当サイト使用のWPテーマ「SWELL」の評判口コミはこちら

【どっちがよい?】SWELLとJINの違いを7つの項目で徹底比較

【どっちがよい?】SWELLとJINの違いを7つの項目で徹底比較
URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩む人

有料WordPressテーマを導入したいけどSWELLとJINで迷っている。
実際にどこが違うのかよく分からない。
どっちがよいのか教えて!

こういった悩みを解決します。

数あるWordPressテーマでも超人気の「SWELL」と「JIN」

この2つで悩む事はとても多いです。

しかしながらウェブを見ても具体的な比較サイトがなく初心者には選ぶ事が難しいです。

本記事では「SWELL」「JIN」を両方使っている私が画像で根拠を具体的に分かりやすく比較します。

結論から言いますと使いやすさ機能充実度が高いSWELLがおすすめです。

SWELLの方がおすすめの理由を知りたい」という方は最後までご覧ください!

じゅんた

当サイトはSWELLを使っています!
>>SWELLの公式サイトはこちら

記事の信頼性

本記事はブログで人気のWordPressテーマ7つを実際に使って比較しています。

商品のLPだけ見て比較したエアレビューではありませんのでご安心ください。

【エビデンス】7つの人気WordPressテーマを利用
【エビデンス】7つの人気WordPressテーマを利用
読みたいところから読める「目次」

まずは結論!JINよりもSWELLの方がおすすめです!

SWELLJIN
総合評価【4.9】【4.2】
優れている項目・使いやすさ
・機能充実度
・ページ表示速度
・設定の自由度
・サポート体制
・価格
引き分けの項目・SEO対策(引き分け)・SEO対策(引き分け)

この記事では7つの項目でSWELLとJINを比較していますが、表を見れば分かるとおりSWELLの方が優れています。

結論として価格を最重視しなければSWELLがおすすめです。

SWELLは全てにおいて優秀で心からおすすめできるWordPressテーマです。

SWELLが気になる方は下記の公式サイトをチェックしてみて下さい。

\ 7つのテーマを使う私のおすすめNo1/

参考記事>>SWELLは評判以上!7つのテーマを使う私の口コミ&レビュー!

SWELLとJINの違いを重要な7つの項目で徹底比較!

SWELLとJINの6つの比較ポイントを徹底検証

総合的な比較は下記です。

評価項目はWordPressテーマで下記の重要な7項目に分け詳細を解説していきます。

比較ポイント優れているテーマ備考
使いやすさSWELL記事作成時間に影響
機能充実度SWELL記事の品質に影響
③ページ表示速度SWELL検索順位、離脱率等に影響
④設定の自由度SWELLユーザービリティに影響
SEO対策引き分け検索順位に影響
⑥サポート体制SWELL変化が激しいネット業界で重要
⑦価格JIN
※比較ポイントの項目をクリックすると詳細に飛びます。

それぞれ項目毎に根拠を具体的に解説します。

比較①:使いやすさを重視するならJINよりもSWELL

SWELLJIN
評価
(5.0)

(4.0)
Gutenberg対応
オリジナルブロック16個

オリジナルブロック11個
記事の装飾のしやすさ

使いやすさは「SWELL>JIN」です。

まずGutenbergへの対応に関して説明します。

Gutenbergとは

2018年末のWordPress5.0から標準搭載になった記事編集用のブロックエディタ

文章や画像などの位置を直感的に配置できるのでレイアウトの調整がしやすいです。

現在は「クラシックエディタ」というプラグインで旧エディタも使用可能ですが、2021年末には「クラシックエディタ」のサポートが終了します。

昔からブログを旧エディタでやっている方の中には「Gutenbergが使いづらい」という声もありますが、単純に慣れていないだけです。

圧倒的にGutenbergの方が使いやすいです。下記画像をご覧ください。

Gutenberg編集画面(SWELL)
Gutenberg編集画面(SWELL)
クラシックエディタの編集画面(JIN)
クラシックエディタ編集画面(JIN)

このようにGutenbergは表示内容そのままで編集できるのでクラシックエディタよりも記事を書くのがかんたんになり執筆時間も半減します。

JINもGutenbergには対応していますが下記のようにオリジナルブロックの数と使い勝手が違います。

<オリジナルブロックの数>

SWELL 16個

SWELLオリジナルブロック

JIN 11個

JINオリジナルブロック

また記事装飾に関してもSWELLの方がクリックの数が少なくアイコンを見ながら選ぶ事ができます。

Gutenberg比較(SWELL)
Gutenberg比較(SWELL)
Gutenberg比較(JIN)
Gutenberg比較(JIN)

