【オーディオブック評判&比較】私が使う理由は自己研鑽!オーディブルがおすすめ!

悩む人のアイコン画像悩む人

オーディオブックって良いの?

メリット、デメリットは?

オーディオブックは何がおすすめ?

おすすめの本は?

こういった疑問にお答えします。

オーディオブックは「ながら読書ができて読む本を倍増できる」「活字が苦手でも聞く事で読書週間が身につく」ということで今話題のサービスです。

しかしながらオーディオブックはどんな種類があるのか、メリット、デメリットが気になり中々最初の一歩を踏み出せない方も多いかと思います。

私は従業員約4,000人の商社で13年間営業マンをしています。

本を読むことで仕事の生産性を高めることができ、過去に優秀社員表彰を3回も受賞することも出来ました。

現在も第一線の営業マンとして日々忙しく活動しながらも、オーディオブックを活用し時間を有効活用しながら読書することで自己研鑽しています。

今回、そんな私がオーディオブックのメリット、デメリットを含め本音で話します。

この記事を読めば、「おすすめのオーディオブック」や「なぜ読書が良いのか」「なぜオーディオブックが良いのか」という理由が分かります。

目次

オーディオブックの評判

オーディオブックとは

オーディオブックとは本の内容をプロのナレーターが読み上げた音声を聞くサービスです。

スマホやタブレット、パソコンなどで聞くことが出でき、オフライン再生も可能です。

人気があるのはamazonの「オーディブル」とオトバンクの「audiobook.jp」です。

この2つのサービスは配信数が1万冊以上あり、ベストセラーや文学、ビジネス、ライトノベル、落語などジャンルも豊富です。

世間一般の評判は「ながら聴きで時間を有効活用できる」「目を使わないからリラックスして本の内容をインプットできた。」等、良い評判が多いです。

また悪い評判としては「小説には向かない」等があります。

実際にどうなのか、私の体験談を元にお伝えしたいと思います。

私がオーディオブックを使う理由は自己研鑽

私がオーディオブックを使っている理由

仕事の自己研鑽で使っています。

ビジネスパーソンとしての本を読むメリットは偉人や成功者、学者等の苦労して積み上げた経験を「本を読むことで学べる」ことが一番大きいかと思います。

私は最近仕事が忙しく本を読む時間が取りづらかったので、効率的に学ぼうと思い、勉強はWEBのまとめ記事やビジネス系YouTubeで情報を得ることにしました。

しかしながらWEBのまとめ記事や、YouTubeではその人の解釈でまとまっており、実際に本を読む事と吸収できる内容が全く違いました。

本を読むことで内容の本質が深く分かり、自分で考えて、自分なりの行動に落とし込むことが出来ます。

私はそういった点で忙しくても読書が出来るオーディオブックを始めて良かったですし、継続している理由です。

オーディオブックのメリット

オーディオブックのメリット

率直な私の感想としては、忙しいビジネスパーソンが自己研鑽にビジネス書を読むことに適しているかと思います。

具体的に下記にメリットをあげていきます。

ながら時間で読書が出来る

これは最大のメリットです。これだけでとても価値があります。

今までの生活習慣を変えずに読書をプラスできる、また読書の習慣がある方はその読書時間を別のものに使える事はとても大きいかと思います。

オーディオブックを使える状況は下記の通りです。

ランニング、筋トレ中、朝の身支度、車の運転中、満員電車、徒歩移動中、仕事の単純作業中、昼休憩中、洗濯、掃除、料理、皿洗い、就寝前、夜行バスの消灯中

けっこう使える時間って多いですよね!

倍速読みで時短で読める(脳トレにもなる)

聞くスピードも0.5~3.5倍速で調整できるので時短で読んでいくことが出来ます。

最初は1.5倍が内容を読み取る限界でしたがだんだんスピードを速くしても読み取れるようになります。脳が鍛えられている感覚です。

朗読自体はプロの声優、俳優が朗読しているので聞きやすいです。

本が増えても場所を取らない

本を持ち歩く必要がなく、いつでも簡単に聞くことが出来ます。

また自宅に本を保管しなくても良いため、物が増えなくて良いです。

読書習慣がない人でも続けられる。

スマホで簡単にボタン一つで再生できる為、気軽に読み始めることが出来ます。

また活字が苦手な方でも音声だと受け入れやすいです。

何度も聞くことで深く理解できる。

本だと時間が取られるので一度読むとそれ以降読むことがあまりないですが、ながら読書ができるので何度でも聞いてしまいます。

人は一度覚えたことでも、すぐに忘れてしまうものです。

心理学では脳には短期記憶と長期記憶があるそうです。

短期記憶は30日でたつと失ってしまう忘れやすい記憶です。

繰り返し聞くことで海馬が必要な情報として認識し長期記憶に保管されるとのことです。

(電話番号や住所を長い期間覚えているのも繰り返し記憶し長期記憶に保管されているためだそうです。)

