当サイト使用のWPテーマ「SWELL」の評判口コミはこちら

【完全ガイド】6社徹底比較おすすめレンタルサーバーランキング(WordPressブログ向け)

【6社検証比較】失敗しないおすすめレンタルサーバー3選(WordPressブログ向け)
URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事はブログ・アフィリエイト向けのレンタルサーバーを徹底比較したおすすめランキングです。

悩む人

WordPressでブログを始めたいけどサーバーは何をえらべばよいかな?
サーバー難しい・・・どのような違いがあるのかポイントを教えて!

このような悩みを解決します。

ブログやアフィリエイトをWordPressで始めようとした時に最初のサーバー選びで迷ってしまい、なかなか始める事ができないというケースは多いです。

じゅんた

私も当時はサーバーの違いがよく分からず、悩んでいました。

そこでこの記事では人気のサーバー6社を実際に使ってみたうえでおすすめのサーバーをご提案します。

この記事を読むとサーバーの選び方のポイントや違いが分かり、初心者でも迷わずにサーバーを選ぶことができます。

サーバー選びで迷っている方は是非最後までご覧ください。

記事の信頼性

本記事は人気のレンタルサーバー「」「」「」「」「」「」を実際に使いながら比較検証しています。

【エビデンス】人気のレンタルサーバー利用状況
【エビデンス】人気のレンタルサーバー利用状況

※「ロリポップ」「カラフルボックス」「さくらのレンタルサーバー」は現在、契約解除しています。

 「エックスサーバー」「mixhost」「ConoHa WING」が断然良いためです。

>>先におすすめランキングを見たい方はこちら(ページ内リンク)

読みたいところから読める「目次」

レンタルサーバー選びのポイント

6社のレンタルサーバーを徹底比較検証

サーバー選びでは特に重要視して選ぶポイントは「表示速度安定性」「サポート体制」です。

サーバー選びの重要ポイント
  • 表示速度で選ぶ

 表示速度は検索上位表示などSEOにも影響します。また遅いと離脱率にも影響します。

>>「ページ表示速度が収益に直結する理由」はこちら(ページ内リンク)

  • 安定性で選ぶ

 障害が発生すると、訪問したユーザーが内容を見られず機会損失になります。

 ※障害はどのサーバーでも発生しますが、頻度や、発生時に早く復旧し大規模な障害にならないことが重要です。

  • 使いやすさ、サポート体制

 メールでの対応はもちろん、トラブル発生時には電話でも対応できると安心です。

 また利用者数が多いと検索情報も多くトラブルも解決しやすいです。

じゅんた

このポイントを踏まえた上で徹底比較検証していきます!

6社のレンタルサーバーを徹底比較検証

サーバー選びのポイントと6社徹底比較

人気のサーバー6社「」「」「」「」「」「」を実際に使いながら検証比較しました。

じゅんた

「表示速度」「安定性」「使いやすさサポート体制」「価格」「その他」の項目毎に具体的に比較していきます。

表示速度を徹底比較

Googleが提供しているPageSpeed Insightsでページ表示速度を実際に検証しました。

結果:mixhost > エックスサーバー = ConoHa WING > カラフルボックス > ロリポップ > さくらのレンタルサーバ

項目
モバ
イル
3位
65.8
1位
69.2
2位
66.4
4位
61.2
5位
59.2
6位
49.4
パソ
コン
2位
83
1位
84
3位
81
4位
72
5位
71
6位
70
出典:【生データ比較】WordPress向けレンタルサーバー表示速度を徹底検証から抜粋

数字が高いほどページ表示速度が速いです。

表示速度に関係する機能は下記の通りになっています。

項目
プランX10プランスタンダードプランべーシックプランBOX2スタンダードプランスタンダードプラン
使用ディスク完全SSD完全SSD完全SSD完全SSD完全SSDHDD&SSD
サーバーソフトnginxLiteSpeedApache + nginxLiteSpeedApachenginx
HTTP/2
HTTP/3××××
高速化機能Xアクセラレータ機能LiteSpeed CacheLiteSpeed LSAPILiteSpeed Cache

>>高速化機能に関しての説明はコチラ

じゅんた

機能は他にもいろんな影響があるので、上表のPageSpeed Insightsでの実証比較を参考にしてください!
「mixhost」が最速です。「エックスサーバー」「ConoHa WING」も充分早いです。

