当サイト使用のWPテーマ「SWELL」の評判口コミはこちら

間違い注意!どのWordPress有料テーマが使い回し可能?複数サイトで使える理由も解説!

間違い注意!どのWordPress有料テーマが使い回し可能?複数サイトで使える理由も解説!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事は使い回しができるWordPressテーマの種類と実際におすすめの有料テーマを紹介しています!

WordPressテーマの使い回しができるかできないかは大きく分けて3種類あります。

スクロールできます
有料テーマ制限の種類ライセンス形態
制限なく使い回しができる有料テーマ100%GPL
制限があるが使い回しができる有料テーマスプリットライセンス(制作側が複数サイト許可)
使い回しができない有料テーマスプリットライセンス

実は使い回しができるWordPressテーマでも「制限なしの100%GAL」「制限のあるスプリットライセンス」があります。

じゅんた

使い回しができるからといって100%GPLではありません。

ネット上には使い回しができるからといって100%GPLとして紹介している間違った情報が散見されます。

その間違った情報で誤った運用すれば著作権違反になる可能性もあるので注意が必要です。

そこで本記事では19個のWordPressテーマを正確に3つの分類に分けて解説します。

本記事を読めば安心してお得にWordPressテーマを利用する事ができます。

複数サイトで使い回しができるWordPress有料テーマを知りたい方は是非ご覧ください。

読みたいところから読める「目次」

WordPress有料テーマが複数サイトで使い回しできる理由を解説

WordPress有料テーマが複数サイトで使い回しできる理由を解説

WordPressテーマで使い回しができるのは使い回しのはGPLというライセンスを使っているからです。

GPL ライセンスとは、General Public License の略で、GNU GPL と呼ばれ、下記の「4つの自由」を認めるという思想のオープンソースライセンスです。

・どんな目的に対しても、プログラムを望むままに実行する自由

・プログラムがどのように動作しているか研究し、必要に応じて改造する自由

・ほかの人を助けられるよう、コピーを再配布する自由

・改変した版を他に配布する自由

引用:GNU オペレーティング・システム「自由ソフトウェアとは?」から抜粋

そのため100%GPLでできているWordPress有料テーマは複数サイトで使いまわしたり、改造したり、再配布したりすることができるのです。

しかしながらWordPress有料テーマによってはPHPコードのみGPLで、CSSやJavaScript、画像をGPLに準拠していないコードを使用しているものがあります。

このような形態のライセンスのことをスプリットライセンスといいます。

スプリットライセンスの場合は制作者側にも著作権があるので、利用規約などによって使用制限があったり、複数サイトで利用することができなかったりします。

そのためWordPressテーマは使い回しに関して「使い回し可能な100%GPL」「使い回し可能だけど制限のあるスプリットライセンス)」「使い回し不可なスプリットライセンス」の3つに分ける事ができます。

じゅんた

次の章で人気のWordPress有料テーマ19個をこの3パターンに分けてご紹介します!

どのWordPress有料テーマが使い回し可能?人気テーマ19個を3つに分類!

人気のWordPress有料テーマ19個を前の章で解説した3つの「使い回し可能な100%GPL」「使い回し可能だけど制限のあるスプリットライセンス)」「使い回し不可なスプリットライセンス」に分けて下記の表にまとめました。

スクロールできます
使い回し可(100%GPL)〇使い回し可(スプリットラインセンス)×使い回し不可(スプリットラインセンス
SWELLAFFINGER5STORK19
LIQUID PRESSTHE THORSWALLOW
SNOW MONKEY賢威Hummingbird
JINDIVERALBATROS
Lightning ProSANGOINFINITII
Emanonfresco
Nishiki ProLuminous

この中で使い回しができる「100%GPL」と「スプリットライセンス」に関して更に詳しく解説していきます。

使い回しできる「100%GPL」と「スプリットライセンス」の違い

「100%GPL」と「スプリットライセンス」の違いは下記の通りです。

スクロールできます
項目100%GPLの有料テーマスプリットライセンスの有料テーマ
メリット・使い回し、再配布、再販など自由
・アップデート等アフターが手厚い
・価格が比較的に安い
デメリット・価格が比較的に高い・制作者側によって制限がある

それぞれ詳しく解説します。

100%GPLのWordPress有料テーマは無料配布や再販する事も可能

100%GPLのWordPress有料テーマはGPL4つの自由により購入者が無料で配布したりカスタマイズしたり再販することも可能です。

そのため100%GPLの制作者はテーマのアップデート等のアフターサービスを購入者限定にしていることが多いです。

つまり再配布などする場合はアップデートなどのアフターサポートを購入者が管理しないといけないということです。

逆に言えば購入者がアフターサポートをできるのでれば100%GALの有料テーマでのサイト制作等を第三者に提供できます。

注意!使い回しできるスプリットライセンスの有料テーマは制限あり!

