当サイトには広告が含まれています。

当サイトではサイト運営費捻出のため、広告を掲載しています。消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮してコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。万が一、不適切な表現など見つけられましたら、お問合せフォームからご連絡頂けると幸いです。

ブログに最適なWordPressテーマを厳選|11の有料&無料テーマを使った結果

ブログに最適なWordPressテーマを厳選|11の有料&無料テーマを使った結果

ブログを始めてみたけど、どのテーマを選べばいいのか分からない
ブログに最適なWordPressテーマは何?

このような疑問をお持ちではありませんか?

確かにWordPressテーマは無料のものから高額なものまであり、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

じゅんた

結論、ブログ向けのテーマはが最適

なぜなら、ブログを書くために便利な機能が豊富で、記事を書くのが楽しくなるから

SWELLなら、マーカーやアイコンなどの文字装飾はもちろん、Q&Aやふきだしなどオリジナルブロックを使って、リッチな記事を簡単に書けます

この記事では、11の有料&無料テーマを使ってきた私が、ブログに最適なWordPressテーマを選ぶポイントを解説。

記事を読めば、あなたにぴったりのWordPressテーマが見つかるはずです!

>>おすすめのWordPressテーマ総合比較はこちら

記事制作が簡単にデザインがおしゃれに!
最新のSEO対策に対応のWordPressテーマ

\9つの有料テーマを使っておすすめNo1/

リンク先

>>SWELLの評判&レビュー記事はこちら

この記事の監修者
じゅんたプロフィールアイコン200
じゅんた

ブログで月約50万円稼いでいる経験からブログ運営の情報を発信中

✔2サイト運営|2020年6月にブログ開始、2021年9月に2サイト目開設
✔370名が参加するブログデザイン集を運営|7つの有料テーマの使い手
SEO検定3級保有