実際に使ってみると細かいところでSWELLの使い勝手が良いです。

使い勝手は記事の作成時間に影響します。

記事の作成時間を短縮したい方や使い勝手を重視したい方はSWELLをチェックしてみてください。

\ 使いやすさを重視するならSWELL/

専用プラグインで他テーマからの乗り換えも安心♪

比較②:機能を重視するならJINよりもSWELL

 SWELLJIN
評価
(5.0)

(4.5)
ピックアップ記事
カルーセルスライダー
広告タグ管理×
ABテスト×
目次
CVボタン
ランキング機能
吹き出し
タブ
アコーディオン
ブログカード
写真ギャラリー×
CTA

機能充実度は「SWELL>JIN」です。

JINでも充分な機能は揃っているのですが、SWELLにはアフィリエイトに便利な「広告タグ管理機能」と「ABテスト」が搭載されています。

広告タグ管理機能とは

ASP等の広告タグを管理画面で登録しておくことで簡単にショートコードで広告を呼び出せます。

広告タグ管理機能

また広告タグの登録内容を変更するだけで全記事の広告内容を変更できます。

なので広告タグのリンクが切れても一つ一つ変更しなくても一括で変更出来るので便利です。

そして下記のようにクリック率等も確認することができます。

広告タグ管理機能登録
ABテストとは

AブロックとBブロックで内容を変えてランダムに表示できます。

例えば2通りのリンクの貼り方からどっちの方がクリック率が良いかなどを計測することができます。

ABテスト

SWELLがアフィリエイトで収益最大化するために必要な「広告タグ管理機能」「ABテスト」を標準搭載していることは大きいです。

なぜならSEOやアフィリエイトで結果を出すには仮説検証しながら改善していくことが重要だからです。

機能の充実度を求めいてる方やブログの収益化ができず悩んでいる方はSWELLをチェックしてみてください。

\ 機能を重視するならSWELL/

専用プラグインで他テーマからの乗り換えも安心♪

比較③:ページ表示速度を重視するならJINよりもSWELL

 SWELLJIN
評価
(5.0)

(4.0)
※表示速度(モバイル)
【96.6】

【62.2】
※表示速度(パソコン)
【99.6】

【93.2】
キャッシュ機能×
画像遅延読み込み×
CSS非同期読み込み×
AMP対応××
計測値はPageSpeed Insightsで5回計測した平均値

※Google提供のPageSpeed Insightsで計測し数字が高いほど表示速度が速い

※計測の詳細は「【SEOで重要】WordPressテーマ6つの表示速度を検証比較」の記事参照

ページ表示速度は「SWELL>>>JIN」です。

ページ表示速度はSEOで重要です。

Googleの公式でも遅いと離脱率があがりSEOに悪い影響が出ると発表されています。

またGoogleは2021年5月以降はページ表示速度等を検索アルゴリズムで重要視すると発表しています。

ブログのページ表示速度で悩んでいる方はSWELLをチェックしてみてください。

\ ページ表示速度を重視するならSWELL/

専用プラグインで他テーマからの乗り換えも安心♪

比較④:設定の自由度を重視するならJINよりもSWELL

SWELLJIN
評価
(4.5)

(3.5)
ウィジット種類2422
ウィジット設置箇所2010
ウィジット合計4432
カテゴリーページの自由度

設定の自由度は「SWELL>>JIN」でした。

設置できるウィジェットの種類と設置箇所で判断しました。

設定の自由度が高いと読者に対して必要な情報へ誘導しやすくなるので間接的にSEOに影響します。

ウィジェットとは

ウィジェットとはブログパーツの事です。

テーマ毎に用意されたウィジェットを用意されて場所に設置する事ができます。

SWELLウィジェット
SWELLウィジェット
JINウィジェット
JINウィジェット

SWELLは設定の自由度が高く読者に必要な情報へ誘導しやすくなります。

ページ滞在時間や直帰率などの検索結果のユーザー行動はSEOに影響します。

より自由な設定で読者のユーザービリティを高めたい方はSWELLをチェックしてみてください。

\ 7つのテーマを使った私のおすすめNo1/

専用プラグインで他テーマからの乗り換えも安心♪

比較⑤:SEO対策はSWELLとJINは引き分け

SWELLJIN
評価
(5.0)

(5.0)