最初に読んでから1ヶ月以内に再度読み直すと、とても良いです。

繰り返し聞くことで、より深く記憶、理解し学んだことを実生活で具体的な行動に落とし込めます。

オーディオブックのデメリット

オーディオブックのデメリット

良いことばかりあげてきましたが、実際にデメリットも気になりますよね。

次にデメリットをあげます。

マーキングしたりメモを残すことが出来ない

これは出来ないため、私は重要なところは一時停止しスマホのメモ帳アプリに保存していました。しかしながら上記メリットにあるように何度も聞くことで、メモなど必要なくなりました。

本の簡単な読み返しがしづらい

そういえばあの部分でどうだったっけ?など部分的な読み返しがしづらいです。

チャプターには分けられていますが、その部分まで的確に探すことが出来ません。

そういった意味で紙の本だと、読み返しやすいですよね。

本の内容によっては理解しにくい

図や数字を多用したような難しい内容だと、音声で理解することは難しいです。

その場合は目で見る紙の本を買った方が良いです。

また世界観が壊れるから小説には向かないとありましたが、わたしは悪くはないと感じました。

プロの俳優やナレーターが朗読しているのでむしろ世界観を想像しやすかったです。

私自身、小説はあまり読まないですが。。。

この点は人によって変わってくるかと思います。

さいわいamazonオーディブルの場合は「返品、交換」ができるので、音声で理解しにくい本に当たったときは、交換してしまいましょう!

「オーディブル(Audible)とaudiobook.jp」の比較

オーディオブックの比較(Audibleとaudiobook.jp)

人気があるのはamazonの「オーディブル」とオトバンクの「audiobook.jp」です。

この2つのサービスは配信数が1万冊以上あって30日間の無料体験が出来るのでオススメです。他のサービスは配信数が少なすぎるのでこの二択で間違いないです。

Audible(オーディブル)audiobook.jp
価格・月額1,500円

毎月1コイン入手でき好きな本と交換

(1,500円以上の本でも交換可能)

2冊目以降購入する場合は30%OFF

・月額750円 聴き放題プラン

聴き放題 ※対象作品の限定あり

・都度購入プラン

月額料金は必要なく全ての本を都度購入

配信数・洋書含めて40万冊以上

・日本語1万2千冊

・日本語2万冊
返品、交換無料・不可能
ブックマーク・再生途中でも保存可能・全体を保存可能
倍速読み・0.5倍速~3.5倍速・0.5倍速~4倍速
無料体験・30日間・30日間
解約後の利用コイン交換:聴き続ける事が可能

単品購入 :聴き続ける事が可能

・聴き放題:聴けなくなる

単品購入:聴き続ける事が可能

オーディブルは下記記事にて詳しく解説してます!

あわせて読みたい【オーディブルコイン制とは】登録から使い方、返品交換方法まで解説

私のおすすめはamazon Audible(オーディブル)

私のおすすめはamazon Audible(オーディブル)

人によって変わってくるかと思いますが、私は「オーディブル」を継続して使っています。

なぜなら読みたい本が「audiobook.jp」の読み放題プランに入ってなかったからです。

「オーディブル」であれば万が一良くない作品にであっても返品、交換が出来るので安心です。

コインで交換した本、購入した本は解約後も聞けますので、無駄にもなりません。

どちらが良いかは好きな作品のラインナップがあるかで決めた方が良いかと思います。「オーディブル」も「audiobook.jp」も今なら30日間の無料体験がありますので、両方を使ってみて検討するのが良いかと思います。

特にオーディブルは最初の無料体験でやめても最初に付与される1コインで交換した本は、解約後も聴けるのでそれだけでもお得です。(一冊本が無料でもらえるということです!

いつでも解約できますし違約金等もないので安心して利用できます。

無料体験はこちら>> amazon Audible(オーディブル)

無料体験はこちら>> オトバンク audiobook.jp

解約方法に関しては別記事「【オーディブルの解約・退会方法】休会との違い&注意点あり」で分かりやすく纏めましたので、参考にして下さい。

最初に読むおすすめの本

『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え』

『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え』

対話式になっており非常に聴きやすくおもしろいです。

人生の悩みが消えます。

アドラー心理学では「人の悩みは、すべて対人関係の悩みである」という概念のもと、あらゆる悩みが消え去る方法を示しています。

是非読んでみてください!

オーディオブックまとめ

オーディオブックまとめ

わたしはこのamazon Audible(オーディブル)で「読書の習慣」を取り戻しました。

本で学ぶことで実生活が豊かになりますので、本が苦手な方は特におすすめです。

また読書がもともと好きな方も時間の有効活用できます。

またこれは人によるかもしれませんが、私は音声でのインプットは目からのインプットよりもすんなりを入ってきます。

しかしながら人によって合う合わないもあるかと思います。

下記の公式サイトから30日間無料体験が出来ますので、まずは試してみてはいかがでしょうか?

公式サイト>> amazon Audible(オーディブル)

公式サイト>> オトバンク audiobook.jp

参考記事>>【オーディブルの解約・退会方法】休会との違い&注意点あり

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる