当サイト使用のWPテーマ「SWELL」の評判口コミはこちら

【クリック爆増】SEOに効果的なブログ記事タイトル12の秘訣

URLをコピーする
URLをコピーしました!
この記事を書いた人
じゅんたプロフィールアイコン200
じゅんた

ブログで月約40万円稼いでいる経験からブログ運営の情報を発信中

✔2サイト運営|2020年6月にブログ開始、2021年9月に2サイト目開設
✔370名が参加するブログデザイン集を運営|7つの有料テーマの使い手
SEO検定3級保有

>>この著者の記事一覧を見る

いざブログ記事を書こうと思っても、良いタイトルがつけられず、なかなか先へ進めない…

そんなブログ初心者も多いのではないでしょうか。

実際、ブログ記事タイトルのつけ方を間違えると、検索結果にも表示されず、誰にも読まれない…という事態になりかねません。

ではどうしたら検索上位に表示されて、読んでもらえるタイトルがつけられるのでしょうか?

じゅんた

結論、ブログ記事タイトルは簡潔で、競合記事タイトルと比べて目立つことが重要です!

この記事では、魅力的なブログ記事タイトルのコツ、避けるべきタイトルの特徴を紹介。

最後まで読めば、クリックされやすい魅力的なタイトルをつけられるようになりますよ!

>>ブログの始め方完全版はこちら

記事制作スピードが抜群に上がって、デザインがおしゃれになるブログの神ツール
当サイト使用SEOに強いWordPressテーマ「」はこちら

SWELLの評判&レビュー記事はこちら

クリックして読める「目次」

ブログ記事タイトルがSEOで重要な理由

ブログ記事タイトルがSEOで重要な理由
記事タイトルがSEOで重要な理由
  • キーワードを適切に入れることで検索順位が上がる
  • CTR(クリック率)が高まることで検索順位が上がる

ブログ記事タイトルがSEOで重要な理由は上記の2点です。

キーワードを適切に入れることで検索順位が上がる

記事タイトルは検索結果の順位に大きく影響します。

GoogleやYahooなどの検索エンジンは、「この記事には何が書かれているか」を記事タイトルから判断します。

そのため特定の検索キーワードでの上位表示を狙うのであれば、キーワードを適切に含めなければなりません。

当然ですが、検索上位に表示されないとあなたの記事が読まれる可能性が低くなり、収益化も難しくなります。

タイトルの付け方を間違えると、狙っているキーワードで表示されないこともあるため、しっかりと練ることが重要です。

SEOに効果的なタイトルの付け方は後述していますので、そちらもあわせてお読みください。

CTR(クリック率)が高まることで検索順位が上がる

ユーザーはキーワードを入力後、検索結果一覧に表示された記事タイトルの中から読みたい記事を選び、クリックします。

クリック率が高いほど、検索エンジンは「この記事はユーザーにとって重要な内容が書かれている」と判断し、検索順位も上がります。

ユーザーにとってわかりやすい、読んでみたいと思わせるタイトルをつけることで、SEOの評価も高まるため、記事タイトルは非常に重要です。

ブログ記事タイトルは相対評価!競合記事との差別化が重要

ブログ記事タイトルは相対評価!競合記事との差別化が重要

では、具体的にどのような記事タイトルが良いものとされているのでしょうか?

結論として、「良い記事タイトル」は競合記事との相対評価で決まります。

自分がいくら魅力的だと思っても、競合記事の中で比較して「良いもの」でないとSEOでは評価されません。

「競合記事より目立つタイトルか」「競合と比較して、自分の記事をクリックしたくなるか」という観点でタイトルを考える必要があります。

まずは狙ったキーワードで検索し、上位サイトの記事タイトルを確認してみてください。

どのようなタイトルをつけているか、どういったタイトルが上位表示されているかを把握するだけでも、タイトル決めのヒントになるでしょう。

【例文あり】クリックされる魅力的な記事タイトル12のコツ

【例文あり】クリックされる魅力的な記事タイトル12のコツ

続いて、魅力的な記事タイトルをつけるコツを12個紹介します。

魅力的な記事タイトルのコツ
  1. 数字を使う
  2. 【】!?&等の記号を使う
  3. あえてシンプルにする
  4. 読者の悩みを入れる
  5. 権威性や信頼性がわかる文言を使う
  6. 読者の得られるメリットを書く
  7. 結論を入れる
  8. 実績を入れる
  9. 簡単であることを伝える
  10. 誰に向けて書いてものかを書く
  11. キャッチーな言葉を使う
  12. ネガティブワードを使う