>>詳細プロフィールを見る

クリックして読める「目次」

ブログに最適なWordPressテーマの選ぶポイント7つ

ブログに最適なWordPressテーマの選ぶポイント7つ

ブログに最適なWordPressテーマを選ぶポイントは以下の7つです。

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

記事がメインで構成できるWordPressテーマ

WordPressテーマを選ぶ時は、ブログ向けに開発されたテーマを選ぶことが大切です。

ブログ向けのテーマとは記事が主役になっているテーマのこと。

例えば、企業サイト向けのテーマはトップページやLPなどの機能が主役に、ポートフォリオサイト向きのテーマは、画像の見せ方などが主役になっていることが多いです。

文章や表、図解などが主役になるブログでは、記事が書きやすく、読みやすいテーマが向いているとい言えます。

文字装飾やスタイル、アイコンなど見せ方が多彩なWordPressテーマ

ブロックエディターで使える文字装飾やスタイル、アイコンなどはテーマによって異なります

ある程度の装飾ならWordPress標準のものでも表現できますが、基本的にシンプル過ぎて、こだわりたい人には少し物足りないです。

例えばこんな風に、文章を目立たせる装飾はテーマ特有の機能です。※テーマによってデザインは異なります。

実際に気になったテーマの公式サイトや、サイト事例を見て、装飾の種類やデザインをチェックしておきましょう。

トップページをカスタマイズできるWordPressテーマ

トップページのカスタマイズしやすさも重要なポイントです。

トップページの目的はサイトの種類によって異なりますが、ブログのトップページは主に、ブログ全体の目次の役割を持っています。

例えば最近では、記事を新着順に並べるだけのブログ型トップページよりも、サイト型トップページが人気です。

SWELLなら、HTMLやCSSの知識がなくても簡単におしゃれなサイト型トップページが作れますよ。

記事が書きやすいエディタを搭載しているWordPressテーマ

WordPressは、テーマによって記事の書きやすさが違います

WordPressではブロックエディターを使いますが、テーマによって使えるブロック数や、カスタマイズの自由度が異なるからです。

オリジナルの装飾ブロックはもちろん、テーマによってはWordPress標準ブロックも細かいところまで手が届くようになります。

たとえば、テーブル設定をSWELLとWordPress標準で比較してみましょう。

SWELLのほうが標準ブロックも細かく設定できる
SWELLのほうが標準ブロックも細かく設定できる

SWELLなど、ブロックの数やカスタマイズが多いWordPressテーマを使えば、スラスラと書きたい記事が書けるようになりますよ。

SEO対策ができるWordPressテーマ

WordPressテーマ選びにおいて、SEOに有利な機能がどれぐらい網羅されているかは、ぜひチェックしておきたい項目です。

SEOに有利な機能とは、以下のような機能のことを言います。

  • ページ表示速度の高速化
  • 構造化データへの対応
  • メタタグの設定
  • 著者ページのカスタマイズによるE-A-T対策

特にページの表示・読み込み速度は重要で、Google自身も公言しています。

参考:ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します |  Google Developers

SEOに強いWordPressテーマや、各テーマのページ表示速度については、下記の記事で詳しく解説しているのでぜひ読んでみてください。

スマホでも見やすいレスポンシブルデザインのWordPressテーマ

総務省が2019年に行った調査によると、端末別のインターネット利用率はスマホが63.3%、パソコンが50.4%と、スマホの方が多くなっています。

スマホでネットを見る人のほうが多い現代、スマホで見やすいレスポンシブルデザインのブログテーマを選ぶことは当たり前と言えるでしょう。

レスポンシブルデザインとは、閲覧するデバイスの解像度(画面の横幅や縦幅)によって自動調整されるデザインのこと。

例えば、パソコンのブラウザでは2カラムで表示され、スマホやタブレットでは自動的に1カラムに調整されるようなデザインです。

レスポンシブルデザインなら、どのデバイスからも見やすいブログに
レスポンシブルデザインなら、どのデバイスからも見やすいブログに

WordPressテーマを選ぶ時は、デモサイトなどを必ずスマホ画面でチェックするようにしましょう。

ブログ向けの機能を搭載しているWordPressテーマ

ブログ向けの機能が搭載されたWordPressテーマを使えば、記事がさらに書きやすく、伝えやすくなります。

ブログ向けの機能とは、例えば以下のような機能です。

  • 目次
  • ふきだし
  • FAQ
  • ステップ図
  • ランキング
じゅんた

SWELLでは、ふきだしはこのように表示されます。この記事の後半でFAQ機能も使用しているので、ぜひチェックしてみてください。

テーマによって種類や数、デザインなどが異なるので、好みの機能を比較して選ぶのも良いでしょう。

ブログ向けWordPressテーマ7選

ブログ向けWordPressテーマ7選

ブログ向けテーマのポイントを抑えた、おすすめテーマを7つご紹介します。

1位:SWELL(有料テーマ)

価格17,600円(税込)
トップページカスタマイズ
記事の書きやすさ
(5.0 / 5.0)
SEO対策
(5.0 / 5.0)
レスポンシブルデザイン
ブログ向け機能

SWELLは当サイト人気No.1のブログ向けWordPressテーマです。

ブロックエディターに完全対応しており、オリジナルの装飾やブログ向け機能はもちろん、テーブルやリストなどWordPress基本ブロックのカスタマイズも充実しています。

記事や固定ページはもちろん、トップページや著者ページまでブロックエディタでカスタマイズできるのもポイント。

HTMLやCSSの知識が無くても、SWELLなら簡単にオシャレなブログが作成できます。

\9つの有料テーマを使っておすすめNo1/

2位:SANGO(有料テーマ)

価格14,800円(税込)
トップページカスタマイズ
記事の書きやすさ
(4.5 / 5.0)
SEO対策
(5.0 / 5.0)
レスポンシブルデザイン
ブログ向け機能

SANGOは国内最多のブロック数が特徴のWordPressテーマです。

ユーザーが自由にオリジナルブロック投稿できるパターンライブラリ「SANGO Land」と連携することで、なんと450種類以上ものカスタムブロックをコピー&ペーストで利用できます。

