当サイト使用のWPテーマ「SWELL」の評判口コミはこちら

ブログのリード文書き方|有名ブロガー7事例と読まれるコツを徹底解説

ブログのリード文書き方|有名ブロガー7事例と読まれるコツを徹底解説
この記事を書いた人
じゅんたプロフィールアイコン200
じゅんた

ブログで月約40万円稼いでいる経験からブログ運営の情報を発信中

✔2サイト運営|2020年6月にブログ開始、2021年9月に2サイト目開設
✔370名が参加するブログデザイン集を運営|7つの有料テーマの使い手
SEO検定3級保有

>>詳細プロフィールを見る

ブログのリード文の書き方がわからない…
読まれるリード文のコツが知りたい!

このようなお悩みはありませんか?

リード文はブログ記事の一番最初に読まれる文章で、読者が本文を読むかどうかを判断する重要な要素です。

しかし、どうすれば読者が読みたくなるリード文が書けるのかわからず、困っている方も多いはず。

じゅんた

結論、短い文章で、読者を惹きつけることが重要です

なぜなら、リード文で離脱が多いと、検索エンジンからの評価が下がり、SEOで悪い影響が出るからです。

この記事では、読者の心を掴み、続きを読ませるリード文の書き方を徹底解説しています。

この記事を最後まで読めば、あなたもカンタンに魅力的なリード文を書けるようになりますよ。

>>稼ぐためのブログの始め方完全ガイドはこちら

記事制作スピードが抜群に上がって、デザインがおしゃれになるブログの神ツール
当サイト使用SEOに強いWordPressテーマ「」はこちら

>>SWELLの評判&レビュー記事はこちら

クリックして読める「目次」

リード文とは

リード文とは、記事本文に入る前に、記事の内容や方向性を簡潔に読者に伝え、本文を読み進めてもらうための文章のことです。

一般的に記事タイトルとアイキャッチ画像の後、目次の前に配置されており、文字通り読者を本文へ導く(Lead)役割を持っています。

本文へ入る前にリード文で記事の概略を理解しておくことで、読者は本文をスムーズに理解できるようになります。

ブログのリード文の役割

ブログのリード文には次の2つの役割があります。

ブログリード文の役割
  • 読者が自分に必要な記事か判断してもらう
  • 読者に記事を読むメリットを伝える
  • 記事の信頼性を伝える

リード文の役割を意識すれば、読者にとって理解しやすく、読み進めたくなる良い文章が書けるでしょう。

それぞれ具体的に解説します。

読者が自分に必要な記事が判断してもらう

リード文で、読者は文章を読み進めるかどうかを判断しています。

記事の概要をリード文に書くことで、読者は次のようなことを判断できます。

  • この記事には自分に必要な情報が書かれているか
  • 自分の悩みが解決できるか
  • タイトル通りの内容か

このような疑問を持っている読者に向けて、簡潔に記事の内容を提示し、自分に必要な情報かどうかを判断してもらう役割を持っています。

読者に記事を読むメリットを伝える

記事を読んで何ができるようになるのか、どんな悩みが解決するのか、など、記事を読むメリットを読者に伝える役割もあります。

「この記事を読めば悩みを解決できるかも」と思わせ、記事を読む理由を読者に与えます。

そのためには、読者の悩みを的確にとらえ、心をぐっと掴むリード文を書けると良いでしょう。

記事を読んだ後に読者は何が得られるのか、どんな未来が待っているのかを読者に伝え、読むことで得られるメリットをイメージしてもらう効果があります。

記事の信頼性を伝える

読者に「その記事が本当に信頼できるものなのか」を判断してもらうことも、リード文の重要な役割です。

例えば、「ブログの稼ぎ方」を解説した記事の場合、「ブログを始めて1ヶ月」よりも「ブログ3年目、収益100万円突破」の筆者の書いた記事を読みたいですよね。