数字を使う

  • 1ヶ月で10kg痩せたダイエット方法
  • おすすめの転職サイト8選

数字を出すことで説得力が上がり、曖昧さがなくなります。

「その記事を読むことで何が得られるのか」が具体的に伝わるため、数字はぜひ取り入れましょう。

【】!?&等の記号を使う

  • 【期間限定】無料で〇〇する方法
  • 会社員におすすめの副業は?

記号を使うことで、検索結果一覧でも目に留まりやすくなります。

競合とタイトルが似た場合でも、記号で差別化できます。

あえてシンプルにする

  • ダイエットをしたい方におすすめの食事
  • アフィリエイトブログの作り方

検索上位の記事のタイトルは凝っているものがほとんどです。

その中であえてシンプルにすれば、検索結果で目立ち、クリックに繋がる可能性があります。

読者の悩みを入れる

  • ブログアクセスが伸びない理由は?
  • 「仕事やめたい」と思ったらやるべきこと

「転職したい」「痩せたい」など、検索窓に悩みをそのまま入力するユーザーも多いです。

読者の悩みを入れることで、「この記事なら解決してくれそう」と思ってもらえます。

権威性や信頼性がわかる文言を使う

  • 【税理士監修】相続税対策15選
  • 現役英会話講師が教える勉強術

権威性・信頼性はSEO対策で非常に重要な要素で、それらがあるサイトが上位表示される傾向があります。

ユーザー目線で考えても、税金のことは無名のブロガーよりも税理士に聞きたいと思いますよね。

じゅんた

権威性や信頼性があるのであれば、タイトルに積極的に使うようにしましょう。

読者の得られるメリットを書く

  • 売上が倍になる方法
  • 読まれる記事タイトルの付け方

記事タイトルはユーザー目線で考えることが重要です。

記事を読んで得られるメリットを書くことで、読んでみたいという気持ちにさせ、クリックに繋げましょう。

結論を入れる

  • エンジニアに資格は不要
  • ブログを開設するならワードプレス

ユーザーはとにかく早く悩みを解決したいと思っています。

基本的には文章を読むためではなく、答えを得るために検索しています。

記事タイトルに結論を入れることで、「そこに欲しい情報がある」と判断してもらえ、クリックしてもらえる可能性が高まるでしょう。

実績を入れる

  • 1ヶ月で10kg痩せた私が教えるダイエット方法
  • 内定獲得率90%の私が教える就活のコツ

権威性と同様に実績も信頼性が高く、クリックされやすい重要な要素です。

一次情報となる自分の経験・実績はどんどんアピールしてください。

簡単であることを伝える

  • 今すぐできる!ポイントサイトで〇〇円ゲット
  • 【画像30枚で解説】ブログの始め方

誰でも少しでも簡単に、短い時間で結果を出したいと思っています。

「3分でできる」「誰でもできる」などの文言を入れることで、簡単にできることを強調し、クリック率を上げましょう。

誰に向けて書いているのかを書く

  • 30代で転職活動する初心者必見!
  • デートで話が続かない男性必見!

想定読者を書くことで、ユーザーは「自分のための記事だ」と思ってクリックします。

ターゲットはあまり広く取りすぎず狭めることで、より刺さりやすいタイトルになります。

ターゲットを考えるときに考えるポイントは下記の通りです。

  • 初心者向けなのか、上級者向けなのか
  • 性別
  • 年齢
  • 職業
  • 悩んでいることはなにか
じゅんた

この5つの視点で読者をイメージすると良いですよ!