トップページで使えるおしゃれなブロックから、マップブロックやアイコンブロックなど記事に使えるものまで幅広く利用できる点もポイントです。

とにかくデザインにこだわりたい人、カスタマイズが好きな人におすすめ。

3位:AFFINGER6(有料テーマ)

価格14,800円(税込)
トップページカスタマイズ
記事の書きやすさ
(4.0 / 5.0)
SEO対策
(5.0 / 5.0)
レスポンシブルデザイン
ブログ向け機能

AFFINGER6はアフィリエイター向けに開発されたWordPressテーマです。

アフィリエイトサイトやブログに特化した機能が多数盛り込まれているのが特徴。

たとえば、広告タグの一括管理やABテストなどが簡単にできます。※別途有料プラグインが必要です。

設定項目が豊富でカスタマイズ性が高く、かなり細かいところまで自由にカスタマイズできるので、本気で稼ぎたい上級者の人におすすめ。

4位:STORK19(有料テーマ)

価格11,000円(税込)
トップページカスタマイズ
記事の書きやすさ
(4.0 / 5.0)
SEO対策
(5.0 / 5.0)
レスポンシブルデザイン
ブログ向け機能

STORK19は「究極のモバイルファースト」がコンセプトのWordPressテーマです。

レスポンシブルデザインで作られていることはもちろん、スマホでの読みやすさにこだわり抜いた設計が随所に見られます。

設定項目があまり多くないため、すぐにブログを始めたい初心者の人におすすめです。

きせかえ用のカスタマイズ設定ファイルが公開されているので、細かい設定が必要なく、適用すればすぐにオシャレなブログが完成しますよ。

5位:JIN:R(有料テーマ)

価格19,800円(税込)
トップページカスタマイズ
記事の書きやすさ
(4.0 / 5.0)
SEO対策
(5.0 / 5.0)
レスポンシブルデザイン
ブログ向け機能

JIN:Rは「誰でも直感的にWEBデザインできるツール」を目指したWordPressテーマです。

1クリックで適用できるデザインプリセットが多数用意されているので、購入してすぐにオシャレなブログデザインを試せます。

使いやすさ抜群のオリジナルブロックやテンプレートパーツも豊富に盛り込まれているので、誰でも直感的に、美しいデザインの記事を書くことが可能です。

記事のデザインや見た目にこだわりたい人におすすめ。

6位:Cocoon(無料テーマ)

価格無料
トップページカスタマイズ
記事の書きやすさ
(3.5 / 5.0)
SEO対策
(5.0 / 5.0)
レスポンシブルデザイン
ブログ向け機能

Cocoonは「無料テーマならCocoon一択」と言われるほどの人気を誇る無料WordPressテーマです。

シンプルなデザインと、有料テーマ顔負けの高機能が特徴。

無料テーマで利用者が多いため、ネット上で情報が得やすいのもメリットです。

あまりブログのデザインにこだわらない人や、テーマにお金を掛けたくない人におすすめ。

7位:DIVER(有料テーマ)

価格17,980円(税込)
トップページカスタマイズ
記事の書きやすさ
(3.5 / 5.0)
SEO対策
(5.0 / 5.0)
レスポンシブルデザイン
ブログ向け機能

DIVERはアフィリエイトに最適化されたWordpressテーマです。

クラシックエディターの時代から開発されてきたテーマで、テキストエディターやビジュアルエディターでの記事作成がしやすいのが特徴。

もちろん、ブロックエディター(Gutenberg)にも対応しています。

ブログに一番最適なWordPressテーマはSWELL

ブログに一番最適なWordPressテーマはSWELL

11の有料&無料テーマを使ってきた私が考える、ブログに一番最適なテーマはSWELLです。

一番の理由は、記事の書きやすさにあります。

SWELLは文字装飾やスタイルが豊富なことはもちろん、WordPressのコアブロック(基本ブロック)まで使いやすく、記事を書くのが楽しくなります

ブログで稼ぐには継続が大事なので、記事を書くことが楽しくなれば、今よりもっと楽に稼げるはずです。

実際私も、SWELLを使い始めてから記事を書くスピードがぐんと上がりました。

SWELLで快適なブログ生活を始めてみませんか?