その記事が信頼できないと感じれば、読者はすぐに離脱してしまいます。リード文では自身の信頼性をしっかりアピールしましょう。

ブログでリード文はSEO対策として重要な理由

ブログのリード文は読者にとって重要なだけではなく、SEO対策としても大きな効果を持っています。

リード文がSEO対策として重要な理由は次の3つです。

ブログリード文がSEO対策として重要な理由
  • 離脱を防ぎSEO対策にもなる
  • 滞在時間が増えSEO対策になる
  • アフィリエイトを成約できる

離脱を防ぎSEO対策にもなる

読者はリード文で、その記事を読むかどうかを判断しています。

そのため、リード文で「ここには欲しい情報が書かれていない」と感じれば、その時点で読むのをやめて離脱します。

一方、良いリード文であれば、本文も読んでみたいと思わせられます。関連記事も読んでもらえるかもしれません。

離脱せずに読まれた記事は、検索エンジンに「読者の役に立つ記事」と判断され、SEO評価にも影響します。

リード文は読者に記事を読んでもらい、SEO評価を上げるために重要な要素と言えるでしょう。

滞在時間が増えSEO対策になる

良いリード文であれば、読者の滞在時間が増え、SEO対策となります。

なぜなら、ブログ記事の滞在時間が長ければ長いほど、検索エンジンはその記事の内容が有益だと判断するからです。

リード文を読んで「これは自分のための記事だ」と思った読者は、その後の本文を読み進めてくれます。

リード文で読者の心を掴むことができれば、本文を読み進め滞在時間も長くなり、結果的にSEOにも良い影響をもたらします。

アフィリエイトを成約できる

リード文はアフィリエイトの成約にも大きく関わっています。

リード文で興味を持たせ、本文まで読み進めてもらえれば、紹介している商品やサービスが売れる確率も上がるからです。

そもそもリード文で離脱されれば、本文中に紹介しているアフィリエイトで商品を購入してもらうことはできないでしょう。

また、リード文から本文を読んでもらいページ滞在時間が伸びれば、SEO評価が上がり検索上位に表示されやすくなります。その結果、検索流入も増えてアフィリエイト成約率も高まる、といった好循環も生まれます。

リード文で重要な5つのポイント

ここでは、リード文を書く際に重要な5つのポイントを紹介します。

リード文で重要なポイント5つ
  • 500文字以内で記事の内容を短くまとめる
  • キーワードを入れる
  • 想定読者の検索意図にこたえる
  • 実績や権威姓を入れ記事の信頼性を高める
  • 記事の結論を入れる

500文字以内で記事の内容を短くまとめる

リード文はなるべく簡潔に、短くまとめるようにしましょう。500文字以内が目安です。

リード文が長すぎると、読者が記事を読むかどうか判断する前に離脱されてしまう可能性があります。

読者が続きを読みたいと思うために必要な情報を簡潔にまとめ、本文へ誘導することが重要です。

キーワードを入れる

ページ序盤の文章やテキスト情報は、検索エンジンのSEO評価に大きく関わります。

そのため、リード文には必ず検索キーワードを含むようにしましょう。

また読者にとっても、記事の冒頭に自分の検索したキーワードがあることで、「自分の検索意図と合っている」と判断できるメリットがあります。

検索意図とは、検索エンジンで読者が検索キーワードを入力する目的のことを言います。

例えば、検索キーワードが「ブログ 書き方」だったら、次のような検索意図が考えられます。

  • ブログを始めてみたけど、どうやって書けば良いのかわからない
  • なかなかブログの成果が出ない…成果の出る書き方のコツを知りたい

ただし、SEOのために無理にリード文にキーワードを詰め込むと、かえって不自然な文章になるため注意してください。読みにくい文章は読者にストレスを感じさせ、離脱につながります。

キーワードは重要ですが、不自然にならないよう調整して入れるようにしてください。

想定読者の検索意図にこたえる

想定読者の悩みをはっきりさせて、検索意図に応えることを心がけてください。

例えば、この記事の想定読者と検索意図は次のように設定しています。

  • ブログを始めたばかりで、リード文の重要性を知らない
  • リード文の書き方がわからないのでいる
  • 読まれるリード文のコツを知りたい

このような検索意図に対し、「本文を読めばリード文の重要性や書き方、コツが理解できる」ことをリード文に盛り込む必要があります。

想定読者の検索意図をしっかり把握し応えることで、記事を読んでみようと思わせられるでしょう。

実績や権威性を入れ記事の信頼性を高める

リード文で実績や権威性を明示し、記事の信頼性を高めることが重要です。

なぜなら読者に「こんな人が書いている記事なら信頼できる」と思わせることができれば、安心して続きを読んでもらえるからです。

例えば、おすすめの映画を紹介する記事の場合、「映画好きの私が厳選」よりも「年間500本の映画を見る私が厳選」の方が、読みたくなりますよね。

金額や年数などの数字を使って、具体的に実績を明示するようにしてください。

記事の結論を入れる

リード文には記事の結論を入れるようにしましょう。

読者は文章を読むためではなく、悩みや疑問を解決するためにあなたの記事にアクセスしています。そのため最後まで結論が隠されていると、すぐに読むのをやめて離脱してしまうでしょう。

また、読者の中にはとにかく結論だけを知りたがっている人もいます。できる限り早い段階で結論を書くことで、読者のニーズに合ったコンテンツを作れます。

読者はリード文で結論を知り、その結論になった理由を本文で理解する、という順で記事を読みます。この流れを意識して、記事を書くと良いでしょう。

【事例付】読まれる「集客記事」リード文の書き方

続いて、読まれる「集客記事」のリード文の書き方を解説します。

集客記事とは、文字通りブログに読者を集める記事です。アフィリエイトリンクが貼られた商標記事(収益記事)へ読者を誘導する役割があります。

必要な要素は次の通りです。

読まれる「集客記事」リード文の書き方
  • 読者の共感を得る
  • 問題提起し結論を書く
  • 実績やブランディングを書く
  • 記事に何が書かれているか書く
  • 読者が記事を読むメリットを書く

読者の共感を得る

  • WordPressテーマは種類が多くて何を選べば良いか分からない
  • 公式サイトでは違いがよく分からない
  • ランキング記事をみてもサイトによっておすすめが違う