キャッチーな言葉を使う

  • 悪用厳禁!クリック率をあげる記事タイトルの作り方
  • 【保存版】ブログ記事の書き方

「この記事は他とは違う」と思わせるようなキャッチーな言葉を使うパターンです。

暴露、徹底、必見、保存版、完全版、実績公開、限定、失敗、後悔しない、秘密、無料、閲覧注意

上記のような、思わず目に留まる言葉を使ってみてください。

ネガティブワードを使う

  • あなたは大丈夫?
  • 失敗する人の5つの特徴

人は利益を得るよりも損失を避けたい気持ちが大きいため、ネガティブワードにはどうしても惹きつけられてしまいます。

「何が書いてあるんだろう」と気になりクリック、を狙う方法です。

絶対にNG!読まれないタイトル3つの特徴

絶対にNG!読まれないタイトル3つの特徴

続いて、読まれないタイトルの特徴を3つ紹介します。

読まれないタイトル
  • 競合サイトのタイトルと似ている
  • タイトルと記事内容が違う
  • タイトルが長すぎる

競合サイトのタイトルと似ている

タイトルが競合サイトと似ていると、検索結果一覧で差別化できず、クリックしてもらえません。

同じキーワードを入れるとどうしても似通ってしまいがちですが、!や?、【】などの記号を入れてみたり、言い回しを変えてみたりして、差をつけるよう意識してください。

タイトルと記事内容が違う

当然ですが、ユーザーは記事を読むまでどのような内容が書かれているのかわかりません。

そのため、タイトルで内容を判断してクリックします。

クリックした記事が想定していた内容と違っていれば、ユーザーはすぐに離脱するでしょう。そのため釣りタイトルもNGです。

離脱が繰り返されればSEOの評価も下がり、検索順位が落ちる可能性もあります。記事内容との一致を意識して、タイトルを考えましょう。

タイトルが長すぎる

タイトルが長すぎると、検索結果で途中で途切れ、「…」と表示されます。

長すぎる原因は様々ですが、冗長的であったり、同じ意味の言葉を繰り返したりしていることが多いです。

また長すぎるタイトルは意味を捉えるのに時間がかかり、クリックしてもらえない可能性があります。

じゅんた

ちょうどいいタイトルの文字数は、文字数30字前後であること!

できる限り簡潔にまとめ、記事の内容が理解できるようなタイトルにしましょう。

SEOに効果的なブログ記事タイトルの付け方7つ

SEOに効果的なブログ記事タイトルの付け方7つ

SEOに効果的なブログ記事タイトルのポイントは次の7つ。

SEOに効果的なタイトル
  1. 文字数を28文字から45文字にする
  2. 記事内容に合ったタイトルにする
  3. 検索キーワードを適切に入れる
  4. キーワードを左詰めにする
  5. キーワードの近接度を高める
  6. キーワードの順番を合わせる
  7. 簡潔な文章にする

文字数を28文字から45文字にする

前述した通り、記事タイトルは長すぎると途中で切れて表示されますが、短すぎても十分な情報を入れられません。

じゅんた

目安として28〜45文字がおすすめです!

詳しく言うとパソコンの閲覧が多い場合は約29文字まで、スマホの閲覧が多い場合は約45文字までに設定しましょう。

なぜなら、スマホ表示の場合はパソコンのブラウザよりも長めにタイトルが表示されるからです。

パソコン検索結果
パソコン検索結果
スマホ検索結果
スマホ検索結果

記事の内容から、パソコンとスマホのどちらで読むユーザーが多いか考えたり、Google Analyticsなどを使って流入経路を確認してみてください。

記事内容に合ったタイトルにする

記事内容と異なるタイトルや釣りタイトルだと、検索順位が下がる可能性があります。

検索エンジンからユーザーが検索で求めている内容とは違う記事と判断されるからです。

またユーザーがタイトルをクリックしたとしても、内容が予想と異なっていればすぐに離脱してしまうでしょう。

結果的に検索エンジンの評価にも影響します。

じゅんた

記事内容とタイトルが合っているかどうか、きちんと確認することを忘れずに!