SEO対策は「引き分け」です。

SEO対策はどちらのWordPressテーマでも対策しやすくSEOに強いです。

しかしながら2021年移行はGoogleのアルゴリズムでページ表示速度を重視すると発表されていますので、今後はページ表示速度が速いSWELLが有利になる可能性があります。

SEOでWordPressテーマに求められることは下記となります。

ページ表示速度

Googleの公式サイトで検索アルゴリズムにページ表示速度が含まれていると発表されています。

2020年までは表示速度が遅いとSEOに悪い影響があるくらいでしたが、2021年以降に表示速度が速いことが重要になってくるとGoogleからも発表されています。

(参考:Googleウェブマスターセントラルブログ

ページ表示速度はSWELLの方が早いです。

index/noindexの設定

低品質な記事はサイト全体の評価を下げるんで簡単にnoindexにできるのは重要です。

これはどちらのテーマも記事毎、カテゴリ毎に個別に設定できます

ユーザービリティの高いサイト設計

パンくずリストの設定や読者が回遊しやすい見せ方ができるかが重要です。

どちらのテーマでもユーザービリティの高いサイト設計ができます。

SWELLとJINはどちらもSEO対策ができ検索上位表示しやすいです。

\ 7つのテーマを使った私のおすすめNo1/

専用プラグインで他テーマからの乗り換えも安心♪

比較⑥:サポート体制を重視するならJINよりもSWELL

SWELLJIN
評価
(5.0)

(4.0)
フォーラム
コミュニティ×
マニュアル
アップデート頻度
約月1~4回

約2~3ヶ月に1回

サポートは「SWELL>JIN」です。

SWELLはコミュニティーで気軽に質問できる点と、アップデート頻度が高いです。

WordPress自体のバージョンもどんどん上がっている中、SWELLはそれ以上のスピードで新たな機能が追加されたり、使い勝手が良くなるようなアップデートがあります。

購入後のサポートが気になる方や今後のアップデータに期待したい方はSWELLをチェックしてみてください。

\ サポート体制を重視するならSWELL /

専用プラグインで他テーマからの乗り換えも安心♪

比較⑦:価格を重視するならSWELLよりもJIN

SWELLJIN
価格17,600円14,800円

価格はSWELLよりJINの方が2,800円安いです。

SWELLは機能や性能が高いですが、その分他のWordPressテーマよりも少し高いです。

JINでもWordPressテーマに充分な性能、機能は搭載されています。

少しでも安くWordPressテーマを導入したい方はJINをチェックしてみてください。

\ 価格を重視するならJIN /

SWELLとJINのデザインをそれぞれ紹介!

デザインの違いを比較

SWELLとJINはデザインでも明確に違います。

  • SWELLはシンプルでおしゃれなデザイン
  • JINはかわいくPOPなデザイン

具体的に説明します。

SWELLのデザインはシンプルでおしゃれ!

SWELLはシンプルでおしゃれなデザインのウェブサイトを作りやすいです。

デモサイトもあるのでご覧ください。

他にも下記のようなフルワイドブロックを使い読者の目を引きつけることもできます。

SWELLのFixed Background機能を使ってます。

背景がうごいてみえます。

 ※スマホではこの機能は表示されません。

じゅんた

※是非パソコンから見てください!

SWELLのパララックス機能を使ってます。

背景がゆっくり動いて見えます。

 ※スマホでもこの機能は表示されます。

じゅんた

当サイトのトップページでも使用しています!

このようにSWELLのデザインはシンプルでおしゃれです。

またFixed Backgroundやパララックス効果などを使う事で読者の印象に残るようなデザインを作ることができます。

私はSWELLを使っていますが、SWELLに変えてからデザインを褒められるようになりました。

シンプルでおしゃれなデザインにしたい方はSWELLをチェックしてみてください。

\ 7つのテーマを使った私のおすすめNo1/

専用プラグインで他テーマからの乗り換えも安心♪

JINのデザインはかわいくてポップ!

JINはかわいくPOPなウェブサイトを作りやすいです。

デモサイトは下記の通りです。

下記のようなインパクトのあるアイコンもあります。

JINの個性的なアイコン

このようにJINのはかわいくPOPなデザインのブログを作ることができます。

またアイコンがはっきりしているのでとても見やすいです。

この見やすさは読者のリピートや離脱率に影響するので重要です。

JINはまた訪れたくなるようなわくわくするデザインです。

かわいくてPOPなデザインにしたい方はJINをチェックしてみてください。

\ かわいいデザインのブログに変身 /

SWELLとJINをおすすめする人をそれぞれ紹介!

SWELLとJINをおすすめする人をそれぞれ紹介!