記事制作が簡単にデザインがおしゃれに!
最新のSEO対策に対応のWordPressテーマ

\9つの有料テーマを使っておすすめNo1/

リンク先

>>SWELLの評判&レビュー記事はこちら

有名ブロガーが使っているWordPressテーマ

有名ブロガーが使っているWordPressテーマ

ブログテーマ別に、有名ブロガーのブログをご紹介します。どんな雰囲気のブログになるのか、イメージの参考にしてみてください。

SWELLを使っている有名ブロガー

ガジェット系ブロガーとして有名なマクリンさん(@maku_ring)が運営するコワーキングスペース「Ray Terrace」はSWELLで作られたサイトです。

また、マクリンさん(@maku_ring)&サンツォさん(@UNDERCOVER_ing)共同運営の「マクサン」も、SWELLで作られています。

\9つの有料テーマを使っておすすめNo1/

SANGOを使っている有名ブロガー

マクリンさん(@maku_ring)のガジェット系ブログ「マクリン」はSANGOで作られています。

ブログで累計2億円を達成した凄腕ブロガーであるクニトミさん(@kunitomi1222)の「副業コンパス」もSANGOで作られたブログです。

AFFINGER6を使っている有名ブロガー

Tsuzuki Blog
Tsuzuki Blog

ブログラボ代表Tsuzukiさん(@1276tsuzuki)のブログ「Tsuzuki Blog」はAFFINGER6で作られています。

STORK19を使っている有名ブロガー

ヨッセンス
ヨッセンス

「ブログ術大全」を出版されたヨスさん(@yossense)のブログ「ヨッセンス」はSTORK19を使って作られています。

JIN:Rを使っている有名ブロガー

「ゆる副業のはじめかた」や「凡人くんの人生革命」などの著書を出版されたヒトデさん(@hitodeblog)のブログ「hitodeblog(ヒトデブログ)」はJIN:Rで作られています。

また、「100記事講座」で有名なクロネさん(@kuroneblog)のブログ「クロネのブログ講座」もJIN:Rで作られたブログです。

DIVERを使っている有名ブロガー

リベラルアーツ大学
リベラルアーツ大学

ベストセラー本「本当の自由を手に入れる お金の大学」を執筆された両学長(@freelife_blog)のブログ「リベラルアーツ大学」はDIVERで作られています。

ブログ向けWordPressテーマの比較

ブログ向けWordPressテーマの比較

本記事でご紹介した、おすすめテーマ7つを今一度おさらいしておきましょう。

スクロールできます
テーマ価格(税込)記事の書きやすさSEO対策トップページレスポンシブルブログ向け機能
SWELL17,600円
(5.0 / 5.0)
(5.0 / 5.0)
カスタマイズ可
SANGO14,800円
(4.5 / 5.0)
(5.0 / 5.0)
カスタマイズ可
AFFINGER614,800円
(4.0 / 5.0)
(5.0 / 5.0)
カスタマイズ可
STORK1911,000円
(4.0 / 5.0)
(5.0 / 5.0)
カスタマイズ可
JIN:R19,800円
(4.0 / 5.0)
(5.0 / 5.0)
カスタマイズ可
Cocoon無料
(3.5 / 5.0)
(5.0 / 5.0)
カスタマイズ可
DIVER17,980円
(4.0 / 5.0)
(5.0 / 5.0)
カスタマイズ可

どれもブログ向きに作られているだけあって優秀なテーマですが、一番おすすめはSWELLです。記事の書きやすさが違います!