検索キーワードを適切に入れる

狙った検索キーワードはタイトルに必ず入れましょう。

先述したように、検索エンジンは記事タイトルで記事の内容を判断しています。

そのためどれだけ良い記事を書いたとしても、タイトルにキーワードが入っていなければ上位表示が難しいです。

検索キーワードをタイトルに入れることは必須と考えるようにしてください。

キーワードを左詰めにする

タイトルに入れるキーワードは、できる限り左に詰めるようにしましょう。

検索結果でタイトルを見る時、目線は左から右へ移動します。左側にキーワードがないと、「自分の求める情報が書いてなさそう」と思われ、クリックされません。

クリック率が下がれば上位表示されても読まれず、結果的に検索順位が下がる可能性もあります。

キーワードの近接度を高める

複数のキーワードで記事を書いた場合、なるべくキーワード同士を近づけるようにしてください。キーワードが近くに配置されているほど優先的に上位表示されやすくなるからです。

例えば「ブログ タイトル」のキーワードを狙っているにもかかわらず、タイトルを「ブログのSEO対策で記事タイトルが重要な7つの理由」にすると、検索エンジンは記事のキーワードを「ブログ SEO対策」と判断してしまう可能性があります。

そのため、「ブログのタイトルがSEO対策で重要な7つの理由」のように近接度を高めた方が良いです。

複数のキーワードを狙う場合は、キーワードの近接度も意識するようにしてください。

キーワードの順番を合わせる

タイトルにキーワードを入れる時、狙ったキーワードの順番通りに入れるようにしてください。

なぜなら順番が異なると、検索エンジンが異なる検索として認識する可能性があるからです。

例えば、「英語 勉強法」と「勉強法 英語」と順番を変えて検索した場合、次のような検索結果が表示されます。

「英語 勉強法」検索結果
「英語 勉強法」検索結果
「勉強法 英語」検索結果
「勉強法 英語」検索結果

つまり「英語 勉強法」で上位表示されたいのにタイトルに「勉強法 英語」の順で入れると、検索意図を満たせず、上位表示されない可能性があります。

キーワードの順番も意識して、タイトルを作りましょう。

簡潔な文章にする

ダラダラと長いタイトルではなく、簡潔にまとめることが重要です。

タイトルが長いと検索エンジンからも内容を解読されにくく、上位表示されにくいことがあるからです。

実際、私もタイトルを簡潔にまとめただけで検索順位が50位以下だったものが10位以内に入ったことがあり、タイトルを簡潔にすることのメリットを実感しています。

ユーザー視点で考えても、早く情報が知りたいと思って検索しているユーザーは、理解するのに時間がかかるタイトルはすぐに読み飛ばされてしまうでしょう。

すぐに内容がわかるよう、簡潔に書くようにしましょう。

記事タイトルを付ける流れ5STEP

記事タイトルを付ける流れ5STEP

続いて、記事タイトルを付ける流れを5STEPで解説します。

キーワードを決める

まずは記事のキーワード、記事のテーマ決めましょう。

ブログ初心者は「ロングテールキーワード」でブログ記事を書くことをおすすめしています。

以下の記事でロングテールキーワードやキーワード選定について詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