まずは読者の悩みを2〜3つ提示し、共感を得られる文章を書きましょう。

共感を得ることで、読者は「自分の悩みを解決してくれるかもしれない」と感じ、読み進めてくれます。

強い共感を得るためには、読者が悩んでいることをしっかりリサーチして、「まさに自分の状況だ」と思ってもらえるような内容を書くことが重要です。

問題提起し結論を書く

このように悩んだ結果、WordPressテーマ選びで失敗してサイト運営が大変になる事例は多いです。

結論、多くの人に一番おすすめできるのはSWELLです。
なぜならWPテーマで重要な使いやすさ、機能、ページ表示速度がNo1だからです。

読者の共感を得る文章の次は、問題提起と結論を提示します。

問題提起では、「その話題に関してどのような問題があるのか」「なぜ問題が発生するのか」を書きましょう。

ここで提起した内容が、本文につながる重要な部分となります。

また結論には、読者の悩みに対する回答を書きます。理由もあわせて記載すると読者の理解がより深まるため、おすすめです。

結論を書くことで記事の方向性を読者に伝えられるため、本文も読み進めてもらいやすくなる効果があります。

実績やブランディングを書く

私も過去WordPressテーマ選びで失敗…その経験から有料テーマを7つ購入し徹底検証しました。今では300名以上参加のブログデザイン集まで運営しています。

問題提起と結論を書いたら、実績やブランディングを明示しましょう。

じゅんた

どんな人が書いているのか、どんな実績のある人なのか、を伝えることで、記事の信頼性が高まります。

記事に何が書かれているか書く

この記事ではWordPressテーマ利用者252名にアンケート調査した私が実際の使い勝手と客観的な比較を動画や画像で解説。

記事に書かれている内容を説明しましょう。

ポイントは短く、シンプルに書くことです。長々と記事の内容を羅列すると、読者は読む気がなくなり離脱する可能性もあります。

読者の検索意図を意識して、読みたいと思う内容を簡潔に説明することが重要です。

読者が記事を読むメリットを書く

この記事を読めば、初心者でも自分に最適なWordPressテーマを選ぶ事ができますよ。

最後に、読者がこの記事を読んで得られるメリットを提示します。

記事の内容を書くだけでは、読み進めるメリットが十分に伝えられません。読者が記事を読んで得られる未来を想像できるような、魅力的な文章を目指しましょう。

【事例付】成約する「商標記事」リード文の書き方

続いて、成約する「商標記事」のリード文の書き方を解説します。

商標記事とは、「商品名 レビュー」「商品名 メリット」など、キーワードに商品名が含まれた記事のことです。アフィリエイトリンクを設置し、収益を発生させることを目的としています。

集客記事とは異なり、すでに商品に興味のある読者がアクセスする記事となります。そのため、リード文でも商品の特徴や優位性を説明すると良いでしょう。

具体的には、次の流れで書いていきます。

成約する「商標記事」リード文の書き方
  • どのような商品か実績などを書く
  • 結論として商品の優位性を書く
  • 記事の信頼性を書く
  • この記事に何が書かれているか書く
  • アフィリエイトリンクを置く

どのような商品か実績などを書く

記事を書くスピードが遅い、思ったようなサイトデザインや記事が作れない。

そんな悩みを解決してくれるWordPressテーマ「SWELL」

商標記事は「どの商品が良いのか」ある程度推測している人が想定読者です。

そのため、最初から商品にフォーカスし、どんな商品かを簡潔に書くようにしましょう。

実績には、次のような内容を入れるのがおすすめです。

  • 〇〇人が愛用
  • 顧客満足度〇%
  • 販売実績〇〇個突破

結論として商品の優位性を書く

​​SWELLは専門知識のない初心者でも使いやすく、デザインも綺麗など評判がよくおすすめです。

商品の特徴や実績を書いたら、次は独自の優位性を紹介しましょう。

他の競合商品と比較し、その商品にしかない優位性を書くことが重要です。

本文にはこの結論に至った理由を書いていくため、この時点で明示しておくことで記事の方向性が明確になり、読者が読み進めやすくなります。

記事の信頼性を書く

私はSWELLをレビューするにあたって、7つの有料テーマを実際に使い132名のリアルな口コミを集めました。

ただ商品をおすすめするだけでは、読者は納得してくれません。

「なぜこの商品をおすすめできるのか」「この商品を購入して本当に大丈夫だろうか」など、購入を迷っている読者に、「この記事を読めば安心して購入できる」と思ってもらう必要があります。

