります。

基本的にはSWELLの方がスペック・機能が高いので迷ったのであればSWELLをおすすめします。

特に初心者の方は記事を書くのに時間もかかるため、使いやすいSWELLが良いです。

SWELLはアップデートの頻度も高く、使いやすさを考えた機能が日々追加・進化してます。

またページ表示速度も速いので2021年移行のGoogleアルゴリズムでSEOで更に強くなる可能性も高いです。

今後も楽しみなWordPressテーマです。

じゅんた

正直、本音としてはSWELLがめちゃくちゃおすすめです!
かわいいデザインがよい方も色を変えたり「Useful Blocks」というプラグインを使えばできます。
>>Useful Blocksの詳細はこちら(SWELLレビュー記事内で紹介)

\ 収益最大化!記事執筆時間半減! /

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる