当サイト使用のWPテーマ「SWELL」の評判口コミはこちら

公式案内に+α│SWELLに必須&便利なプラグイン16個を解説!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
じゅんた

本記事ではSWELLを導入時におすすめなプラグインをご紹介!
初心者のためにもSWELL公式サイトの推奨プラグイン+α追加で詳しく解説します!

本記事の内容
  • SWELLに必須のプラグイン
  • ブログ運営で便利なプラグイン
  • ページ表示速度爆速の有料プラグイン
  • SWELLに不要なプラグイン
  • SWELLで削除推奨のプラグイン
  • プラグインの導入方法

WordPressを使ったブログ運営で必須となるプラグイン

しかしながらWordPressテーマによっては不具合が起こったり機能が被って不必要なプラグインがあります。

またプラグインは多いとページ表示速度も遅くなるのでできれば少ない方が良いです。

しかしながら新しいWordPressテーマを導入する際には何が最適なプラグインか分かりません。

そこで本記事ではSWELLを2020年7月から使っている私が公式サイトにはない情報まで詳しく解説。

本記事を読むと迷うことなくプラグインを導入する事ができます。

SWELLのプラグインで悩んでいる方は最後までご覧下さい。

購入を検討中の方はこちらをご覧下さい! /

この記事を書いた人

じゅんた
@jun_sigotofun

じゅんたプロフィールアイコン200

✔副業ブロガー
  2サイト運営 別サイトは精鋭ライター3名とチームで運営
  全日本SEO協会「SEO検定3級」保有
  従業員2,500人の商社15年勤務(優秀社員表彰3回受賞)

✔250人参加のブログデザイン集運営
  >>250事例以上のブログデザイン集はこちら

✔著名人への取材等アクティブに活動
  >>SWELLを使うトップブロガーへの取材記事はこちら
  トップブロガーなかじさんが運営のウェブ職TV出演

読みたいところから読める「目次」

SWELLに必須のプラグイン10個をご紹介

スクロールできます
SWELLに必須のプラグイン機能必須度公式案内
SEO SIMPLE PACKSEO対策必須あり
Akismet Anti-Spamスパム対策必須なし
Broken Link Checkerリンクエラー対策必須なし
XML Sitemapsサイトマップ必須あり
PuSHPressインデックス必須なし
UpdraftPlus(BackWPup)バックアップ必須あり
Wordfence Securityセキュリティー必須あり
WP Multibyte Patch日本語修正必須あり
WP Revisions Controlリビジョン制限必須あり
Contact Form by WPForms問い合わせフォーム必須あり

SWELLで必須のプラグインは上記の通りです。

これだけあれば問題なくサイト運営できます。

それぞれ解説していきます。

SEO SIMPLE PACK

「SEO SIMPLE PACK」はSWELL開発者の了さんがリリースしている公式SEOプラグイン。

SWELLに最適なSEO設定ができるのでSWELLを使う方は必須です。

メタディスクリプションやindex、noindexの設定、タイトルタグ、og:image、canonicalタグ、メタキーワードを設定・出力できます。

有名な「All in One SEO Pack」でも良いですが機能が被っていたりするので設定に注意が必要です。

Akismet Anti-Spam

「Akismet Anti-Spam」はスパム対策のプラグイン。

スパムコメントを全て個別に対処すると大変なので導入しておいた方が良いです。

このプラグインはWordPressをインストールしたときに最初からインストールされていることが多いです。

Broken Link Checker

「Broken Link Checker」はリンクエラーを教えてくれるプラグイン。

特に外部リンクの場合、リンク先のページが削除されていても気づかないので必須です。

GoogleのJohn Mueller氏は「無効なURLで起こる404は、形はどうであれホームぺージのインデックスやランキングに悪い影響を与えない」と発表しているので、リンクエラーはSEOに悪い影響はないです。

ただしリンクエラーを放置しておくと読者のユーザビリティが悪くなります。

また必要な外部リンクはSEOで良い影響があるため、リンクエラーを放置せずに対処すべきなので導入必須のプラグインです。

「XML Sitemaps」は検索エンジン向けのサイトマップを自動作成するプラグイン。

Google XML Sitemapsから名称変更されているのでご注意下さい。

正しいサイト構造を検索エンジンに伝えることはSEOでとても重要なので必須です。

WordPress5.5からコア機能でもサイトマップは出力できるようになりましたが、機能が不十分です。

プラグインが不要になるので便利になるように思えたのですが、「サイトマップを生成する」だけというきわめて基本的な能力しか備えていません。
たとえば、次の 2 点はかなり致命的です。

・すべての公開 URL をサイトマップに登録する(登録する URL を選択できない)

・lastmod を追加しない(更新日時を検索エンジンに通知できない)

出典:海外SEO情報ブログWordPress のコア XML サイトマップ機能から抜粋

「XML Sitemaps」はとても軽いプラグインなので導入必須のプラグインです。

WordPressのコアサイトマップは下記の通りSWELL設定で停止できるので停止しておきましょう。

SWELL設定
コアのサイトマップ機能を停止する

PuSHPress

「PuSHPress」は記事更新した時に瞬時に検索エンジンにインデックスするプラグイン。

自分の投稿記事が他社にコピーされて先にインデックスされてしまうのを防ぐためにも必須です。

UpdraftPlus(BackWPup)

「UpdraftPlus」「BackWPup」はバックアップするためのプラグイン。

どちらも人気のプラグインです。

BackWPup
バックアップ系のプラグイン。

なんでもいいですが、私はいつもこれを使ってます。

出典:SWELL公式サイト|プラグインから抜粋

SWELLの公式サイトでは「BackWPup」を紹介されていますが、私は「UpdraftPlus」を使っています。

なぜなら「UpdraftPlus」が使いやすいからです。

公式では何でも良いと書いてますが違いは下記の通り。

  • UpdraftPlus:設定が簡単だが自動バックアップのタイミングを指定できない。
  • BackWPup:自動バックアップの設定は出来るが設定が難しい。

参考>>バックアッププラグイン「BackWPup」と「UpdraftPlus Backup」の違い|Fantastech

基本的にはUpdraftPlusの方が簡単で優秀なのでUpdraftPlusがおすすめです。

Wordfence Security

「Wordfence Security」はセキュリティー対策用のプラグイン。

不正ログインや不正な攻撃から守るために必須です。(reCaptcha v3も導入可能)

人気のセキュリティープラグイン「SiteGuard WP Plugin」はSWELLと相性が悪く不具合が発生しているので「Wordfence Security」がおすすめです。

「Wordfence Security」も導入するだけでOKという簡単で人気のプラグインです。

WP Multibyte Patch

「WP Multibyte Patch」は文字化け防止プラグイン。

WordPressで日本語利用時の言語修正やバグ修正をしてくれるため導入必須です。

WP Revisions Control

「WP Revisions Control」はブログのリビジョンを管理するプラグイン。

このプラグインがないと更新履歴が増つづけてしまう事を防げるので導入必須です。

ただし後ほどご紹介する高速化有料プラグイン「WC ROCKET」を導入する場合は不要です。

「WP ROCKET」にリビジョン管理の機能が搭載されているからです。

私も当初はこの「WP Revisions Control」を使っていましたが、高速化のために「WP ROCKET」を導入時に削除しました。

Contact Form by WPForms

「Contact Form by WPForms」は問い合わせフォームを作成するプラグイン。

SWELLには問い合わせフォームが標準搭載されていないので導入必須です。

ブログ運営に便利なプラグインを4つご紹介

スクロールできます
ブログ運営に便利なプラグイン機能必須度公式案内
Useful Blocksブロック追加便利あり
Pochippアフィリンク管理便利あり
EWWW Image Optimizer画像圧縮便利なし
Flying Scripts by WP Speed MattersJavaScript管理便利なし

次に必須ではないですが、導入すると便利なプラグインをご紹介します。

私個人的には全ておすすめです。

それぞれ解説するのでよかったら検討してみて下さい!