安定性を徹底比較

安定性は「エックスサーバー=ConoHaWING<mixhost<ロリポップ<さくらのレンタルサーバー<カラフルボックス」です。

詳細は下記です。

項目
運営会社エックスサーバー(株)アズポケット(株)GMOインターネット(株)(株)カラフルラボGMOペパボ(株) さくらインターネット(株)
サービス開始2003年2016年2018年2018年2001年1996年
安定度◎障害少○障害並◎障害少△障害多○障害並○障害並
じゅんた

運営暦が長く障害の少ない「エックスサーバー」が安心です。
「ConoHa WING」も安定しています。
「mixhost」はサービス開始時に障害が多かったですが、2019年4月以降は安定しています。

使いやすさ、サポート体制を徹底比較

利用者数が多いと検索で調べると情報が多く、使い勝手が良いです。

またサポートで電話があると緊急のトラブル時にも安心です。

またプラン変更があると急なアクセス増に対しても対応できます。

項目
利用者数△(急上昇)
WordPress簡単設定
管理画面
使いやすさ

独自パネル

cPanel

独自パネル

cPanel

独自パネル

独自パネル
サポートメール、電話メールメール、電話、チャットメール、電話、チャットメール、電話メール、電話
プランアップグレード月単位即時即時即時即時×
プランダウングレード契約終了時即時即時即時××
自動バックアップ無料/毎日無料/毎日無料/毎日無料/毎日月額300円/指定無料/指定
バックアップ復元費用無料無料無料無料無料無料

※エックスサーバーのバックアップ復元費用は2020年9月から無料になりました。

じゅんた

「エックスサーバー」「ConoHa WING」が使いやすくサポートも良いです。

価格を徹底比較

価格は下記の通りです。

プランや契約期間によっても違うので比較しやすいように一番ベーシックなプランでコスパの良い1年契約に合わせています。

項目
プランX10プランスタンダードプランべーシックプランBOX2スタンダードプランスタンダードプラン
初期費用3,300円0円0円0円1,650円1,048円
月額料金
※3年契約
968円550円524円
月額料金
※2年契約
1,078円550円524円
月額料金
※1年契約
1,166円550円524円
お試し期間10日間30日間なし30日間10日間14日間
※税込み表示です。
じゅんた

価格はキャンペーンなどもあるので随時更新します。

その他の比較

項目
メールマガジン×××××
アダルト・出会い系×××
じゅんた

サーバーの移行は大変なので将来的にメールマガジンを使う可能性が少しでもあれば「エックスサーバー」にしておいた方が良いです。
またアダルト・出会い系などは必須で対応可能な「mixhost」「カラフルボックス」「ロリポップ」必須です。

【1位~3位】おすすめレンタルサーバーランキング

おすすめレンタルサーバー3選

まずはおすすめレンタルサーバーTOP3をご紹介します。

この3つだとどれを選んでも間違いなしです。

1位 エックスサーバー|エックスサーバー株式会社

エックスサーバー
  • 国内シェアNo1の圧倒的な信頼度(運用サイト180万件突破)
  • 機会損失を防ぐ圧倒的な安定性
  • 使いやすいサーバーパネルとサポート力No1

\シェア&総合力No1 迷ったらエックスサーバー /

総合満足度4.8
表示速度4.5
安定性5.0
機能4.7
サポート4.9
管理画面の使いやすさ5.0
エックスサーバーユーザー満足度

2003年からサービス提供している老舗の「エックスサーバー」

mixhost、Conoha WINGが出てくるまではエックスサーバー一沢でした。

サービス開始以降、大きな障害がなく圧倒的な安定度で現在でもシェアNo1です。

使いやすい管理画面とクィックスタートで導入も超簡単で初心者にもおすすめです。

サポートもメールだけではなく電話対応があるため安心。

なによりトラブルが圧倒的に少ないですしネットで調べると情報が大量に出てきます。

メルマガ機能もある為、将来的にメルマガをする可能性があればエックスサーバー必須です。

弱点がなく迷ったらエックスサーバーにしておくと後悔しなくて良いです。

2位 mixhost|アズポケット株式会社

mixhost
  • 広告収益に影響がある「ページ表示速度」が超高速
  • 他ユーザーの影響を受けない安定したサーバー
  • アダルトコンテンツ、出会い系などにも対応