スプリットライセンスでも複数サイトで使い回しを許可しているWordPress有料テーマもありますが、注意が必要です。

CSSやJavaScript、画像をGPLに準拠していないコードを使用することでテーマ制作者側で制限をする事ができるからです。

利用規約を必ずチェックしてください。

多くのスプリットライセンスのWordPress有料テーマでは購入者以外への再配布は禁止しています。

実際に人気のWordPress有料テーマ「AFFINGER」では下記のように注意喚起しています。

参考>>AFFINGER公式サイト「サロン及び塾による違法配布について」

スプリットライセンスのWordPress有料テーマを再販して問題になった事例あり

一時期問題になっていましたがスプリットライセンスの有料テーマを再販したことで賠償金を支払う事例もあります。

じゅんた

もし100%GPLの有料テーマだったとしてもカスタマイズやアフターフォローなど何も価値提供せずに再販するのは倫理的に良くないですよね。

使い回しができる有料テーマを紹介している記事の中には複数サイト利用OKというだけでスプリットライセンスの有料テーマを100%GPLとして間違って紹介していることも散見されるので注意が必要です。

WordPress有料テーマがGPL100%かどうか分からない場合は100% GPL チェックリストを活用すると良いです。

複数サイトで使い回しできるWordPress有料テーマを選ぶべき3つの理由

複数サイトで使い回しできるWordPress有料テーマを選ぶべき理由は下記の3点です。

  1. 複数サイト運用する際コストパフォーマンスが良いため
  2. 複数サイト運用する際に使い勝手が変わらず作業が捗るため
  3. 複数サイト運用する際に使用するプラグインも同じもので良く管理しやすいため

上記のように複数サイトを運用する際に有料テーマを買い直す手間やコストがかからないというのはもちろんですが、導入後の管理のしやすさにも影響してきます。

WordPressテーマは使うテーマによって使い勝手が全く違います。

一つのWordPressテーマで複数サイト使う方が効率的で管理もしやすいです。

厳選!複数サイトで使い回しができるオススメのWordPress有料テーマ12選

厳選!複数サイトで使い回しができるオススメのWordPress有料テーマ12選

複数サイトで使い回しができるオススメのWordPress有料テーマを「100%GPLで7つ」「スプリットライセンスで5つ」合計12個をご紹介します。

100%GPLWordPress有料テーマ7選スピリットライセンスWordPress有料テーマ5選
1.SWELL
2.SNOW MONKEY
3.LIQUID PRESS
4.JIN
5.Emanon
6.Nishiki Pro
7.Lightning Pro
1.AFFINGER5
2.THE THOR
3.賢威
4.DIVER
5.SANGO

※クリックするとジャンプします

それぞれ特徴を詳しく解説するので参考にしてみてください。

制限なし!100%GPLで使い回しが出来るWordPress有料テーマ7選

まずは使い回し、再配布など制限なく自由に使える100%GALのWordPress有料テーマを紹介します。

それぞれ解説していきます。

100%GPLおすすめNo1:迷ったらコレ!抜群の使いやすさと機能が充実の「SWELL」

SWELL
スクロールできます
価格税込17,600円
販売LOOS WEB STUDIO
複数サイト100%GPLで使い回し可能
特徴・Gutenberg完全対応で使いやすく記事作成時間が半減!
・SEOに強い!ページ表示速度がNo1!
・充実の標準機能!ABテストや広告タグ管理機能で収益最大化をサポート!

