当サイト使用のWPテーマ「SWELL」の評判口コミはこちら

【注意】稼げないブログジャンル7選|収益方法別に解説

「ブログで稼げないジャンルってどんなものがあるの?」
「後悔しないジャンル選定方法が知りたい!」

このようなお悩みはありませんか?

稼ぎたいと思ってブログを始めても、最初のジャンル選定で失敗し、なかなか稼げずにいる初心者の方は多いです。

そのため、事前に稼げないジャンルを把握しておくことは重要です。

じゅんた

結論、稼げないブログジャンルは収益化する方法によって違います。

なぜならブログで稼ぐ方法は様々あり、それぞれの方法に合った対策が重要だから。

この記事では、収益化の方法別で稼げないブログジャンルの特徴、稼げるジャンルの見極め方を詳しく解説しています。

最後まで読めば、「ブログジャンル選びに失敗した…」という後悔をせずに済むでしょう。

>>2022年稼げるおすすめブログジャンル一覧はこちら

>>稼ぐためのブログの始め方完全ガイドはこちら

この記事を書いた人
じゅんたプロフィールアイコン200
じゅんた

ブログで月約40万円稼いでいる経験からブログ運営の情報を発信中

✔2サイト運営|2020年6月にブログ開始、2021年9月に2サイト目開設
✔370名が参加するブログデザイン集を運営|7つの有料テーマの使い手
SEO検定3級保有

>>詳細プロフィールを見る

記事制作スピードが抜群に上がって、デザインがおしゃれになるブログの神ツール
当サイト使用SEOに強いWordPressテーマ「」はこちら

>>SWELLの評判&レビュー記事はこちら

クリックして読める「目次」

ジャンル選定前にブログの収益化する方法を決めることが重要

ブログでの収益化の方法は、大きく分けて次の3通りあります。

ジャンル選定の前に、まずは上記のどの方法で収益化するかを決めましょう。

手段によって対策方法が変わってくるからです。

ここでは、3つの方法について詳しく解説します。

アフィリエイトで稼ぐ

アフィリエイトとは、自分のブログで商品やサービスを紹介し、読者がブログ経由で購入すると報酬が入る仕組みのこと。

ASPで取り扱っているサービスを紹介したり、Amazonや楽天の商品を紹介したりできます。

アフィリエイトと一口に言っても、報酬条件や報酬単価は様々です。1回の購入で数円のものもあれば、無料の資料請求などで数万円を得られるものもあります。

アフィリエイトで稼ぐのであれば、単価が高い案件のあるジャンルを選ぶことが重要です。

ジャンル決めの際には、ASPのサイトで単価や条件を確認する作業が欠かせません。

Googleアドセンスで稼ぐ

Googleアドセンスとは、ブログ記事に自動で表示される広告です。クリック型の報酬で、「1クリック=〇円」という設定がされています。

稼ぐポイントは、とにかくアクセス数を稼ぐこと。

アクセス数が多ければ多いほど、広告がクリックされる可能性が高くなります。

また広告を貼る場所や大きさによってもクリックされる率は変わります。

アクセス数を集めながら、クリックされやすく記事を読む際の妨げにならない場所を探していく作業が必要です。

自分の商品で稼ぐ

noteやkindle、個別コンサルなど自分の商品を作ったりメーカーとタイアップしたりして、ブログで集客・販売をする方法もあります。

自分で値付けした金額を全て受け取れるため、アフィリエイトやアドセンスよりも収益性が高い点が魅力です。

しかし自分の商品を買ってもらうには、そもそもブログが上位に表示され、読まれるようにならないと難しいでしょう。

まずはブログ記事を書きながら自分の専門性を高めて、SEO評価を上げることが重要です。

稼げないブログジャンル7選

稼げないブログジャンルは次の7通り。

それぞれ詳しく解説していきます。

個人ブログでYMYLジャンル

まずはYMYLジャンルは避けるようにしてください。

YMYLとは、Your Money or Your Lifeの頭文字をとったもので、お金や健康など、個人の人生に大きく影響を与えるジャンルのことを言います。

例えば、次のようなジャンルがYMYLに該当します。

ジャンル具体的なブログ例
ニュース・時事問題ビジネスや政治、選挙、国際問題など重要なニュースを扱うブログ
公共サービス・法律結婚・離婚・税金など市民生活を維持するために必要な情報を扱うブログ
金融投資や保険、クレジットカード、不動産、ローンなどお金に関する情報を扱うブログ
ショッピングECサイトなど、オンライン上で金銭の取引が発生するサイトに関するブログ
健康・安全病気や健康、薬、メンタルヘルスに関するブログ
栄養や美容、サプリメントについて言及するブログ
人に対する差別宗教、人種、性別、国籍、障害などについて言及するブログ
その他その他大学選択や就職など、人生の大きな局面に関わる内容を扱うブログ