競合記事のタイトルをチェックする

キーワードが決まったら、そのキーワードで検索し表示された上位記事のタイトルをチェックしましょう。

目的は、どのようなタイトルが上位表示されているか把握すること、上位記事と似たようなタイトルを避けることです。

すでにある記事と似たタイトルをつけても、差別化ができずに読まれません。

できるだけ被らず、かつ魅力的に見えるタイトルを考えましょう。

キーワードを左詰めにして仮のタイトルを付ける

まずはキーワードを左詰めにして、タイトルを作成します。

この時、前述した「クリックされる魅力的な記事タイトル12のコツ」を使って、目に留まるタイトルを複数考えてみましょう。

複数考えた仮タイトルと競合記事のタイトルを比較し、最も良いと思うタイトルを選んでください。

記事の本文を書く

仮タイトルができたら、記事本文の執筆を始めます。

この時点では、タイトルは確定していなくて問題ありません。

なぜなら記事本文を書いていくうちに、より良いタイトルが思い浮かんだり、タイトルに入れたいフレーズや強調したい内容が出てくることもあるからです。

記事を書いてからタイトルを仕上げることで、タイトル決めの時間の短縮にも繋がります。

記事内容とズレてないか確認と修正

記事ができたら、タイトルと記事内容を見比べます。タイトルが記事の内容とずれていれば修正してください。

満足できるタイトルができたら、タイトル決めは終了です。

ブログ記事タイトルを考えるときに役立つツールをご紹介

ブログ記事タイトルを考えていると、どうしても煮詰まることがあるでしょう。

そんな時に役立つツールを2つ紹介します。

Google検索結果シミュレーター

Google検索結果シミュレーター
Google検索結果シミュレーター

Googleの検索結果へ、タイトルがどう表示されるかを確認できるツールです。パソコンとスマホそれぞれの表示を確認可能です。

検索結果画面イメージ
検索結果画面イメージ

記事公開前でもタイトルが可視化できるため、「タイトルを見たら記事に何が書かれているかわかるか」「キーワードが目に入るか」などをユーザー視点で見ることができます。

再検索キーワード調査ツール

再検索キーワード調査ツール
再検索キーワード調査ツール

再検索キーワードとは、 あるキーワードで検索したとき、表示された記事を閲覧しても解決できなかった場合に再検索されるキーワードのことを言います。

Googleの検索結果ページの1番下に並んでいる部分です。

再検索キーワード
再検索キーワード

再検索キーワード調査ツールは、これらのキーワードを一括で抽出してくれます。

再検索キーワードを見ればユーザーの潜在ニーズを把握できるため、タイトル決めだけではなく記事構成・本文作成でも役立つツールです。

ブログ記事タイトルでよくある質問

記事タイトルは後で変更しても良いの?

記事タイトルは変更しても良いです。

最近のSEOではフレッシュネス(情報の最新性)が重要であり、タイトルの更新でも検索順位が上がることが多々あります。また検索上位表示した際には検索順位やCTR(クリック率)を測定して最適なタイトルを見つけ出すことも重要です。

ただしタイトルの修正で検索順位が下がることもあるので注意。

下がった場合はタイトルを元に戻しましょう。

良い記事タイトルが思いつかない場合は?

良い記事タイトルが思い浮かばない場合、テンプレートや例文に当てはめて作ってみることをおすすめします。

【例文あり】クリックされる魅力的な記事タイトル12のコツで読みたくなるタイトルのコツ・例文を紹介しています。

ぜひこちらを参考に、記事タイトルを作ってみてください。

まとめ

ブログ記事タイトルは、検索順位に大きく影響する重要な要素です。

最初はなかなか良いタイトルが思いつかないかもしれませんが、深く考えすぎて時間を費やしてしまっては意味がありません。

どうすれば良いか悩んだら、まずは本記事で紹介したコツを使ってタイトルを考えてみましょう。

タイトル作成は、慣れれば難しいものではありません。少しずつバリエーションを増やしていき、クリックされる魅力的なタイトルを作りましょう!

関連記事

✓ブログを始めたばかりの方は下記まとめ記事をご覧ください。

>>【完全ガイド】ブログの始め方|個人で広告副収入を得る方法

✓WordPressテーマで迷っている人は下記の比較記事を参考にしてみてください。

>>WordPressテーマおすすめ|徹底比較!初心者でも失敗しない選び方|2022年ランキング

✓レンタルサーバーで迷っている方は下記記事を参考にしてみてください。

>>【完全ガイド】6社徹底比較おすすめレンタルサーバーランキング

✓ブログのデザインで悩んでいる方は下記記事を参考にしてみてください。

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次を見る
最初に戻る
クリックして読める「目次」
閉じる