迷ったらSWELLがおすすめです。

Gutenberg完全対応で標準ブロックまで使いやすくカスタマイズされて初心者におすすめ。

機能も充実しておりABテストや広告タグ管理機能まで標準搭載されており上級者でも満足できます。

当サイトもSWELLでおすすめなので下記ボタンから詳細をみて下さい。

\ 迷ったらコレ!充実の機能と使いやすさNo1 /

専用プラグインで他テーマからの乗り換えも安心♪

★参考>>SWELLの評判と本音口コミはこちら

100%GPLおすすめNo2:高度なカスタマイズが可能な「SNOW MONKEY」

SNOW MONKEY
スクロールできます
価格税込16,500円/年間 (サブスクリプションサービス)
※定額課金しなくてもテーマの利用やアップデートはできます。
販売モンキーレンチ
複数サイト100%GPLで使い回し可能
特徴・Gutenberg完全対応で使いやすく記事作成時間が半減!
・高機能で1カラム型のおしゃれなコーポレートサイト向き!
・HTML・CSS・JS・PHPなどを使ったカスタマイズがしやすい!

おすすめNo1のSWELLと似ていますが、こちらは上級者向けのWordPressテーマです。

もちろん標準機能でも充分すぎる機能が搭載され、使い勝手もとても良いです。

特徴としてはカスタマイズを子テーマを使わず専用のプラグイン「My Snow Monkey」を使います。

その結果、子テーマカスタマイズの弱点である親テーマアップデートによるバージョンの剥離を防ぎます。

そしてサブスクリプションサービスなので課金している間はカスタマイズなどのサポートまで対応しています。

個人にはSWELLですが、法人にはSNOW MONKEYがおすすめです。

\ 高度なカスタマイズができる! 法人向けテーマ!/

100%GPLおすすめNo3:コストパフォーマンス最高の「LIQUID PRESS(MAGAZINE)」

LIQUID PRESS
スクロールできます
価格税込9,790円
販売リキッドデザイン株式会社
複数サイト100%GPLで使い回し可能
特徴・Gutenberg完全対応で使いやすく記事作成時間が半減!
・コンテンツ分析機能で文字数やKW出現数、シェア数等を一元管理!
・料金が安くコストパフォーマンス良し!

Gutenberg完全対応で使いやすい。

コンテンツ分析機能まで標準搭載し一目で記事毎の状況を確認できます。

充実の機能に料金が10,000円を切るという最高のコストパフォーマンスです。

気になる方は下記ボタンから詳細を見て下さい。

\ 充実の機能でコストパフォーマンス最高! /

100%GPLおすすめNo4:かわいくてPOPなデザインの「JIN」

スクロールできます
価格税込14,800円
販売株式会社CrossPiece
複数サイト100%GPLで使い回し可能
特徴・個性的かつとても見やすいかわいいPOPなデザイン
・機能性、使いやすさのバランスが良い
・トップアフィリエイター「ひつじさん」が開発

JINはかわいくてPOPなデザインが特徴のWordPressテーマです。

アイコンも種類が多くかわいいものが用意されています。

人気のWordPressテーマなので何か困ったことがあってもネット上の情報がたくさんあります。

かわいくてPOPなデザインがお好みの方は是非詳細を見てください。

かわいくてPOPなデザイン!

★参考>>JINの評判・口コミはこちら

100%GPLおすすめNo5:ビジネスブログに特化した「Emanon PRO」

スクロールできます
価格税込9,800円
販売株式会社イノ・コード
複数サイト100%GPLで使い回し可能
特徴・ビジネスサイトに特化!
・見やすく飽きないシンプルなデザイン!
・独自のメルマガ登録フォームを搭載し見込み客を管理!

ビジネスブログに特化したWordPress有料テーマです。

プラグインなしでサイト訪問者の情報を収集できる機能を搭載しています。

シンプルで上品なビジネスに適したデザインになっているので法人としてサイト構築を考えている方は詳細をご覧ください。

ビジネスブログに特化!シンプルで分かりやすい!

100%GPLおすすめNo6:充実した機能で様々なウェブサイトに対応の「Nishiki Pro」

スクロールできます
価格税込19,580円
販売株式会社AnimaGate
複数サイト100%GPLで使い回し可能
特徴・Gutenberg完全対応!コンテンツをサクサク作成できる!
・充実した機能で様々なウェブサイトに対応!
・HTML/CSS/JavaScript/PHPを使ったカスタマイズも可能!