\ 30日返金保証あり&ページ表示速度最速/

総合満足度4.6
表示速度5.0
安定性4.5
機能5.0
サポート4.0
管理画面の使いやすさ4.5
mixhostユーザー満足度

2016年からサービス提供している比較的新しい「mixhost」

サービス提供開始時は障害が多く問題でしたが2019年4月以降は安定して大きな障害も発生していません。

表示速度にこだわりのある方はmixhostがおすすめです。

LiteSpeed等どこよりも早く最新技術搭載しており、性能が一番良いです。

またアダルトコンテンツや出会い系も対応可能です。(エックスサーバー、ConoHa WINGは規約違反です。)

表示速度はSEOにも直結するため、SEOを少しでも有利にしたいと考える方はmixhostがおすすめです。

3位 ConoHa WING|GMOインターネット株式会社

ConoHa WING
  • 東証一部上場企業「GMOインターネット」が運営で安心!
  • メール・電話・チャットのサポート体制で安心!
  • 人気急上昇中

\ 月額料金割引&ドメイン永久無料CP実施中 /

総合満足度4.5
表示速度4.5
安定性4.5
機能4.0
サポート5.0
管理画面の使いやすさ4.7
ConoHa WINGユーザー満足度

2018年から東証一部上場企業GMOインターネットがサービス提供している「ConoHa WING」

ConoHa WINGは最速で早いという噂がありましたが、ブログ・アフィリエイトで使うベーシックプランではエックスサーバーとほぼ同等のスピードでした。(mixhostが最速)

ただしサーバーを自分で運営する上級者向けのConoHa VPSだととても早くする事ができますが、VPSは管理画面もなくセキュリティ対策も自分でしないといけないため、初心者にはハードルが高すぎます。

IT業界で超大手のGMOインターネットが運営し、サポートもメール、電話、チャットまであり安心です。

エックスサーバーと比較すると初期費用が無料なので少しでも費用を抑えたい方はConoHa WINGがおすすめです。

【4位~6位】その他格安レンタルサーバーランキング

その他格安レンタルサーバー3選

TOP3以外のレンタルサーバーも6位まで紹介します。

4位 カラフルボックス|株式会社カラフルラボ

カラフルボックス
  • 安くて表示速度などの性能を求める方
  • アダルトコンテンツ、出会い系などにも対応
  • 運営会社は小規模でサービスの継続性リスクあり
総合満足度3.5
表示速度4.0
安定性2.0
機能4.5
サポート4.0
管理画面の使いやすさ3.0
カラフルボックスユーザー満足度

2018年にサービスを開始した「カラフルボックス」

価格が安くて機能が良いというコスパの良いレンタルサーバーです。

運営会社のカラフルラボの会社規模が小さいため、サービスの継続性に不安があります。

表示速度も格安サーバーの中では早いです。

5位 ロリポップ|GMOペパボ株式会社

ロリポップ
  • とにかく安いレンタルサーバー!
  • 運営会社はGMOインターネットグループなので安心!
  • サーバー性能は低め
総合満足度3.1
表示速度3.0
安定性3.5
機能2.0
サポート4.0
管理画面の使いやすさ3.0
ロリポップユーザー満足度

2001年からサービス提供している「ロリポップ」

2004年には大手GMOインターネットの連結子会社になっています。

特徴はとにかく安いサーバーです。

お金を少しでも節約したい、趣味としてブログを始める方におすすめです。

6位 さくらのレンタルサーバー|さくらインターネット株式会社

さくらのレンタルサーバー
  • 安くて安心を求める方!
  • レンタルサーバー一番の老舗
  • サーバー性能は低め
総合満足度3.0
表示速度2.0
安定性4.0
機能2.0
サポート4.0
管理画面の使いやすさ3.0
さくらのレンタルサーバーユーザー満足度

1996年からサービス提供しておりレンタルサーバーの運営歴が一番長い「さくらのレンタルサーバー」

格安サーバーの中では安定性が高いです。

ただしHDDを使っているなど性能が古く表示速度などあまりよくありません。

やすくて安心を求める方にはおすすめです。

※途中でプラン変更出来ないのでご注意ください。

よくある質問

よくある質問
違いが分かったけどブログ初心者は何を選べば良いの?

」「」「」であればどれでも問題ありませんが、迷ったらエックスサーバーにしておくと良いです。

なぜなら表示速度、安定度、使いやすさ等の総合力No1だからです。

利用者数も多いため分からないことがあっても調べるとすぐに情報が出てきます。

アダルトや出会い系などを扱う場合は「にしましょう。

WordPressの導入は難しいですか?