じゅんた

読者が商品を購入するための後押しができるように、記事の信頼性をリード文でアピールしましょう。

この記事に何が書かれているか書く

この記事ではSWELLの強みやデメリットを動画や画像を使って具体的にレビュー。

記事の内容を簡潔にまとめます。

集客記事と同様、記事にアクセスしてきた読者の検索意図を理解し、続きを読みたいと思える文章を書きましょう。

アフィリエイトリンクを置く

リード文アフィリエイトリンク

リード文にもアフィリエイトリンクを設置しましょう。

リンクが人目に触れる回数を増やし、クリック数を増やすためです。

商標記事は購買意欲が高い読者が多く、「すぐに買いたい」と思っている人もいます。

そのような読者は本文をほとんど読まず、とにかく購入したいと考えています。

もしこの時にリード文にアフィリエイトリンクがなければ、離脱されて別のサイトで購入するでしょう。

読者が「ここから購入できる」とすぐにわかるように、アフィリエイトリンクを置くことが重要です。

有名ブロガー7事例のリード文の書き方事例を徹底検証

ここからは、7名の有名ブロガーのリード文を紹介しながら、書き方を徹底検証していきます。

有名ブロガーのリード文7事例
  • なかじさんのリード文
  • ヒトデさんのリード文
  • マクリンさんのリード文
  • サンツォさんのリード文
  • マナブさんのリード文
  • ヨスさんのリード文
  • motoさんのリード文

なかじさんのリード文

なかじさんのリード文
  • 今からブログをやるのにオススメのジャンルが知りたい…
  • 色んなジャンルがあるけど、結局どれにすればいいか分からない…
  • 初心者にはコレがオススメ!というジャンルを教えて…!

運営するブログやアフィリエイトサイトのジャンル選定はとても重要です。

ジャンル選定を間違えてしまうと「頑張って記事を書いたのにアクセスが集まらずに収益もほとんどない」という状況に陥ってしまうことがよくあります。

特に初心者の方はなんとなくでジャンルを決めて失敗するケースがとても多いです。

そこでこの記事では、アフィリエイト初心者向けにジャンルの失敗しない選び方とおすすめのジャンルを紹介します。

この記事を参考にしてジャンル選びをすれば、アフィリエイトで稼げないジャンルを選んでしまって失敗することはないはずです。

出典:アフィリノオト「ブログ初心者にもおすすめのアフィリエイトで稼げるジャンル【失敗しない選び方と決め方】」から引用

冒頭で想定読者への共感を得て、問題提起から記事内容の説明、記事を読んで得られるメリットを簡潔に書いています。

シンプルで短めのリード文ですが、読者の検索意図に的確に応えた内容で、「問題を解決できそう」と思わせてくれます。

ヒトデさんのリード文

ヒトデさんのリード文

WordPress(ワードプレス)で作ったブログ収入だけで生活しているヒトデです

この記事ではそんな「ブログで生活している自分」が

ワードプレスでブログ作るなら、このサーバーを選べば間違いない!

というサーバーを厳選してまとめました

というのも、単純にサーバーってどれ選んで良いのかわかりにくいんですよね

僕自身、昔は色々調べても

結局どれ使えばいいの……?

と困ってしまったので、この記事では出来る限り厳選して

ここに乗っているサーバーだったらどれでも大丈夫! あとは好みで選んで!

というレベルまで落とし込みました

また、全てのサーバーでWordpressブログを始める手順も、1から丁寧に別記事にまとめてあります

「完全に初心者でもブログを立ち上げられる」というレベルまで丁寧に解説しているので、安心してご利用ください

ちなみにどうしても悩んじゃうなら「」にしておけば、まず失敗はしないよ!

出典:hitodeblog「【徹底比較!】おすすめのレンタルサーバー4選を選び方と一緒に解説!Wordpressブログ(サイト)を作るならこれで完璧!」から引用

ヒトデさんのリード文で特徴的なのは、「実績」と「共感性」です。

「ブログで生活している」という圧倒的な信頼性をアピールしつつ「自分自身も昔困っていた」と読者に寄り添うことで、「この人の紹介するものなら信用できる」と安心して読み進めることができます。

マクリンさんのリード文

マクリンさんのリード文

CIOファンのマクリン( @Maku_ring)です。

充電器を100台以上もっている僕ですが、ANKERとならんでおすすめのメーカーがCIOです。

小型化・高出力化に特化したメーカーで、他社にはない独創的かつ魅力的なモデルを数多くリリースしています。

スマホ用からノートPC用、充電器兼用のハイブリッドモデルまで、じつにバラエティに富んでます!