Useful Blocks

「Useful Blocks」はおしゃれでかわいいブロックを追加できるプラグイン。

ブログデザイナーのぽんひろさんとSWELL開発者了さんの共同開発。

比較表やCVボックス、アイコンボックス、棒グラフ、評価グラフ等の様々なブロックが用意されています。

Useful Blocksを使うと視覚的に読者に分かりやすい記事になるのでおすすめ。

私も多用しています。

無料と有料のPRO版(税込1,200円の買い切り)があるので気になる方は下記公式サイトからチェックしてみて下さい。

>>Useful Blocksの公式サイトはこちら

Pochipp

「Pochipp」はAmazonや楽天市場、Yahooショッピングなどのアフィリエイトリンクを管理できるプラグイン。

SWELL開発者の了さんもブロック周りの開発支援をしているようです。

下記図のようにおしゃれで見やすいアフィリエイトリンク集を作成できます。

Pochipp表示画面
出展:Pochipp公式サイトから引用

価格の表示・非表示などの細かい設定やPochipp-AssistでAPIが不要だったりと便利なのでおすすめです。

>>Pochipp公式サイトはこちら

EWWW Image Optimizer

「EWWW Image Optimizer」は画像圧縮、最適化のプラグイン。

Googleの重要指標であるコアウェブバイタル対策として使えるのでおすすめです。

今後、ページ表示速度の検索アルゴリズムでの重要度が高まります。

画像圧縮は「TinyPng」でもできますが、Google推奨の高圧縮フォーマット「WebP」への変換に使えます。

今は後述の「ShortPixel Image Optimizer」という更に高圧縮でリサイズまで出来る有料プラグインを使っているので削除しましたが、以前は「EWWW Image Optimizer」を使っていました。

無料で「WebP」へ変換したい方にとてもおすすめです。

Flying Scripts by WP Speed Matters

「Flying Scripts by WP Speed Matters」はJavascriptの実行を遅らせることができるプラグイン。

ページ表示速度が遅くなる大きな原因はJavascriptであることが大きいです。

私もFlying Scripts by WP Speed Mattersを導入することで大きくページ表示速度が改善できましたのでおすすめです。

使い方の参考>>Flying Scriptsの使い方|ゆとくら

ページ表示速度改善におすすめの有料プラグインを2つご紹介

スクロールできます
ページ表示速度改善に
おすすめの有料プラグイン
機能必須度公式案内
WP Rocket高速化便利(有料)なし
ShortPixel Image Optimizer画像圧縮便利(有料)なし

次に有料ではありますが、とても優秀なプラグインを紹介します。

特に速度改善に役立ちますので、参考にしてみて下さい。

ちなみに私は、様々な機能や画像や動画、SNSの埋め込みが増えページ表示速度が落ちたことがあります。

しかしながらこの2つのプラグインを導入して改善

とても効果的だったのでおすすめです。

WP Rocket

「WP Rocket」は世界で一番売れている高速化有料プラグイン。

キャッシュやCSS・JavaScriptの最適化、延滞読み込み等があり導入すると速度が爆速になります。

またWP ROCKETを導入すると必須のプラグインでご案内した「WP Revisions Control」は不要になります。

導入方法はすいみんさん(@design__nomad)の記事が参考になるので気になる方はご覧下さい。

>>【WordPress】世界で一番売れている高速化の有料プラグイン!WP Rocketの設定方法

>>WP ROCKETの公式サイトはこちら

ShortPixel Image Optimizer

「ShortPixel Image Optimizer」は画像を圧縮、WebP変換、リサイズできる有料プラグイン。

このプラグインがあれば画像を簡単、完璧に最適化できます。

最初はEWWW Image Optimizerで圧縮、WebP変換しimagifyでリサイズしていましたが、imagifyの圧縮率が悪く「ShortPixel Image Optimizer」を導入しました。

導入方法はすいみんさん(@design__nomad)の記事が参考になるので気になる方はご覧下さい。

>>【WordPress】最強の画像最適化プラグインShortPixelの使い方

>>ShortPixel Image Optimizerの公式サイトはこちら

SWELLには非推奨のプラグイン13個を確認

SWELL非推奨で導入するべきでないプラグインを纏めました。

プラグインを設定する際には是非参考にしてみて下さい。

SWELLと機能が被り不要なプラグイン

スクロールできます
不要なプラグイン機能必須度公式案内
Classic Editorクラシックエディタ不要あり
Table of Contents Plus目次生成不要あり
Lazy Load画像延滞読込み不要あり
Speech bubbleふきだし不要あり
WordPress Popular Posts人気記事リスト不要あり
AddQuicktagエディタ拡張不要あり
TinyMCE Advancedエディタ拡張不要あり