とてもかんたんで15分もあれば導入できます。

なぜなら各サーバーには「WordPressに必要なドメインの取得、SSL設定まで自動で導入できる」無料のサービスがあるからです。

知識がなくてもかんたんに導入できるので安心です。

月額料金と書いているのに申し込むときは年間払いしか出来ないのはなぜ?

レンタルサーバーには最低契約期間というものがあります。

その為、最初はまとめて支払う場合が多いです。

ただし、サーバーによっては10日間お試しがあったり30日間返金保証がある場合は返金されたりします。

その他の知っておくべき知識

その他の知っておくべき知識

ページ表示速度が収益に直結する理由

まずページ表示速度は検索上位表示などのSEOに影響します。

Googleの公式で下記のとおり発表されております。

Googleウェブマスターセントラルブログ

Web検索ランキングでのサイト速度の使用(2010年4月9日)

 →検索ランキングアルゴリズムにサイトの速度を追加した。

ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します(2018年1月18日)

 →ページ表示速度が遅いサイトは検索ランキングに悪い影響を受ける。

より良いウェブのためにページ体験を評価する(2020年5月28日)

 →2021年以降は更にページ表示速度が検索ランキングに重要視される。

ページ表示速度が速くなると検索上位表示されやすくなります。

またGoogleの調査でページ表示速度が遅いと離脱率が上がるという結果も出ています。

ページ表示速度が1秒から3秒になると直帰率が32%増加。1秒が5秒になると90%直帰率が増加。1秒が6秒に増加すると直帰率が106%増加。1秒が10秒に増加すると直帰率が123%増加。

出典:Think with Google

ページ表示速度が速いと離脱されにくく、機会損失を防ぎます。

>>「サーバー選びのポイント」に戻る(ページ内リンク)

高速化機能に関しての説明

使用ディスクに関して(HDDとSSD)

HDDとは内蔵された磁気ディスクが回転し磁気ヘッドで特定の場所にアクセスすることでデータを読み書きします。

SSDはUSBメモリのように、内蔵しているメモリーチップにデータを読み書きします。

「HDD > SSD」の順に表示速度が速くなります。

サーバーソフトウェア

クライアント(サイトの閲覧者等)からのリクエストに対しサーバー側のデータを出すなどのクライアントとサーバーのやり取りをするソフトウェアのことです。

「LiteSpeed > nginx > Apache」の順に表示速度が速くなります。

HTTPプロトコル

クライアントとサーバーの間で情報を転送するための通信ルール(データの運び方)です。

「HTTP/3 > HTTP/2 > HTTP/1.1 > HTTP/1.0」の順に高い処理ができ表示速度が速くなります。

HTTP/3だとQUICというGoogleの次世代型の高速化通信ルールも使います。

>>表示速度の比較に戻る

WordPressの導入に必要なもの

レンタルサーバー

WEBサイトのデータを保存、表示する機器(ネット上の土地)

ドメイン(URL)

WEBサイトがどこにあるのか明示するもの(ネット上の住所)

WordPress

WEBサイトを表示するソフトウェア(ネット上の家)

SSL設定

WEBサイト上で送受信する情報を暗号化するプロトコル(ネット上のセキュリティ)

下記のようにイメージすると分かりやすいです。

【図解】WordPressブログ開設に必要なもの

レンタルサーバーの決め方まとめ

今すぐサーバーを決めよう

レンタルサーバーは「エックスサーバー」「mixhost」「ConoHa WING」を選ぶことをおすすめします。

決め方は下記の通りです。

レンタルサーバーの決め方

シェア総合力No1!圧倒的な安定と運営歴が長く安心!メールマガジンを運用する方!

表示速度最速!スペック最強!アダルトコンテンツや出会い系コンテンツを扱う方!

会社規模が大きくサポートが手厚く安心!

正直この3社であればどれを選んでもほとんど同じです。

もし迷うのであれば「エックスサーバー」で始めましょう!

ブログの始め方に関しては「【初心者必見】副業ブログの始め方まとめ|稼ぐ最善の方法を完全解説」の記事にて書いておりますので、ブログ・アフィリエイトを始めた方は是非ご覧ください。

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

読みたいところから読める「目次」
閉じる