そこで本記事では、CIOに関して知っておくべき情報とおすすめのモデルを紹介していきます。

出典:マクリン「CIOの充電器で買うべきおすすめモデルを8つ紹介」から引用

充電器のおすすめモデル紹介記事です。

このメーカーにしかない独自の優位性を冒頭で紹介しており、商品の魅力と買う理由が伝わります。

さらに「充電器を100台以上もっている」と書くことで、記事の信頼性も感じられます。

サンツォさんのリード文

サンツォさんのリード文

アフィリエイトのライティング(執筆、記事を書くこと)には3つの重要なポイントがあります。

  • 集客できるライティング … SEOライティング
  • 読みやすいライティング … ETUライティング
  • 売れるライティング … セールスライティング

集客する」「伝える」「売る」。

この3つのライティング要素をおさえていれば、間違いなくアフィリエイトで成功することができます。

本記事ではアフィリエイトで1億円以上を稼いだ筆者サンツォが、読まれる&稼げるアフィリエイトライティングのノウハウを伝授します。

「これからアフィリエイトを始めてみたい!」
「アフィリエイトを始めたはいいものの、まったく稼げない…」
「もっと稼げるライティングの方法を知りたい!」

……そんな方はぜひお読みいただければと思います。

また、アフィリエイトとWebライターどちらがおすすめなのか?についても後半に詳しくまとめていますので、

Webライターに興味がある方もぜひお読みください。

出典:ブログ部「【読まれる&稼げる】アフィリエイトのライティング手法、27の具体的なテクニックを伝授」から引用

冒頭で記事の内容を簡潔に説明しているため、本文に入る前に概要を把握でき、その後もスムーズに読み進めることができます。

さらに実績や記事内容の要約、想定読者への共感も含まれており、先を読んでみたいと思わせるリード文です。

マナブさんのリード文

マナブさんのリード文

「タイトルタグの重要性は知ってるけど、深くまでは理解してないなぁ。」

こういった考えを持っていますか?
本記事では、タイトルタグに関して知っておくべきことを網羅的にまとめました。

尚、記事では抽象的な情報は全て排除しています。すべてデータに基いて証明されているものだけ。SEOを語るブログ記事には抽象論が多いですが、データがないと信頼できません。

ぜひ、疑いつつ記事を読んでみてください。疑わしい情報は参考ソースをみれば納得できるかなと思います。

出典:manablog「【データで証明】SEOタイトルの重要性から効果改善方法のすべて」から引用

マナブさんの記事でも、想定読者への共感、記事内容を簡潔に述べており、シンプルでわかりやすい内容となっています。

また記事の信頼性として、「全てデータに基づいて証明されているものだけを紹介」と書かれています。

読者からの信頼を得る方法として、筆者の実績や権威性だけではなく記事内容でも有効だということがわかる事例です。

ヨスさんのリード文

ヨスさんのリード文

こんにちは! ヨス(プロフィールはこちら)です。

ブログをなんとか始められた人に、まずそびえ立つ壁が「ブログが続かない」という問題です。

「やってやるぞ!」と思って始めたブログなのに、なぜ更新が止まってしまうのでしょうか?

わたしは現在、このブログからの収益で生活できていますが、このブログは1度更新が止まっていました

1日で飽きてしまい、なんと4か月も放置されていたのです。だからわたしは知っています。

続けることのむずかしさを!

今回は、初心者ブロガーがブログが続かなくなる理由と、その解決方法をまとめました。

出典:ヨッセンス「ブログが続かない理由は? 継続させるための対策をプロブロガーが伝授!」から引用

ヨスさんのリード文は、とにかく読者に刺さる共感がたくさん書かれており、「まさに今の私のことだ!」と思い、どんどん先を読みたくなります。

「この記事なら自分の悩みを解決してくれそう」と思わせるリード文です。

motoさんのリード

motoさんのリード文

本記事では、5回の転職を経験したmoto(戸塚俊介)が、実際に使って良かったおすすめの転職サイトをランキング形式で紹介します。

20代、30代の年齢別から、未経験、職種別、転職サイト別に紹介しているので、転職を考えている、キャリアに悩んでいる、どの転職サイトを使うか迷っている方におすすめです。