SWELLと機能が被り不要なプラグインは上記の通りです。

SWELLはGutenbergに特化して使いやすさを追求しているのでクラシックエディタを使う必要はありません。

その他のプラグインはSWELLに標準搭載されているので不要です。

SWELLと相性が悪く削除推奨のプラグイン

スクロールできます
削除推奨のプラグイン機能必須度公式案内
AutoptimizeCSS最適化削除あり
WP Super Cacheキャッシュ削除あり
W3 Total Cacheキャッシュ削除あり
Jetpack総合セキュリティー削除あり
WooCommerceEC削除あり
SiteGuard WP Pluginセキュリティー相性×あり

SWELLと相性が悪く削除推奨のプラグインは上記の通りです。

SWELL公式サイトにも記載されておりますが、上記プラグインは不具合が報告されております。

もし導入していて必要な機能であれば別のものに変えた方が良いでしょう。

プラグインの導入方法

最後にプラグインの導入方法を解説します。

WordPress管理画面から「プラグイン」→「新規追加」を選択します。

WordPress管理画面からプラグインへ

キーワードの欄に「インストールするプラグインの名前」を入力し、「今すぐインストール」をクリックします。

※似たような名前の候補が出てくることもあるので注意

導入するプラグインを検索する画面

インストールが完了したら「有効化」をクリックして完了です。

インストールしたプラグインを有効化する画面

まとめ

まとめ

必須プラグイン

スクロールできます
SWELLに必須のプラグイン機能必須度公式案内
SEO SIMPLE PACKSEO対策必須あり
Akismet Anti-Spamスパム対策必須なし
Broken Link Checkerリンクエラー対策必須なし
XML Sitemapsサイトマップ必須あり
PuSHPressインデックス必須なし
UpdraftPlus(BackWPup)バックアップ必須あり
Wordfence Securityセキュリティー必須あり
WP Multibyte Patch日本語修正必須あり
WP Revisions Controlリビジョン制限必須あり
Contact Form by WPForms問い合わせフォーム必須あり

便利なプラグイン

スクロールできます
ブログ運営に便利なプラグイン機能必須度公式案内
Useful Blocksブロック追加便利あり
Pochippアフィリンク管理便利あり
EWWW Image Optimizer画像圧縮便利なし
Flying Scripts by WP Speed MattersJavaScript管理便利なし

おすすめ有料プラグイン

スクロールできます
ページ表示速度改善に
おすすめの有料プラグイン
機能必須度公式案内
WP Rocket高速化便利(有料)なし
ShortPixel Image Optimizer画像圧縮便利(有料)なし

不要なプラグイン

スクロールできます
不要なプラグイン機能必須度公式案内
Classic Editorクラシックエディタ不要あり
Table of Contents Plus目次生成不要あり
Lazy Load画像延滞読込み不要あり
Speech bubbleふきだし不要あり
WordPress Popular Posts人気記事リスト不要あり
AddQuicktagエディタ拡張不要あり
TinyMCE Advancedエディタ拡張不要あり

削除推奨プラグイン

スクロールできます
削除推奨のプラグイン機能必須度公式案内
AutoptimizeCSS最適化削除あり
WP Super Cacheキャッシュ削除あり
W3 Total Cacheキャッシュ削除あり
Jetpack総合セキュリティー削除あり
WooCommerceEC削除あり
SiteGuard WP Pluginセキュリティー相性×あり

以上の通りです。

いろいろありますが、初心者の方はまずはSWELLに必須のプラグインから導入してみると良いです。

その後使っていく内に便利なプラグインや高速化プラグインも検討すれば良いと思います。

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

ご不明な点などがあれば下記からお気軽にご連絡下さい。

また感想など頂ければとても嬉しいです!

下記Twitterのシェアボタンでメンション(@jun_sigotofun)をつけて感想頂けるとリツイートさせて頂きます。

今後ともよろしくお願いいたします。

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

読みたいところから読める「目次」
閉じる