Gutenberg完全対応でコードを極力書かないでウェブサイトを運営出来るWordPress有料テーマです。

充実した機能で個人ブログからコーポレートサイト、ECサイト、店舗ホームページ等様々なウェブサイトを作れます。

もちろんHTML/CSS/JavaScript/PHPを使ったカスタマイズもしやすいようにアクションフック、フィルターフックが多数用意されています。

詳細は下記ボタンの公式サイトでご覧ください。

充実した機能で様々なウェブサイトに対応!

100%GPLおすすめNo7:ビジネスサイトに特化した「Lightning Pro」

Lightning Pro
スクロールできます
価格税込7,700円/年間 (サブスクリプションサービス)
※定額課金しなくてもテーマの利用はできます。アップデートはできません。
販売株式会社ベクトル
複数サイト100%GPLで使い回し可能
特徴・ビジネスサイトに特化!
・見やすく飽きないシンプルなデザイン!
・問い合わせが目立つ独自のウィジェット!

ビジネスに特化したWordPress有料テーマです。

安いですがサブスクリプションなので注意してください。

画面右上に問い合わせ用の電話番号等を見せるウィジェットもあり行動率アップにつながります。

ビジネスに特化!シンプルで分かりやすい!

制限あり!スピリットライセンスで使い回しが出来るWordPress有料テーマ5選

次に再配布禁止などの制限はあるが、個人の使い回しができるスプリットライセンスのWordPress有料テーマを紹介します。

それぞれ詳しく解説します。

スピリットライセンスおすすめNo1:実績豊富!設定の自由度No1の「AFFINGER5」

AFFINGER5
スクロールできます
価格税込14,800円
販売株式会社オンスピード
複数サイトスプリットライセンスで購入者のみ使い回し可能。※配布や再販は禁止(利用規約要確認)
特徴・細かい設定ができ自由度No1!
・有名ブロガー、アフィリエイターも使用の豊富な実績!
・専用プラグインの機能拡大で細かな機能追加あり!

機能が充実しており豊富な実績と設定の自由度が高い人気のWordPress有料テーマです。

スプリットライセンスですが、購入者個人の範囲内での使い回しは許可されています。

気になる方は下記のボタンから詳細をチェックしてみて下さい。

\ 豊富な実績!設定の自由度No1! /

★参考>>AFFINGER5の評判・評判はこちら

スピリットライセンスおすすめNo2:最新の機能を搭載!集客・収益にこだわった「THE THOR」

スクロールできます
価格税込16,280円
販売フィット株式会社
複数サイトスプリットライセンスで購入者のみ使い回し可能。※配布や再販は禁止(利用規約要確認)
特徴・AMP・PWA等の最新技術を搭載
・記事や広告を読者に印象づけしやすいインパクトのあるデザイン
・「アフィリエイト分析機能」も標準搭載

「AMP・PWA」「Gzip 圧縮・ブラウザキャッシュ」「画像遅延読み込み・CSS非同期読み込み」など最新技術を搭載。

こちらもスプリットライセンスですが、個人の範囲内での使い回しは許可されています。

気になる方は下記のボタンからチェックしてみて下さい。

\ 高機能で美しいデザイン!集客・収益にこだわったテーマ! /

★参考>>THE THORの口コミ・評判はこちら

スピリットライセンスおすすめNo3:ウェブライダーのノウハウ凝縮!大ロングセラーの「賢威」

スクロールできます
価格税込27,280円
販売ウェブライダー
複数サイトスプリットライセンスで購入者のみ使い回し可能。※配布や再販は禁止(利用規約要確認)
特徴・SEO対策のコンサルや書籍を出しているウェブライダーが開発!
・27,000人以上のユーザーが利用する豊富な実績
・充実した機能!

27,000人以上のユーザーが選んだ大ロングセラーのWordPress有料テーマです。

開発のウェブライダーは「沈黙のWebライティング」「沈黙のWebマーケティング」等の有名な書籍を出しているのでご存じの方も多いかと思います。

そのウェブライダーのノウハウがつまった有料テーマです。

こちらもスプリットライセンスですが、個人の範囲内での使い回しは許可されています。

気になる方は下記のボタンからチェックしてみて下さい。

\ ウェブライダーのノウハウ凝縮!大ロングセラーのテーマ!/

スピリットライセンスおすすめNo4:細やかな設定が可能!思い通りのサイトが作れる「DIVER」

スクロールできます
価格税込17,980円
販売高木貴人
複数サイトスプリットライセンスで購入者のみ使い回し可能。※配布や再販は禁止(利用規約要確認)
特徴・設定項目が多く細やかなサイト作りができる!
・入力補助機能でかんたんに記事装飾ができる!
・カスタマイズまでアドバイスがもらえるメールサポートあり!