本記事を監修したmoto(戸塚俊介)は、リクルートやベンチャー企業など7社へ転職し、転職に関する知見を発信し、さまざまなメディアで取り上げられています。

Twitterアカウント(@moto_recruit)のフォロワーは12万人を超え、自身の転職経験を書いた書籍『転職と副業のかけ算』はAmazonランキングで総合1位のベストセラーとなりました。

moto(戸塚俊介)のキャリアやこれまでの実績はプロフィールページをご覧ください。

出典:転職アンテナ「【転職サイト】おすすめ比較ランキング20選|転職の専門家が徹底解説」から引用

「5回の転職を経験」「リクルートやベンチャー企業など7社へ転職」「Twitterアカウントのフォロワーは12万人を超え」「自著がAmazonランキングで総合1位のベストセラー」という、圧倒的な実績と権威性が書かれています。

これを読むだけで、「転職のことならこのブログを読んだら間違いない」と思い、続きを読み進めてしまうはずです。

ブログのリード文でよくある質問

リード文とメタディスクリプションは同じでいいの?

リード文とメタディスクリプションは全く同じにはできません。

メタディスクリプションは検索結果に表示される要約文で、適切な文字数が120文字以内と短いからです。

リード文を更に要約したものを書くと良いでしょう。

記事の最初の自己紹介は入れた方がいい?

記事の最初は検索キーワードや読者の悩みを入れた方が良いです。

なぜなら、ページ序盤のキーワードは、検索エンジンのSEO評価に大きく関わるからです。

ただし、Twitterアカウントを載せることで指名検索やサイテーションなどが増える効果も期待できます。SNSへ誘導したい場合はサイドバーにリンクを配置したり、本文中に関連ツイートを埋め込んだりすることをおすすめします。

リード文に書ける権威性がないんだけど、どうしたらいい?

現時点で権威性がなければ、作りましょう。

なぜなら、権威性の有無でブログの信頼性が大きく変わるからです。資格を取得する、本を読むなどでも良いので少しずつ実績を作っていきましょう。

まとめ:魅力的なリード文で読まれる記事を作ろう

読まれる集客記事の書き方
  • 読者の共感を得る
  • 問題提起し結論を書く
  • 実績やブランディングを書く
  • 記事に何が書かれているか書く
  • 読者が記事を読むメリットを書く
成約する商標記事のポイント
  • どのような商品か実績などを書く
  • 結論として商品の優位性を書く
  • 記事の信頼性を書く
  • この記事に何が書かれているか書く
  • アフィリエイトリンクを置く

ブログのリード文は、ユーザーが記事を読み進めるかどうかを判断する重要な要素です。一見難しそうですが、今回紹介した型を意識しながら書けば、意外とすんなり書けてしまいます。

あなたのブログ記事の内容にアレンジしながら、ユーザーの心をがっちり掴むリード文を作っていきましょう。

アイキャッチや図解の作成が効率的に!1億点以上のプレミアム素材が使い放題!

30日間無料トライアルができる
はこちら

ブログ運営でおすすめの記事一覧

✓ブログを始めたばかりの方は下記まとめ記事をご覧ください。

>>【完全ガイド】ブログの始め方|個人で広告副収入を得る方法

✓WordPressテーマで迷っている人は下記の比較記事を参考にしてみてください。

>>WordPressテーマおすすめ|徹底比較!初心者でも失敗しない選び方|2022年ランキング

✓レンタルサーバーで迷っている方は下記記事を参考にしてみてください。

>>【完全ガイド】6社徹底比較おすすめレンタルサーバーランキング

✓ブログのデザインで悩んでいる方は下記記事を参考にしてみてください。

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

クリックして読める「目次」