次におすすめの人をそれぞれ紹介します。

SWELLがおすすめの人
JINがおすすめの人
  • 初心者の人
  • 中級者以上で記事を分析し改善したい人
  • ページ表示速度を速くしたい人
  • ブログを早く収益化したい人
  • シンプルでおしゃれなデザインが好きな人
  • かわいくてポップなデザインが好きな人
  • 価格が少しでも安い方が良い人

SWELLがおすすめの人

SWELLがおすすめの人は下記の通りです。

  • 初心者の人
  • 中級者以上で記事を分析し改善したい人
  • ページ表示速度を速くしたい人
  • ブログを早く収益化したい人
  • シンプルでおしゃれなデザインが好きな人

まず初心者であれば迷わずSWELLを選ぶ事をおすすめします。

なぜならSWELLはCSSやHTMLが全く使えなくても、ブログが完成し記事を作れるからです。

また初心者だけではなく中級者から上級者にもおすすめです。

SWELLには広告タグ管理機能やABテスト機能などクリック率を計測・分析する機能も標準搭載しているのでSEO対策にデータを活用することができます。

そしてGoogleの発表している2021年5月のアップデート「Core Web Vitals」ではユーザー体験による行動(離脱率や滞在時間など)が今よりも検索順位に影響すると発表があります。

SWELLは読者への満足度を高める機能や性能を搭載しています。

\ 7つのテーマを使った私のおすすめNo1/

参考記事>>SWELLは評判以上!7つのテーマを使う私の口コミ&レビュー!

JINがおすすめの人

JINがおすすめの人は下記の通りです。

  • かわいくてポップなデザインが好きな人
  • 価格が少しでも安い方が良い人(SWELLよりも2,800円安い)

JINはかわいいデザインが好きな方におすすめです。

もちろんJINも使いやすさや機能はとても良いのですが、SWELLと比較するとおすすめできる人は絞られてしまいます。

使いやすさ機能的にも良いので価格を最も重視されるのであればJINがおすすめです。

\ かわいいデザインのブログに変身 /

SWELLとJINを比較する際に良くある7つの質問

SWELLとJINはアフィリエイトプログラムあるの?

SWELLは購入者限定のアフィリエイトプログラムがあります。

JINはアフィリエイトはやっていません。

WordPressテーマのアフィリエイトプログラムに取組みたいのであればSWELLがおすすめです。

公式サイト>>SWELLアフィリエイトプログラムの詳細はこちら

参考記事>>【実績暴露】SWELLアフィリエイトが稼げる5つの理由と始め方

SWELLとJINはデモサイトの着せ替え機能はあるの?

SWELLもJINもデモサイトへの着せ替え機能はあります。

下記にて詳細をご確認下さい。

参考記事>>SWELLのデモサイト着せ替え方法はこちら

公式サイト>>JINのデモサイト着せ替え方法はこちら

利用者ライセンスに違いはあるの?

SWELLもJINの利用者ライセンスの違いは下記の通りです。

SWELLJIN
ライセンス100%GPLライセンススプリットライセンス
購入者の複数サイト利用
再配布
(購入者以外はアップデート×)
×

SWELLは100%GPLライセンスなので再配布ができます。

そのため、ウェブサイト制作の仕事を請け負ってSWELLで制作して納品したりすることができます。

ただし、アップデートは購入者限定のためアフターメンテナンスまで対応しなければいけません。

SWELLとJINはアダルトサイトは利用できるの?

SWELLは利用制限がないためアダルトサイトでもOKです。

利用者は、本テーマをどのようなジャンルのサイトでも利用できます。

出典:SWELL公式サイト「利用規約」から抜粋

JINは公式上ではアダルトサイトの利用は許可されていません。

アダルトサイトでの利用についてですが、JINのイメージ上の観点から公式上では利用の許可については記載しておりません。

JINをご購入いただいた時点で、ご利用の範囲はユーザー様におまかせしております。

出典:JIN公式サイト「JIN Forum」から抜粋
SWELLとJINはAMP/PWAは使えるの?

SWELLもJINもAMP/PWAは非対応になっています。

実際AMP/PWAは2018年頃はおすすめされていましたが現在は機能やデザインの制約が多く好まれていません。

またWordPressの新エディタ「Gutenberg」とAMPの相性が悪く将来的にも少なくなっていく可能性が高いです。

また今後5Gの普及によりウェブサイトの高速化も進むのでますます不要になると考えます。

テーマの乗り換え(移行)は簡単?