DIVERは中級者以上におすすめのWordPress有料テーマです。

細やかな設定ができカスタマイズのサポートもあり自由自在のサイト作りができます。

また記事作成の時は入力補助機能でかんたんに記事装飾もできます。

初心者の場合、最初の設定で時間がかかりますが、こだわりのある方にもおすすめ。

気になる方は是非詳細を見てください。

\ 高機能で美しいデザイン /

スピリットライセンスおすすめNo5:心地よいマテリアルデザインの「SANGO」

SANGO
スクロールできます
価格税込11,000円
販売サルカワ
複数サイトスプリットライセンスで購入者のみ使い回し可能。※配布や再販は禁止
特徴・心地よいマテリアルデザイン
・ページ表示速度が速い
・値段がお手軽

トップブロガー「マクリンさん」が使用。(マクリンさんはSWELLも使用)

マテリアルデザインで優しい印象のブログが作れます。

価格が安いので費用を抑えたい方におすすめです。

\ コスパ良し!心地よいデザインのSANGO /

迷ったらコレ!一番おすすめの使い回しができる有料テーマは「SWELL」

SWELL

使い回しができる有料テーマで一番のおすすめはSWELLです。

なぜならGPL100%で使い回しに制限がなくWordPressテーマで重要な使いやすさ機能充実度が他と比較しても優秀だからです。

クライアントからサイト制作を請け負ってSWELLを使って納品などもできてしまいます。

(アップデートなどのアフターフォローは購入者自身が行う必要があります。)

また使いやすさが抜群なのでサイトや記事作成を時短できるので複数サイト運営する時間がない方にもおすすめです。

今回12個のWordPress有料テーマを紹介しましたがダントツでおすすめなので下記ボタンから詳細を見てください。

\ 迷ったらコレ!充実の機能と使いやすさNo1 /

専用プラグインで他テーマからの乗り換えも安心♪

★参考>>SWELLの評判と本音口コミはこちら

良くある3つの質問

なぜWordPressはGPLを採用しているの?

自由なGPLを採用することでWordPressの開発がしやすくなり、

現在WordPressが多くの人に使われているのは自由なGPLで開発が盛んに行われているのも一つの理由です。

この記事に書いてないWordPress有料テーマが100%GPLであるか調べる方法はあるの?

GPL100%かどうか確認したい方は100% GPL チェックリストを活用ください。

始めてWordPress有料テーマを購入します。
サイトも1つしか運営してないけど、使い回しができる有料テーマ良いの?

使い回しができる有料テーマを選ぶ事をおすすめします。

特にブログアフィリエイトで収益を得ようと考えている方は新しいサイトを作る可能性も高いです。

なぜなら一つ目のサイトで上手くいく可能性は決して高くないからです。

新しいジャンルで一からやり直す際に有料テーマの費用が節約できます。

まとめ

まとめ

最後にまとめです。

まず人気のWordPress有料テーマを3つに分けると下記のようになります。

スプリットライセンスでも使い回しができるものはありますが、制限があるものがほとんどなので注意が必要です。

必ず利用規約を確認してください。

スクロールできます
使い回し可(100%GPL)〇使い回し可(スプリットラインセンス)×使い回し不可(スプリットラインセンス
SWELLAFFINGER5STORK19
LIQUID PRESSTHE THORSWALLOW
SNOW MONKEY賢威Hummingbird
JINDIVERALBATROS
Lightning ProSANGOINFINITII
Emanonfresco
Nishiki ProLuminous

そしてこの中で一番おすすめのWordPress有料テーマはSWELLです。

当サイトもSWELLを使っておりとてもおすすめです。

使い回しできるWordPress有料テーマを探している方は是非参考にしてみてください。

\ 迷ったらコレ!充実の機能と使いやすさNo1 /

専用プラグインで他テーマからの乗り換えも安心♪

★参考>>SWELLの評判と本音口コミはこちら

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

読みたいところから読める「目次」
閉じる