こうしたジャンルは、信頼性の高い企業や専門家のサイトが上位に表示されるようになっています。

そのため、YMYLジャンルで個人ブログを始めても、稼ぐことはほぼ不可能でしょう。

投資やダイエットなどはアフィリエイト単価も高く魅力的に見えますが、個人には厳しいジャンルのため、避けるようにしてください。

アフィリエイト目的で案件が少ないジャンル

アフィリエイトで稼ぎたい場合、案件数が少ないジャンルを選んでも稼げません。

なぜなら、案件数が少ないと、ブログで紹介できるものが少ないから。

さらに、案件数が少ないということは、市場規模がそれほど大きくないとも言えます。

ジャンルを決める前に、ASPの案件数を確認しておくようにしてください。

アフィリエイト目的で案件単価が小さいジャンル

案件単価が低いジャンルを選ぶと、せっかく頑張って記事を書いても大きく稼げず挫折する可能性が高いです。

単価が低い案件を紹介する場合、大きく稼ぐためにはたくさん売らないといけません。

例えば月10万稼ぐためには、案件単価が5,000円の場合は20個売れば良いですが、500円だと200個売る必要があります。

記事を書く労力は5,000円でも500円でもそれほど変わらないため、なるべく高単価の案件が多いジャンルを探しましょう。

じゅんた

単価は3,000円以上がおすすめです!

Googleアドセンス目的で市場規模が小さいジャンル

Googleアドセンスで稼ぐ場合、市場規模の大きさは報酬に大きく影響します。

前述した通り、アドセンスは記事内の広告のクリック数に応じて報酬が決まるため、アクセス数が多ければ多いほど稼ぎやすくなります。

アクセス数を増やすためには、そのキーワードで検索する読者が多いこと、つまり市場規模が大きいジャンルを選ぶことが重要です。

ニッチなジャンルでアドセンス目的でブログを始めても、そもそも検索する人が少なければ検索上位になってもアクセスされず、稼げなくなってしまいます。

アドセンスで稼ぐなら、始めようとしているジャンルの市場規模を事前に把握しておくようにしましょう。

継続できない興味がないジャンル

興味・関心が全くなく、継続が難しいジャンルも避けるべきです。

なぜなら、ブログで稼ぐためには継続することが最も重要だからです。

一般的に、ブログは報酬を得られるようになるまで最低でも半年〜1年ほどかかります。

報酬もないのに興味のないジャンルで記事を書き続けるのは、誰でもつらいでしょう。

まずは継続できなければ稼ぐことはできません。自分が興味のあるジャンルを選び、楽しみながら書けることが重要です。

競合が強く法人サイトが多いジャンル

すでに検索上位は法人サイトで埋まっていて、個人が入る隙間がないジャンルも稼げる可能性は低いです。

例えば、転職や脱毛などのジャンルは法人が多額の予算をかけて運営しているため、個人が勝てる見込みはほぼありません。

自分の狙いたいキーワードで検索して、検索結果の1ページ目が法人サイトばかりだったら避けた方が良いでしょう。

参入する場合は、法人がカバーできないニッチなキーワードを攻める必要があります。

動画コンテンツが適しているジャンル

ジャンルによっては、ブログなどテキスト媒体よりもYouTubeなどの動画コンテンツが適しているジャンルもあります。

例えばDIYやヨガ、楽器演奏など、YouTubeで検索することの多いジャンルでブログを始めても稼げない恐れがあります。

このようなジャンルを扱う場合、YouTubeをメインにして、補完的にブログで解説、といったやり方がおすすめです。

稼げるか判断が難しい場合は軸キーワードの検索結果を確認

ここまで稼げないジャンルの特徴について紹介してきました。

それらにも当てはまらず、稼げるかどうか判断が難しい場合、ブログの軸となるキーワードで検索をしてみてください。

検索結果の上位が企業サイトばかりであれば、参入しても稼げる可能性は低くなります。

例えば、「転職」でGoogle検索すると、上位10サイトは全て企業サイトです。今から転職ブログを始めても、稼ぐことは難しいでしょう。

しかし、レッドオーシャンのジャンルでも特定の領域を攻めていけば、個人でも稼げるチャンスはあります。

転職ジャンルの場合、「第2新卒の面接術」や「看護師から事務職への転職」など、テーマや想定読者で絞り込むことにより、企業がカバーできていない領域で戦える可能性もあります。