ブログには無料ではなく有料テーマを使った方が良い理由

ブログには無料ではなく有料テーマを使った方が良い理由

Cocoonなど、ブログテーマには無料で高機能なものもありますが、有料テーマを断然おすすめします。

じゅんた

私自身もさまざまなテーマを使ってきましたが、最初からSWELLにしておけば…と後悔しています。

まず第一に、アップデートの問題です。無料テーマはお客さんからお金をもらっていないので、いつ更新が止まってもおかしくありません。

有料テーマもアップデートが止まらないとは限りませんが、金銭のやり取りが発生している分、可能性は低いです。

WordPressは日々アップデートされ、新機能が追加されたり、コア部分に変更が加えられたりしています。

テーマをアップデートしないと、表記が崩れたり、最悪ブログが表示されなくなる可能性もあるので、アップデート頻度が高い有料テーマを選びましょう。

次に、テーマの移行が面倒くさい問題です。これは有料テーマから他の有料テーマに乗り換えるときにも言えます。

テーマによってブロックのHTMLやCSSが異なるだけでなく、テーマ特有のオリジナルブロックは他のテーマで使えなくなるので、大量の修正作業が発生します

最初からSWELLにしておけばこんな無駄な修正作業は発生しなかったので、みなさんには最初からSWELLを使ってほしいです。

ブログに向かないWordPressテーマ

ブログに向かないWordPressテーマ

ブログに向かないWordPressテーマは、企業向けやECサイト、店舗・クリニックHP向けのテーマです。

これらは企業やお店に集客することが目的なので、ブログを書くのに便利な機能が少なく、見た目は良くてもブログには向いていません

また、WordPress標準のテーマや、テーマ検索で表示されるテーマもブログ向きではありません。英語圏のサイト向きに作られているものがほとんどだからです。

WordPressのテーマ検索
WordPressのテーマ検索

見た目は良くてもブログ記事が書きにくかったり、日本語に対応していないテーマは避けましょう。

ブログ向けのWordPressテーマに関するよくある質問

ブログ向けのWordPressテーマに関するよくある質問

WordPressテーマについての質問をまとめました。

ブログ初心者におすすめのWordPressテーマはどれが良いですか?

ブログ初心者にはSWELLがおすすめです。

SWELLはページの表示速度が高速でカスタマイズ性が高く、SEO対策もバッチリ。

ブロックエディターで直感的に記事を作成できるので、ブログ初心者でも簡単にキレイな記事が書けますよ。

無料テーマでもブログは作れますか?

無料テーマでも作れますが、できれば最初から有料テーマをおすすめします

なぜなら、有料テーマのほうが機能が豊富でデザイン性もよく、記事も書きやすいからです。

また、あとから有料テーマに移行すると使えないブロックがあったり、記事のデザインが崩れてしまったり、面倒な作業が多くなります。

憧れのブロガーのWordPressテーマでも大丈夫でしょうか?

本当に実績のあるブロガー(ブログや収益を公開している人)なら良いと思います。

ただし、稼いでいるブロガーさんの中には「昔から使ってるから」という理由だけで古いテーマを使っている人もいるので、しっかりと調べてからにしましょう。

もし迷っているなら、マクリンさんやサンツォさんも使用しているSWELLがおすすめです。

まとめ:SWELLならブログを書きやすく続けやすい!

まとめ:SWELLならブログを書きやすく続けやすい!

ブログは継続して記事を書くことが大切です。WordPressテーマを選ぶ時は、ブログ記事が書きやすい、ブログ向けのテーマを選びましょう

じゅんた

ブログに最適なテーマはです。

SWELLなら、ブログを書くために必要な機能は全部揃っています。ページ表示速度も速く、SEOにも強いテーマです。

ブログ向きのテーマをお探しの方は、ぜひSWELLをチェックしてみてください。

記事制作が簡単にデザインがおしゃれに!
最新のSEO対策に対応のWordPressテーマ

\9つの有料テーマを使っておすすめNo1/

リンク先

>>SWELLの評判&レビュー記事はこちら

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

クリックして読める「目次」