WordPressテーマの移行や乗り換えはデザイン崩れが発生するために修復に時間がかかります。

SWELLの場合は乗り換えサポート用のプラグインがあるため、安心して乗り換えができます。

参考記事>>【移行手順を完全解説】他WordPressテーマからSWELLに乗り換える方法

SWELLとJINに必要なプラグインの違いは?

一番大きいのはSWELLはSEO設定用のプラグインが必用でJINはテーマに内蔵しているため不要です。

これは下記の考え方によって違います。

SWELLはテーマ自体に実装しない理由は「SEOで重要なメタタグがテーマ乗り換え時に影響されてはならないから」という理由でプラグインに任せています。

※開発者の了さんがSWELLに最適なプラグイン「SEO SIMPLE PACK」を準備

JINはプラグインを減らす目的でテーマ自体に実装されています。

他にもテーマによってプラグインの相性が違うため下記の推奨プラグインを確認してみて下さい。

公式サイト>>SWELLの推奨プラグインはこちら

公式サイト>>JINの推奨プラグインはこちら

SWELLとJINの特徴や基本情報を再度確認!

SWELLとJINの特徴や基本情報をまとめましたのでご覧下さい。

SWELLの特徴と基本情報

WordPressテーマ「SWELL」の特徴
商品名SWELL
販売会社LOOS WEB STUDIO
販売価格(税込)¥17,600
発売日2019年3月
複数サイト利用可能
総合評価【4.9】

SWELLは初心者でも使いやすくSEOで検索上位表示しやすい新しいWordPressテーマです。

なぜならSWELLの強みは「ページ表示速度最速」「記事執筆時間が半減する使いやすさ」「収益最大化するためのアフィリエイト分析機能標準搭載」だからです。

表示速度はSEOに影響しますし、検索上位表示するには高品質な記事を書き続けないといけないので、これはめちゃくちゃ重要です。

\ 記事作成時間半減&収益最大化ができる /

専用プラグインで他テーマからの乗り換えも安心♪

参考記事>>SWELLは評判以上!7つのテーマを使う私の口コミ&レビュー!

JINの特徴と基本情報

WordPressテーマ「JIN」の特徴
商品名JIN
販売会社株式会社CrossPiece
販売価格(税込)¥14,800
発売日2018年3月
複数サイト利用可能
総合評価【4.2】

JINは初心者でも使いやすく利用者数が多い大人気のWordPressテーマです。

かわいいアイコンや装飾が多いのでかわいいデザインのブログを作りたい方におすすめです。

\ かわいいデザインのブログに変身 /

参考口コミ>>WordPressのテーマ「JIN」のレビュー!【感想:めちゃくちゃ使いやすいよ!】(やのちblog)

SWELLとJINの比較についてまとめ

まとめ 迷うのであればSWELLがおすすめ

今回の比較結果をまとめます。

比較ポイント優れているテーマ
使いやすさSWELL
機能充実度SWELL
ページ表示速度SWELL
カスタマイズ自由度SWELL
SEO対策引き分け
サポート体制SWELL
価格JIN

以上となります。

SWELLの方がスペック・機能が高いので迷ったのであればSWELLをおすすめします。

特に初心者の方は記事を書くのに時間もかかるため、使いやすいSWELLが良いです。

SWELLはアップデートの頻度も高く、使いやすさを考えた機能が日々追加・進化してます。

またページ表示速度も速いので2021年5月のGoogleコアアップデートCore Web Vitals(ページ表示速度などのユーザー体験をSEOで重視する方針)にも対応しやすいです。

今後も楽しみなWordPressテーマです。

SWELLが気になった方は下記の公式サイトからチェックしてみてください。

\ 7つのテーマを使った私のおすすめNo1 /

参考記事>>SWELLは評判以上!7つのテーマを使う私の口コミ&レビュー!

最後までご覧頂きありがとございます。

何かご不明な点や質問があればお気軽にご連絡下さい。

また記事を読んだ感想なども頂けたらとても嬉しいです!

Twitterでメンション(@jun_sigotofun)付きでツィートして頂ければ私も拡散させて頂きます!

(記事下のシェアボタンを押すと簡単にツイートできます♪)

これからもよろしくお願いいたします。

関連記事>>【失敗なし】SWELLの導入手順を34枚の画像を使って完全解説

関連記事>>SWELLがSEOに強い5つの理由を徹底解説!実際の事例も公開!

関連記事>>禁止!WordPressテーマ「SWELL」の購入特典がない3つの理由

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

読みたいところから読める「目次」
閉じる