攻めるジャンルを見つけるためには、キーワード選定が重要です。

次の記事でキーワード選定の方法について詳しく解説していますので、稼げる穴場キーワードを見つける参考にしてください。

特化ブログと雑記ブログはどちらが稼げるのか?

特化ブログと雑記ブログであれば、特化ブログの方が稼げます。

なぜなら、特化ブログは1つのジャンルに絞っているため、サイト全体に統一感が出て、SEOで評価されやすいからです。

SEOの評価が高まると、検索上位へ表示される可能性も高くなり、アクセスアップも狙えます。

そのため、大きく稼ぎたいのであれば特化ブログを始めた方が良いでしょう。

ただし、月1万円程度ならば雑記ブログでも十分稼ぐことは可能です。

雑記ブログは自分の興味のあるテーマを絞らずに書けるため、続けやすいメリットもあります。

じゅんた

目指す金額や目的に合わせて、特化か雑記かを選ぶようにしましょう!

稼げるブログジャンルの決め方

稼げるブログジャンルを決める際には、「十分な収益化が可能か」「継続できるか」という観点で選ぶようにしましょう。

ブログで大きく稼ぐためには、Googleアドセンスよりもアフィリエイトを目的とした方が良いです。

そのため、アフィリエイト案件の単価や案件数は事前に確認してください。

さらに、ブログは継続できなければ稼げません。興味や知見があり、長く継続できるジャンルを選びましょう。

稼げるジャンル選びのポイントについては、次の記事で詳しく解説しています。

ジャンルを決める際にぜひ参考にしてください!

稼げないブログジャンルに関しての良くある質問

そもそもブログはもう稼げないのではないですか?

今でもブログは十分稼げます。

稼げないと言われている理由は、Googleアップデートなどでサイトの信頼性が重要視されるようになり、企業サイトが上位に表示されやすくなっているから。

しかし、個人で攻められるジャンルを選べば稼げる可能性は十分あります。

主婦ブログは稼げないですか?

稼げるジャンルを選び、キーワード選定を正しく行えば、主婦ブログでも稼ぐことは可能です。

家族や育児、ワーママ、家事など身近なテーマを扱いたい場合でも、テーマを絞って深い内容の記事を書き続ければ、稼げる可能性も高くなります。

ニッチジャンルは稼げないですか?

ニッチジャンルでも稼ぐことは可能です。

競合が少ないため、個人が検索上位を取れる可能性が高いです。

まとめ:稼げないジャンルを知り、後悔しないブログ運営を

ブログで稼ぐためにはジャンル選びは非常に重要なポイント。

ここで失敗すると、その後どれだけ頑張っても稼ぐことはできません。

本記事で紹介した稼げないブログジャンルの特徴をしっかり理解して、ジャンルを決める際の参考にしてください!

記事制作スピードが抜群に上がって、デザインがおしゃれになるブログの神ツール
当サイト使用SEOに強いWordPressテーマ「」はこちら

>>SWELLの評判&レビュー記事はこちら

ブログ運営でおすすめの記事一覧

✓ブログを始めたばかりの方は下記まとめ記事をご覧ください。

>>【完全ガイド】ブログの始め方|個人で広告副収入を得る方法

✓WordPressテーマで迷っている人は下記の比較記事を参考にしてみてください。

>>WordPressテーマおすすめ|徹底比較!初心者でも失敗しない選び方|2022年ランキング

✓レンタルサーバーで迷っている方は下記記事を参考にしてみてください。

>>【完全ガイド】6社徹底比較おすすめレンタルサーバーランキング

✓ブログのデザインで悩んでいる方は下記記事を参考にしてみてください。

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

クリックして読める「目次」